雑記

炭治郎の痣(おでこの傷)は火傷?できた理由やなぜ色が変わったのかの考察も

2016年から連載開始し、今やジャンプの看板漫画にまで成長した鬼滅の刃。

アニメ映画や舞台化も決まり、飛ぶ鳥を落とす勢いです。

そんな鬼滅の刃を見ていると、竈門炭治郎のおでこの痣ってなんだろう?と疑問に思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は 

  • 竈門炭治郎のおでこの痣は火傷なのか
  • なぜおでこに痣ができたのか
  • 痣の色が変化した理由

以上についてお伝えしていきたいと思います。

※原作未読の方にはネタバレ含みますのでご注意ください。

スポンサーリンク




炭治郎の痣(おでこの傷)は火傷?

鬼滅の刃の主人公・竈門炭治郎。

竈門炭治郎と言えば、髪に赤色が混じっていたり、両耳に花札のような耳飾りをつけていることが特徴ですね。

そしてもう一つの大きな特徴は、おでこの左側に赤い痣を持っていること。

この痣は、連載当初より存在していることからも、もっと前の段階で付いた痣であることがわかります。まるで火傷のように見えますが、それもそのはず。

火鉢を倒した末っ子を庇った時にできた火傷の跡なのです。

しかし、その直後にまた痣の形が変わることに・・・鬼殺隊の最終選別のことです。

最終選別では、それほど強い鬼は出ないかと思いましたが、鱗滝に強い恨みを持ち、兄弟子たちの仇となる鬼に遭遇してしまいます。その鬼の攻撃により炭治郎は額に怪我を負うこととなりました。その傷の跡が残り、痣の形が変わることとなったのです。

その後は特に痣の形が変わることなく物語が進んでいくのですが、激しい戦闘が起きるたびに痣が反応すると言うことが後々に判明します。

「遊郭潜入作戦」編で、鬼の最高位である十二鬼月との戦闘をすることとなった竈門炭治郎。上弦ノ陸である兄妹鬼、堕姫・妓夫太郎に対し、竈門炭治郎は苦戦を強いられます。この戦闘の終盤で、

炎のような丸みの帯びた痣に変化し、色も濃くなっています。

「遊郭潜入作戦」編の後、竈門炭治郎は刀鍛冶の里に行くこととなりました。

ここでも、竈門炭治郎は上弦の伍・玉壺と上弦の肆・半天狗たちとの戦闘に巻き込まれ、死闘を繰り広げます。

この時も、竈門炭治郎の痣は堕姫・妓夫太郎と戦った時のような痣に変化していきました。

この戦いのどちらも、戦闘が終わった後には元の火傷の跡に戻っていました。 

スポンサーリンク




痣(おでこの傷)はなぜできたの?

この痣ですが、基本的には死闘を繰り広げた時のみ出現しています。

「遊郭潜入作戦」編では上弦ノ陸・堕姫、妓夫太郎、刀鍛冶の里では上弦の肆・半天狗と、鬼の幹部クラスである強敵と戦い、いずれも死と隣り合わせな接戦になります。

つまり、痣の発現のキーとなるのは鬼との死闘なのです。

そしてこの痣については、「柱稽古」編において、産屋敷当主の代理・産屋敷あまねが柱たちに説明しています。

どうやら、戦国時代に鬼舞辻無惨を追い詰めた「始まりの呼吸」を使用する剣士たちは全員、竈門炭治郎と同じような痣が発現していたとのこと。

また、産屋敷あまねは痣を持つ剣士の周りには、まるで共鳴するかのように剣士たちに痣が現れる、とも言います。

実際に、刀鍛冶の里で共闘した恋柱・甘露寺蜜璃と、霞柱・時透無一郎も痣が発現しました。

この痣は、力を増幅させる代わりに、命を前借りしているような状況だそうです。

「始まりな呼吸」を使用している剣士は、目から流血したり、身体に深刻なダメージを受けているような描写が多いため、痛いデメリットがあるのかもしれません。

スポンサーリンク




痣(おでこの傷)の色が黒に変化!なぜ!?(考察)

竈門炭治郎の痣の色が変化したのは、単純に痣の種類が変わったからではないでしょうか。

竈門炭治郎の痣は、以下の流れで変化しています。

①火傷の跡

②戦闘で追った傷

③「遊郭潜入作戦」編で呼吸に関連する痣に

④刀鍛冶の里で呼吸に関連する痣が再度発現

恐らく、②と③の間、「始まりの呼吸」を使用できるかどうか、に関連する痣に移行した際に色も変化したものと思われます。

スポンサーリンク




まとめ

いかがだったでしょうか。

これまで、鬼滅の刃の竈門炭治郎の額の痣について、「火傷なのか」「なぜ発言するのか」「色が変わった理由」を詳しく解説していきました。

少しまとめてみると、

●竈門炭治郎の痣は、最初は火傷だったが、死闘に合わせて別の痣が顕現するように

●痣は「始まりの呼吸」を使用した剣士たちに発現していたもの

竈門炭治郎の額の痣については、恐らく本編での深堀りが今後も来ることが予想されます。

「始まりの呼吸」との関係性など、まだまだ気になる部分は多いですね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA