鬼滅の刃

【鬼滅の刃】煉獄杏寿郎の年齢は何歳?誕生日や過去について

大人気漫画「鬼滅の刃」に登場する煉獄杏寿郎について解説していきます。

「鬼滅の刃」は2020年春頃に映画が公開される予定ですが、その映画ではアニメの続きの「無限列車編」を取り上げるようですね。

その「無限列車編」で、柱である煉獄杏寿郎が活躍しますので、それに先駆けて、

  • 煉獄杏寿郎とはどんな人物なのか
  • 年齢や過去について

などなど、お伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク




煉獄杏寿郎の年齢・誕生日などプロフィール

名前 煉獄杏寿郎(れんごく きょうじゅろう)
誕生日 5月10日
年齢 20歳
身長 177cm
体重 72kg
出身地 東京府 荏原郡 駒沢村
趣味 能や歌舞伎、相撲観戦
好きなもの さつまいもの味噌汁

(階級は「柱」と記載しましたが正確な階級は鬼殺隊の一番上の階級「甲(きのえ)」です。その中の精鋭部隊が「柱」となっています。)

煉獄杏寿郎は「炎の呼吸」をつかう鬼滅隊剣士です。そのため羽織も炎の柄になっており、日輪刀も赤です。

おじさん臭い話し方や振る舞いをする割に年齢は20歳。成人になりたてだから驚き。

煉獄家は代々「炎の呼吸」を受け継いできた名家であり、煉獄家の長男として生まれたのが杏寿郎です。

父親は鬼滅隊の元柱であり、まさにサラブレッド。

煉獄杏寿郎に継子はいません。昔、恋柱の甘露寺蜜璃が継子にいたようですが、彼女自身オリジナリティがありすぎて炎の呼吸からは離れたようです。

煉獄杏寿郎は話し方や振る舞い方からも分かるように、真っ直ぐな性格をしています。

努力を怠らず実直な人間のようです。初めて登場したのは、「那田蜘蛛山編」の後の柱合会議の時です。鬼である禰豆子を、迷うことなく斬首すべきだと述べていたのが印象的ですね。

人間を愛し、責任感や正義感が強いが故の発言だと思われます。

驚いたときには「よもや」、好物であるさつまいもを食べるときには「わっしょい」と言ってしまうようです。

スポンサーリンク




煉獄杏寿郎の悲しい過去とは?

元柱の父と、優しい母親に育てられた煉獄。エリートの父から剣の指導を熱心に受け育ちました。

また、幼い頃に母親から「弱き人を助けることは、強く生まれた者の責務です」という言葉と抱きしめられた腕の暖かさを心の支柱とし生きていました。

しかし父親が剣士だった頃に自信の力の無さを知った時期に杏寿郎の母親は病気で亡くなってしまいます。

父親は妻が亡くなったのは自分の力の無さのせいだと嘆き、ショックから酒に溺れるようになりました。

剣を置いた父から修行を受けられることがなくなった煉獄は、家に残されていた3冊の「炎の呼吸」の指南書を読み、自ら修行をし自身を鍛え上げたのです。

父親が酒浸りとなっても、母親の言葉を信じ通す精神の強さ・・・本当は父親に指南してもらいたかったはずです。

そんな状態でも柱の地位に上り詰めた、まさに努力の男です。

しかし、父親に柱になったことを報告しても喜んでもくれず、こんな悲しい言葉をかけられてしまいます。

内心はすごく悲しんでいる杏寿郎ですが、それでも杏寿郎は持ち前の強い精神力で情熱の炎を燃やし続けています。

スポンサーリンク




煉獄杏寿郎の技一覧まとめ

煉獄は剣舞の抜きんでた才能と、たゆまぬ修行、また鬼との戦闘経験から鍛え上げた実力を持っています。

また、煉獄は「炎の呼吸」をつかうと先述しましたが、「炎の呼吸」の特徴は足を止めて力強い斬撃を繰り出します。

「水の呼吸」は変幻自在な足捌きを主としているので真逆の特徴を持っています。

それでは、煉獄が繰り出す「炎の呼吸」を使った技を見ていきましょう。

 

壱の型「不知火(しらぬい)」

相手の間合いに力強く高速で踏み込み切りつける攻撃です。

 

弍の型「昇り炎天」

この技は他の技に比べ攻撃範囲が狭いのですがその代わりに素早い攻撃を可能とします。

 

肆の型「盛炎のうねり」

広範囲な攻撃で、前面を覆い尽くすのでガードとしても使用していました。

 

伍の方「炎虎(えんこ)」

斬撃が炎の虎と化し、を敵を襲い砕きます。

 

玖の型「煉獄」

炎の型の奥義と言われています。どんな技も瞬時に繰り出していた煉獄が足を止め、気を練ってから放っていましたので、余程高威力な技なのでしょう。

スポンサーリンク




まとめ

ということで今回は

  • 煉獄杏寿郎とはどんな人物なのか
  • 年齢や過去について

などについてお伝えしてきました。

まとめると・・・

●年齢は20歳。話し方や振る舞いはおっさん臭いのに。

●母を亡くし、父から指導を受けられなくなっても指南書を読み自ら修行を続けた

彼の両親に関する過去、努力を惜しまない真面目さを知ることができました。

また、彼の人間愛と正義感から、禰豆子を連れる炭治郎は明らかな隊律違反だと考えていた煉獄ですが、映画での炭治郎たちとの関わり方や彼らに対する考え方も気になるところです。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA