鬼滅の刃

【鬼滅の刃】珠世が鬼になった理由と過去まとめ!能力や血鬼術についても

『鬼滅の刃』で登場するお医者さんの珠世。

鬼でありながらも人を喰うことなく、鬼舞辻無惨の呪いも自身で解いている点からも、禰豆子に次いで特異体質な珠世さん。

そんな珠世さんはなぜ鬼にならなければいけなかったのか疑問ですよね。

そこで今回は

  • 珠世が鬼になった理由と過去
  • 珠世の能力や血鬼術

以上について触れていきたいと思います。

スポンサーリンク




珠世のプロフィール

画像引用元:FODプレミアム

魅力的な外見をしている珠世さんにキュンキュンする男子も多いと思いますが、珠世は少なくとも200歳を超えているそうです。

過去に鬼舞辻無惨によって鬼にされながらも、人の心を取り戻し、現在は医師として鬼にされた人間を元に戻す薬の研究を進めています。

鬼舞辻をひどく恨んでおり、彼の滅殺を臨んでいる一人です。

本人曰く、自分で自分の体を弄っており、鬼舞辻の呪いも外しています。また、少量の人間の血液だけ摂取すれば、人を喰わずとも生きていける体質にすることができました。

助手であり、同じく鬼になった愈史郎とともに身を隠しながら生活をしています。

この愈史郎は、病で死にそうだったところを鬼になることを承諾した上で珠世に鬼にされています。

珠世が人間を鬼にできたのは彼女が200年生きてきた中で愈史郎ただ一人だと語られていました。

人間を鬼化できる血を持つのは鬼舞辻だけだといわれていますが、珠世はその知識を駆使し成功したのですね。

珠世はほかの鬼から「逃れ者」と呼ばれていました。鬼舞辻の呪いを外し逃亡していることは彼自身も知っており、それ故「逃れ者」と呼んでいるようです。

スポンサーリンク




珠世が鬼になった理由と過去について

珠世が鬼舞辻に鬼にされたことは先述しましたが、どのようなエピソードがあったのでしょうか。

珠世は人間であるとき病で死にかけていたようです。

そんな時に鬼舞辻は「生き延びる方法」を提示します。

しかし珠世はその方法が鬼になるということとは知らずに受け入れてしまうのです。そして気付いたときにはすでに鬼になっていました。

珠世は

病で死にたくないと言ったのは、子供が大人になるのを見届けたかったから

と語っています。

実は珠世は鬼になった際に、自分の息子と夫を喰い殺してしまったのでした。

それから珠世は鬼舞辻のことをひどく恨み続けてきました。

これが珠世の過去と鬼になった理由です。

まとめると・・・

●過去に病で苦しんでいる時、鬼舞辻からの提案「生き延びる方法」として鬼になるとは知らず受け入れていまい鬼になってしまった。

子供の成長を見守りたいが為に受け入れた生き延びる方法のせいで、子供と夫の命を奪ってしまったとは本当に残酷なエピソードですね。

またそうなることを分かっていて提示する鬼舞辻はやはり卑劣で残酷な鬼であることを物語っています。

珠世と鬼舞辻との関係については詳細は明かされていませんが、珠世が鬼舞辻に関して誰よりも知っていることから、過去に鬼舞辻に仕えていたのでしょう。

この過去からも分かるように、珠世と鬼舞辻との間には深い因縁が存在するようです。鬼滅の刃の物語が進む上で大変重要な役割をになうエピソードであることは間違いないようですね。

スポンサーリンク




珠世の能力や血鬼術まとめ

さて、珠世が使う血鬼術ですが、自らの血を媒介に幻術を見せたり、相手に自白させたりという「惑血(わくち)」という術を駆使して戦っています。幻惑系の能力です。

血鬼術を使う際は自分の腕を自らひっかき、血流して発動させ、血の匂いが届く範囲に無差別に影響するようです。アニメでは二種類の術が発動されていましたので、その二つについて順番にご紹介します。

視覚夢幻の香(しかくむげんのこう)

突如鬼舞辻に鬼にされた通行人を押さえ込む炭治郎を守衛から隔離するために発動されていました。血の匂いによって色とりどりの花模様を浮かび上がらせ視界を奪う華やかな幻術です。

白日の魔香(はくじつのまこう)

鞠を操り攻撃してくる朱紗丸に対して使用しました。「鬼舞辻の名前を口にする」という条件で発動する鬼舞辻の呪いを利用し、朱紗丸に術をかけ、鬼舞辻の名前を自白するようし向けたのがこの術の能力です。脳の機能が低下し虚偽を述べたり秘密を守ることが不可能になるようです。

まとめると、血を媒介にした血鬼術であり、幻惑をかけ、身を守ったり、相手を追いつめたりする技のようです。

肉弾戦ではなく、頭脳を駆使した珠世の戦い方は彼女の外見同様美しいですね。

スポンサーリンク




まとめ

ということで今回は

  • 珠世が鬼になった理由と過去
  • 珠世の能力や血鬼術

以上について触れてきました。

まとめると

●珠世は人間だった頃、病で苦しんでいた。

●鬼舞辻に騙されて鬼になってしまった。しかも大切な子供と夫を喰い殺してしまった。

●血鬼術は「誘血」。幻を見せたり、自白させるなどの幻惑系の術を使う。

珠世は、壮絶な過去から鬼舞辻を必ず倒そうと心に決めています。

そして、炭治郎と禰豆子の登場により、その目的が現実となり得ようしています。

悲しい過去を抱えた珠世の悲願が達成されることを心から願わずにはいられませんね

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA