アニメ考察

伊黒小芭内の口元の包帯の理由は?過去や生い立ちが辛すぎる

鬼殺隊の最高位『柱』を務める一人、『蛇柱・伊黒小芭内』。  

彼の口元の包帯の下は、頬まで切り裂かれた傷が残っていることが原作で明らかになっています。 

この傷には“悲しい過去”と、“ある柱との接点の可能性”が隠されていたのです。 

この可能性を知ると、一つのセリフが非常に重い意味を持つことになります。 

今回は、アニメ視聴のみの方にはまだまだ謎が多い『蛇柱・伊黒小芭内』に関する疑問… 

  1. 伊黒小芭内の口元の包帯の理由は?
  2. 辛すぎる過去や生い立ちを詳しく解説 

上記を詳しく解説していきます。  

スポンサーリンク




蛇柱・伊黒小芭内プロフィール 

誕生日 9月15日  
年齢 21歳  
身長/体重 162cm/53kg
出身地 東京府 八丈島 八丈富士 
趣味 川柳、俳句
飴細工を作っているところをずっと眺める  
好きな物
とろろ昆布 

アニメ1期ではあまり出番はありませんでしたが、彼は炭治郎が連行された柱合会議で『風柱・不死川実弥』と共に最後まで炭治郎と禰豆子の存在に異を唱えた人物でした。 

その際、小柄な体躯でありながら、禰豆子を救おうと藻掻く炭治郎を片肘で押さえつけたりと、確かな技量がある様子がうかがうことができます。 

恋柱・甘露寺蜜璃いわく、炭治郎や冨岡義勇を追求する際の『ネチネチしてて蛇みたい』という言葉があるように、原作で彼が言葉を発するシーンの効果音は『ネチネチ』。 

非常に疑い深く、産屋敷家の人間と柱以外には心を開いていない様子もうかがえます。 

 蛇の『鏑丸(かぶらまる)』を連れ、使う呼吸も“蛇の呼吸”。 

愛用する日輪刀も蛇のように波打った特殊な形をしています。 

蛇をキーワードにした彼ですが、それには過去にまつわる深い理由があったのです。 

スポンサーリンク




伊黒小芭内の口元の包帯の理由は?

小芭内の口の包帯の下は頬まで切り裂かれた傷が隠されています。 

この傷をつけたのは

伊黒の一族を従わせていた

下半身が蛇の女鬼

小芭内が生まれたのは女ばかりが生まれる一族でした。 

そんな中、小芭内は実に370年ぶりに生まれた男児。 

さらに珍しいオッドアイを持って生まれたため、蛇鬼は小芭内を非常に気に入っており、成長した小芭内を食べることを心待ちにしていました。 

 オッドアイとは

左右の目の色が違うこと

ある時、この蛇鬼が「自分と同じ口にする」と言い、親族たちの手によって幼い小芭内の口を頬まで切り裂かせてしまいました。 

この時の傷が今でも残り、隠すために口元に包帯で隠しているのです。 

スポンサーリンク




辛すぎる過去や生い立ちを詳しく解説 

前述のとおり、小芭内が生まれた一族は『下半身が蛇の女鬼』に組していました。 

しかし、ただ大人しく従っていたというわけではありません。 

一族は、この蛇鬼が殺した人間の金品を奪って生計を立てながら贅沢三昧で暮らしており、その見返りとして“赤ん坊”が大好物のこの鬼に、自分たちが産んだ赤ん坊を生け贄として捧げて“共存”していたのです。 

その中で実に370年ぶりに生まれた貴重な男児の小芭内は、生け贄として座敷牢に閉じ込められて育ちました。 

彼が「気色が悪い」と感じるほど親族の皆が彼には異常に優しく、大量の食べ物を毎日運んでくるのです。 

この過剰な食料は『成長させて喰う量を増やすため』という狙いがあるためでした。 

幼い小芭内は、味方が誰一人居ない中『生きること』『逃げ出す方法』を諦めず考え続けました。 

座敷牢に迷い込んできた蛇の鏑丸を唯一の心の拠り所とし、盗んだ簪(かんざし)で木の格子を少しずつ削り続けたのです。 

いつバレるかわからない緊張感と恐怖を必死に耐え、逃げ出すことに成功したのでした。 

脱走に気付いた蛇鬼が小芭内を追ってきますが、間一髪のところを当時の炎柱に救われ危機を脱します。 

→伊黒小芭内を昔助けた炎柱は誰?

 (当時の炎柱・・・煉獄さんの父・槙寿郎と思われます)

しかし一族は小芭内の脱走に怒った蛇鬼によってほぼ壊滅。 

炎柱は唯一生き残った従姉妹と小芭内を引き合わせましたが、一方的に罵られてしまいます。 

「あんたが逃げたせいで皆殺されたのよ!! 五十人死んだわ あんたが殺したのよ 生贄のくせに!! 大人しく喰われてりゃ良かったのに!!」 

そのあまりにも身勝手な言葉は、幼い小芭内の心を深く傷つけました。 

逃げれば親族がどんな目に合うか考えなかったわけではありません。 

それでも小芭内は『生きたかった』のです。 

これにより自分を必要以上に卑下してしまい、『クズの一族に生まれた自分もまたクズだ』と考え、一族の業を背負い、普通の人生を歩むことができなくなってしまったのです。 

やり場のない怒りは全て鬼に向け、ひたすら恨み憎みました。 

鬼殺隊として誰かを救うことで、自分が少しだけ“いいもの”になれるように感じたのでした。 

それでも、自分が生きるために死んでいった一族の恨めしいし目と腐った手が、今もなお彼の心を縛り続けているのでした。 

スポンサーリンク




まとめ 

今回は蛇柱・伊黒小芭内の  

  • 伊黒小芭内の口元の包帯の理由は? 
  • 辛すぎる過去や生い立ちを詳しく解説 

をご紹介しました!

  • 伊黒の口元の包帯の理由は・・・
    ⇛口が裂けてるのを隠すため
  • 伊黒の口を切り裂いたのは・・・
    ⇛彼の一族が長年従っていた『蛇鬼』の指示で身内が切った
  • 辛すぎる過去は・・・
    ⇛自分が生き残るために逃げ出したことで一族は蛇鬼に皆殺しにされた

この悲劇的なエピソードを抱えながら、鬼殺隊として身を削り活躍している伊黒小芭内の切実な心情が原作後半に詳細に描かれています。 

ぜひチェックしてみてくださいね! 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA