アニメ考察

【鬼滅の刃】ヒノカミ神楽のモデルや元ネタは?技の名前と種類一覧まとめ

今や社会現象となるほどブームが継続中の鬼滅の刃。

火付け役となったのはアニメでしたが、週刊少年ジャンプで連載中の原作も大盛り上がりしています。

そのブームに乗っかる形で映画や舞台化も決まり、さらにブームが強まることは確実でしょう。

もしも知らなかった場合は、少し驚かれてしまうかもしれませんね。

今回は、その中でも物語の根幹となる「ヒノカミ神楽」について、

  • モデルや元ネタは?
  • 技の名前と種類一覧

など、詳しく解説していきます。

是非、最後までお付き合いのほどよろしくお願いします。

スポンサーリンク




ヒノカミ神楽とは

ヒノカミ神楽とは、日の呼吸を使い、それが全ての呼吸の始まりとなったものです。

そのため、型にも他の呼吸と似たものが多くあることが特徴的。

炎の呼吸の使い手達の間では、「『炎の呼吸』を『火の呼吸』と言ってはならない」と固く言い伝えられているほどだそうです。

ヒノカミ神楽の能力
  1. 瞬間的に身体能力を大幅にアップさせることができる。
  2. この呼吸によって生み出された技には鬼の再生能力を遅らせるという力もある

の能力は、強力な再生能力がある上弦の鬼ですらこの呼吸から繰り出される技で攻撃を受けると、再生には長い時間が必要になるなど、非常に強い能力なのです。

そのため、鬼舞辻無惨はこの呼吸の使い手を殺して回っており、炭治郎の家が襲撃されたのも意図的に選ばれたのではないか、とされています。

と、いうのも実は炭治郎の家系にはこのヒノカミ神楽が代々伝わっていたのです。

その証となるのが、特徴的な耳飾りでした。本来は新年の初めにその一年の無事を祈る舞のことでした。何故舞の形で伝わってきたのかはまだ明らかにされていません。

スポンサーリンク




ヒノカミ神楽のモデルや元ネタは?

世の中には実際に代々受け継がれている”舞”などがあるようですが、ヒノカミ神楽のモデルとなっているものはあるのか調べてみました。

しかし・・・

ヒノカミ神楽のモデルは、明らかになってはいませんでした・・・。

ですが、ヒノカミ神楽という名前の通り

  • 日の神(太陽神)
  • 火の神(火神)

が関連していると予想されています。

日の神とは・・・

日本神話の最高神です。古事記・日本書紀・風土記などの神話には、神々がいる世界・高天原(タカマガハラ)が登場しますが、そこで一番地位の高い存在なのが”日の神です。日輪を司っており、炭治郎がつけている耳飾りの模様とも通じるところがありますね。

 

火の神とは・・・

日の神が生まれる前に産まれた最後の御子神のことを指します。御子神とは、神の子どものことです。「火産霊神(ホムスビノカミ)」とも呼ばれています。母を殺し、父が黄泉の国に渡る間接的な理由になるなど、『この世に完全なものは存在しない』という日本神話の特徴を大きく裏付けるような神様で、こういった神様はあまり他の国にも存在しません。

つまり、この神様自体が日本神話の大きな特徴となっている、という存在です。

火の神は、創生神をも殺したことから、彼の前では不死の生き物であっても死から逃れることはできないとされており、鬼の再生能力を遅らせる力ともマッチします。

恐らく日の神か火の神のどちらが元ネタとなっていると思いますが、今後の展開で明らかになるのでしょうか。

スポンサーリンク




技の名前と種類一覧まとめ

ヒノカミ神楽の型は全部で12種類あります。

それぞれ紹介していきます。

①円舞(えんぶ)

(画像引用元:https://renote.jp/articles/13865)

 

②碧羅の天(へきらのてん)

(画像引用元:https://mudasure.com/blog-entry-2079.html)

 

③炎舞(えんぶ)

(画像引用元:https://renote.jp/articles/13865)

 

④烈日紅鏡(れつじつこうきょう)

(画像引用元:https://animanch.com/archives/16090657.html)

 

⑤火車(かしゃ)

(画像引用元:https://manga-more.com/archives/1947)

 

⑥幻日虹(げんにちこう)

(画像引用元:https://manga-more.com/archives/1947)

 

⑦灼骨炎陽(しゃっこつえんよう)

(画像引用元:https://mannga-brothers.com/archives/447)

 

⑧陽華突(ようかとつ)

(画像引用元:https://matome.naver.jp/odai/2157188684689622101/2157189173095470703)

 

⑨日暈の龍 頭舞い(にちうんのりゅう かぶりまい)

(画像引用元:https://chomanga.org/archives/52259.html)

 

⑩飛輪陽炎(ひりんかげろう)

(画像引用元:https://mannga-brothers.com/archives/447)

 

⑪斜陽転身(しゃようてんしん)

(画像引用元:https://manga-more.com/archives/2036)

 

⑫円舞一閃(えんぶいっせん)

(画像引用元:https://renote.jp/articles/13865/page/2)

この中には炎の呼吸や水の呼吸に似ているものも多くありますが、威力はヒノカミ神楽の方が上になっています。

スポンサーリンク




まとめ

いかがだったでしょうか。

これまで、鬼滅の刃「ヒノカミ神楽」について

  • モデルや元ネタは?
  • 技の名前と種類一覧

をお伝えしてきました。

少しまとめてみると、

●ヒノカミ神楽は炭治郎の家に伝わっていた舞のこと

●実際は全ての呼吸の始まりである日の呼吸だった

●モデルや元ネタは「日の神(太陽神)」「火の神(火神)」のどちらか

●型は12種類

ある程度はわかってきたものの、まだ全貌は謎に包まれているヒノカミ神楽。

今後も本編で掘り下げられることは必須で、全く目が離せません。

最後までお読みいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA