アニメ考察

【鬼滅の刃】鬼殺隊の階級は意味ない?強さの順番ではない?

鬼滅の刃の中で鬼退治専門の非公式組織・鬼殺隊についてこんな疑問を持たれたことはありませんか?

鬼殺隊で階級が上の方なのに弱い人もいるけど、階級って意味あるの?
階級は強さの順番ってわけじゃないの?

そんな疑問をお持ちの方にこの記事では

  • 鬼殺隊の階級に意味はない?
  • 階級は強さの順番ではないの?

などについて、考えていきたいと思います。

スポンサーリンク



鬼殺隊とは

画像引用:アニメ!アニメ!

鬼殺隊の剣士達は鬼を狩ることが本分で、その数はおよそ数百名からなります!

しかしその組織は、政府非公認の為、外部からの支援は望めません。

組織が出来たのは、鬼の誕生と同じくらい昔。

つまり鬼を狩るために、鬼と同じくらい存続している組織となります。

その鬼殺隊を取りまとめる”当主”「お館様」と呼ばれており、名前を産屋敷輝哉(うぶやしきかがや)といいます。

当主である「お館様」は、卓越した先見の明にて行く末を見通し、鬼殺隊のメンバーを正しき道へと導く、尊いお方。

彼は鬼殺隊の柱、剣士からも慕われています。

ですが、代々早逝される運命にあり、自身の寿命を顧みずに鬼舞辻無惨を倒すために全身全霊を尽しています。

外部からの支援等が望めない鬼殺隊は、剣士一人一人が自身を常に鍛えることに務め、自身の身を守る事が必要になります。

そんな鬼殺隊に剣士として入隊するためには条件があります。

条件① 呼吸法を取得する事

多くの剣士は、育手(元剣士が多く、呼吸法を伝えていく者)により教わる事がほとんどです。

その育手のもとで、基礎体力をつけ、呼吸法を学びます。

条件② 最終選別で生き残ること

「呼吸法」を取得し、最終選別に参加し生き残ることで初めて「入隊」となります。

最終選別とは、超えるべき最後の関門!

ここに参加するには、育手の許可と育手から譲り受けた刀を持参する事が必須となります。

最終選別の場所は、「藤襲山(ふじかさねやま)」という鬼殺隊が保有する鬼が棲まう山のこと。

鬼殺隊の剣士達が捕らえた鬼が閉じ込められており、入隊希望者はそこで七日間生き抜く」事が入隊する為の条件となります。

最終選別に合格すると以下の物が支給されます。

①隊服(たいふく)

特別な繊維で仕立てた隊服が支給され、通気性がよく濡れにくく燃えにくい上、下級の鬼の攻撃にも耐える強度がある

 

②鎹鴉(かすがいがらす)

情報伝達の要を担い、さらには頼もしい剣士の相棒

※ただし善逸のみ雀

 

③階級(かいきゅう)

剣士の身分を示す刻印。

入隊が決まった時は、癸と一番下の階級になります。

 

④日輪刀(にちりんとう)

色変わりする刀は、色も形も使い手の剣士次第

 

以上が支給されます。

 

鬼殺隊は・・・

  • 政府非公認のおよそ数百人の剣士からなる組織
  • その頂点に立つ当主は、お館様である産屋敷輝哉
  • 入隊条件は、育手により呼吸法を取得し、最終選別で7日間生き抜くこと
  • 最終目的は鬼の絶滅

スポンサーリンク



鬼殺隊の階級は意味ない?

鬼殺隊には数百名の隊士がいるというのは先述しましたが

階級が上の方なのにもかかわらず鬼殺隊に入隊したばかりの炭治郎達より弱い先輩がいるのはなぜだろう?

と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

個人的には下弦の伍・累との戦いの時にその疑問が湧き、漫画でアニメの続きを読むにつれその疑問はどんどん大きくなっていきました。

そもそもこの階級制度に意味はあるのでしょうか?

結論としては・・・

\考察/
意味がないわけではないけど、あまり関係ない

と考えています。

ちなみに階級は

  1. 甲(きのえ)  
  2. 乙(きのと) 
  3. 丙(ひのえ)  
  4. 丁(ひのと) 
  5. 戊(つちのえ)
  6. 己(つちのと)
  7. 庚(かのえ)
  8. 辛(かのと)
  9. 壬(みずのえ)
  10. 癸(みずのと) 

となっており、鬼殺隊入隊時は例外なく皆「癸(みずのと)」からスタートします。

普通に考えれば、階級の上から順に強い順番なのだろうと考えますが、調べているとどうやら

鬼殺隊は強ければ階級があがっていくというわけではないようなんです。

こちらについては次の項でより詳しく解説していきます。

スポンサーリンク



鬼殺隊の階級は強さの順番ではない?

鬼殺隊での階級は、強くなれば強くなった分上がっていくのかどうかを詳しく調べてみると・・・

強さ=階級

という訳ではない

ということが分かりました!

剣士の”強さ”というよりは、鬼と戦いや鬼を狩ってきた功績に合わせて階級が上がっていると考えていいのではないかと思います。

これは、炭治郎の先輩でありながら、彼よりも階級の下な先輩がいることからも考えられます。

さらに炭治郎達も、階級の一番下・癸(みずのと)でしたが、数々の強い鬼や狩る鬼の数が徐々に増えていったと同時に階級も上がっています!

9巻遊郭編

もちろん、強さも増していきましたが、それだけでなく強い鬼や実際に多くの鬼と戦っていたのが鬼を狩る上での「経験・功績」となっています。

鬼を狩り、倒してきた事が階級が上がることと関係していると言えるのではないでしょうか。

分かりやすく言うと

倒した鬼の数で階級は上がっていくということになります。

ちなみに、柱となるには

  • 階級が甲(きのえ)である事
  • 十二鬼月または五十以上の鬼を狩る実績

が必要です!

この事実から考えても、

やはり階級は強さでなく、鬼を狩ったきた功績で上がっている(倒した数)と考えてもいいのだろうと思います。

スポンサーリンク



同期組の現在の階級について

炭治郎が鬼殺隊に入隊した時のメンバーは炭治郎を含めて5人!

  • 炭治郎
  • 善逸
  • 伊之助
  • カナヲ
  • 玄弥

そんな炭治郎と同時に入隊した同期組になるメンバー達の気になる階級とは?

我妻善逸(あがつま ぜんいつ)

すぐに弱音を吐いてしまい、自分に自信が持てない彼ですが

階級は「丙(ひのえ)」です。

女の子が大好きで、禰豆子と会ってからは彼女一筋!

そして早い段階で、炭治郎と共に鬼殺隊として行動を共にし、鬼と戦ってきました。

彼の実力が発揮するのは、眠っている時・失神している時。

つまり、眠りから「覚醒」します。

その時の彼の強さと鬼に果敢に立ち向かう姿はとてもかっこよく、普段とのギャップからもファンが多いキャラの一人です。

嘴平伊之助(はしびら いのすけ)

常に力比べをする事が大好きな彼の階級は「丙(ひのえ)」です。

鬼殺隊に入隊する前は、山で暮らして動物との力比べを生きがいにしていました。

そんな彼は炭治郎と出会い、共に鬼と戦う中で仲間意識が芽生えていき、それが彼のさらなるパワーアップ、実力を広げていったといえるでしょう。

栗花落カナヲ(つゆり かなを)

辛い過去から自身の気持ちを心にとどめてします彼女ですが、

階級は「丁(ひのと)」です。(炭治郎達より階級3つ上)

彼女は高い身体能力を持っており、幼い頃から蟲柱に師事します。

その身体能力や実力はすごく、炭治郎たちの訓練相手にもなります。

不死川玄弥(しなずがわ げんや)

風柱として活躍する兄がいる彼の階級は「丁(ひのと)」です。(カナヲと一緒、炭治郎達より階級3つ上)

呼吸を使わずして剣士となった彼は、特殊な顎と消化機能の持ち主でした。

そのため、鬼を喰らい力を得ながら、鬼と戦っていくのです。

スポンサーリンク



まとめ

ということで今回は

  • 鬼殺隊の階級の意味とは?
  • 階級での強さに順番はなかった?

についてお届けしてきました。

階級は倒した鬼の数で上がっていくという結論に至りましたが、じゃあ超弱い鬼をいっぱい倒せばどんどん階級あがっていくじゃん。

そうすればお給料どんどん上がってくじゃん。

なんて思ったゲス野郎は私です。

ちなみに炭治郎は階級は低いかもしれませんが、出会う鬼一匹一匹が強いので実力はかなり上へいっています。

少しネタバレですが、炭治郎、善逸、伊之助は最終的に上弦の鬼を倒していますので、結果的に柱レベルの実力をつけているということになります!

ということで、

鬼殺隊の階級は強さ基準ではなく、倒した鬼の数で上がっていくということでした!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA