鬼滅の刃

【鬼滅の刃】ねづこの年齢や漢字などプロフィールまとめ!強さや血鬼術についても

今回は、鬼滅の刃のヒロインであり、主人公炭治郎の妹であるねづこですが、とにかくかわいいですよねぇ・・・。

鬼にされた中でも特殊中の特殊のねづこに対し、疑問もたくさんあるのですが今回は!

  • ねづこのプロフィールや名前の漢字
  • 彼女の強さや血鬼術について

基本的なところを攻めていこうと思います!

最後までお付き合いくださいね。

スポンサーリンク




ねづこのプロフィール

誕生日:12月28日

年齢:物語開始時12歳(最終選別後14歳)

身長:物語開始時150cm(最終選別後153cm)

体重:物語開始時39kg(最終選別後45kg)

出身地:東京府 奥多摩郡 雲取山

趣味:裁縫

好きなもの:金平糖

竈門家の長女で、町でも評判の美少女です。

炭治郎が町へ行商へ出かけ、ねづこは家庭で母とともに残り四人の兄妹の面倒を見ていました。とても家族思いの優しい女の子でした。

しかし、ある日、炭治郎が町へでている間に一家が鬼に襲われるという悲劇に襲われます。

ねづこはかろうじて息をしていましたが鬼に血を与えられ鬼と化してしまいました。

鬼にされた直後は、人間としての心を一切なくし、兄の炭治郎に襲いかかりましたが、炭治郎からの呼びかけを受け、富岡義勇から炭治郎を庇う姿を見せています。

 

引用:吾峠呼世晴

その後は落ち着きますが、簡単なコミュニケーションしかとれません。

人を襲ってしまわないよう、竹筒の口枷を噛まされています。そして、鬼として人を襲うことはなく、逆に兄を守るために鬼を倒すために己の力を使うようになりました。

また、鬼が本来行わない、「睡眠」によってエネルギーを回復、補充する体質へと変化しています。

日光に当たると灰化するのは通常の鬼と違わないため、日中は基本的に炭治郎の背中のかごに入っています。体を伸縮させることもできるので、小さくなって籠に入っているようですね。

日光についてねづこは後に鬼として初めて克服することとなり、鬼舞辻無残にとって1000年以上も待った念願の存在となります。

そのため、ねづこは鬼舞辻無惨から今まで以上に追われる存在となります。

スポンサーリンク




漢字はどう書くの?なんて検索すればいい?

次はねづこの名前ですが、漢字だと難しい字なんですよね。個人的には見たことない漢字です。

漢字では「禰豆子」と表記されています。

見るからに難しいですよね。特にねづこの「ね」!!

※このねづこの「ね」は厳密にいうと、「ネ」に「爾」の組み合わせの漢字「ネ爾」となっています。

ここでは、使用されている漢字について少し触れていきます。

 

なんて検索すれば正しい「ネ爾」が出てくるの?


原作でも使われている「ネ爾」ですが、こちらの字は異体字といって、今のフォントには収録されていない漢字なんだとか。

なので、この漢字の代わりとして、しめすへんの方の「禰」を使う場合が多いようです。
(こちらについては、そのまま「ね」もしくは「デイ」で検索し、変換することが可能です。)

正しい漢字を使う方法としては、この漢字が入っているフォントをインストールする方法もあるんですが、もっと簡単な方法を発見しました。

⇒異体字セレクタ

こちらを使い、しめすへんの「禰」で検索すると・・・

正しい「ネ爾」が出てきます。

これをコピーして使えば、正しい漢字を使うことができます!

(ただし、コピーしてこの文中に記載してもしめすへんの禰しか表示されませんでした・・・表示させる側のフォントがこの字に対応していないと正しい字を記載してもしめすへんのほうで表示されるようです)

 

ちなみにこの「ネ爾」ですが、こんな意味があるそうです。

●おたまや、みたまや

⇒祖先の霊を家庭で祀るための、仏教でいう仏壇のことです。

●かたしろ

⇒祭や祈祷の時に神や人間の身代わりとなる人形のことらしいです。

この2つの意味から、なにかを宿すという意味合いを持っている漢字なのでしょう。

この「ネ爾」の偏が、カタカナの「ネ」、ひらがなの「ね」に変化したといわれています。

 

「ネ爾」はどうやって書くの?

「ネ爾」を拡大するとこうなっています。

 

左側はカタカナのネ、右側は”雨”みたいな漢字ですが、真ん中に”ハ”が入っていて、”雨”の点々の部分は”メ”になっています。

パッと見た感じですと、難しそうな感じだなぁ~と思いましたが、いざ書いてみると意外と簡単でした!( ´∀` )

スポンサーリンク




ねづこの強さや血鬼術について

基本的に鬼の特性を保持しており、ほとんど不死身です。

日光に当たるか、日輪刀で首を切られるかしないと死ぬことはないようです。(後に日光は克服)

ただ、鬼は人を喰い身体能力を増強しているので、人を喰らわないねづこは深い傷を負ったときに回復に時間がかかるようです。

血鬼術は、アニメで十二鬼月である糸を操る「累」と戦った時に登場していましたね。

 

ねづこの血鬼術:爆血(ばっけつ)

(引用:引用:吾峠呼世晴)

自らの血を爆熟させることにより、血が付いた対象を焼却させる

敵への攻撃としても威力は絶大なのですが、攻撃以外にもいろいろな使い方があり、例えば原作8巻以降、音柱の宇随天元と炭治郎達が十二鬼月と戦ったあとの毒からの回復にもこの血鬼術が一役買っています。

この血鬼術の使用には、通常の肉弾による戦闘に比べ、多大なエネルギーを消費するのか、この戦いの後にはエネルギー補充にも時間を費やさなくてはいけないようです。

また、この血鬼術は鬼の細胞のみを爆熟させるので、人間には攻撃できないようです。

ねづこ同様、ねづこの血鬼術も特異であることが分かります。

スポンサーリンク




まとめ

いかがでしたでしょうか。

  • ねづこのプロフィールや名前の漢字
  • 彼女の強さや血鬼術について

以上について触れてきましたが、今回の記事をまとめると

  • ねづこの”ね”の正しい漢字「ネ爾」は異体字セレクタを使うと出せる
  • 十二鬼月に匹敵する強さを持つが、人を食べない分、回復にやたら時間かかる
  • 血鬼術の爆血は攻撃や回復にも使える

ある日突然鬼に襲われ家族を失ってしまった炭治郎とねづこ。

まだ十代半であるねづこが兄を守るために戦う姿には毎度胸を打たれます。

鬼にされてしまいましたが、彼女に与えられた血鬼術がまさに人間を守るための能力を持っています。

今後も兄妹の絆に感動させられっぱなしなのでしょうね。

果たしてねづこが人間に戻れる日は来るのでしょうか。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA