アニメ考察

【呪術廻戦】虎杖悠仁の親は誰?母親とおでこに縫い目がある女の関係についても

物語の冒頭で虎杖の祖父が亡くなってしまうところから始まりますが、

彼の親は一体誰なのでしょうか。

この記事では

  • 虎杖悠仁の親は誰?
  • 母親とおでこに縫い目のある女の関係

について考察していきたいと思います。

ネタバレを含みますので、お気をつけください!

『呪術廻戦』が
\無料で見れる・読める/
U-NEXTで無料で見る・読む

☆31日間の無料トライアルあり☆
登録から31日以内に解約すれば料金がかかりません!

 虎杖悠仁の親(両親)は誰?

入院している祖父のお見舞いに毎日通っている虎杖ですが、

家に帰っても他の家族の描写ないのでおそらく祖父と二人暮らしだったことが

伺えます。

では、彼の親は一体誰なのでしょうか?

父親は虎杖仁 

呪術廻戦第143話の悠仁の回想シーンで彼が赤ちゃんの頃が描かれます。

そのシーンで赤ちゃん(悠仁)を抱いている男性が父親の虎杖仁です。

悠仁の祖父のことを『父さん』と呼んでいるので間違いなさそうです。

短髪で眼鏡をかけていて、目元を見ると悠仁は父親似のようです。

前々から子供が欲しかったようで、

悠仁の名前にも『仁』の文字を使っているところを見ると、待望の我が子の誕生を喜んでいることが分かりますね!

悠仁は祖父と暮らしていたので、仁はずっと欲しかったはずの子供と暮らしていないと思われます。

今どうしているんでしょうか…。

母親は香織…?

では、母親は誰なのか?

仁は香織という妻がいたようですが、

香織=悠仁の母親とは描かれていません。

仁と祖父の会話の途中で現れたのがおでこに縫い目がある女です。

彼女は黒髪のショートボブで細身な女性です。

目が虚ろな感じでどこか不気味な雰囲気を感じますが、彼女が悠仁の母親なんでしょうか?

考えられるのは

  1. 香織とは別人
    →香織が亡くなった後、仁が再婚した相手
  2. 同一人物(中身は別人)
    →香織の肉体を乗っ取るため、香織を殺した人物

この2つです。

母親とおでこに縫い目がある女の関係

では、母親とおでこに縫い目がある女はどんな関係なのでしょうか。

祖父が忠告として言いたかったセリフも想像しながら

先ほどの2つのパターンから予測していきます。

香織とは別人説

祖父は『あの女だけはやめとけ』と仁に忠告しています。

この言葉から香織が亡くなった後に再婚したのが、おでこに縫い目のある女で

香織とは別人の可能性が出てきます。

さらに祖父は『香織が死んだのは』と話そうとしています。

この続きが『あの女のせいだ』となる場合は

香織の死に何らかの理由で縫い目の女が関わっている事になるので

香織とは別人ということになります。

同一人物(中身は別人)説

おでこに縫い目と聞くと思い出される人物が、偽夏油ですよね。

夏油傑のように香織も肉体を縫い目の女に乗っ取られている可能性があります。

祖父が香織と縫い目の女をあの女と呼び分けているのは中身が違うからということも考えられます。

この場合、肉体は同一人物ですが中身は別人ということになります。

祖父の『香織が死んだのは』に続く言葉としては『事実だぞ!』といったようになり

香織の死を受け入れられない仁の目を覚まそうとしていた

という事が考えられます。

おでこに縫い目がある女の正体とは…

この同一人物(中身は別人)説が真実なら、おでこに縫い目がある女の中身の正体は

偽夏油と同じ、加茂憲紀かもしれません。

偽夏油のセリフにも『我ながら流石と言うべきか 宿儺の器タフだね』

とあります。

我ながらということは偽夏油、つまり加茂憲紀が作り出したから

言えることだと思いませんか?

加茂憲紀って何者?

加茂憲紀は明治初期に活躍した呪術師で、加茂家最大の汚点と言われ、史上最悪の術師とされています。

特級呪物の呪胎九相図を生み出した人物でもあります。

呪胎九相図とは人間と呪霊の間に生まれた子供のことで、一番の脹相が悠仁のことを弟と言っているのも

悠仁の母親の中身が加茂憲紀だから!ということになれば納得できますね。

この流れでいくと悠仁も呪胎九相図の一部なのでは?

となりそうですが、

  • 一番の脹相 
  • 二番の壊相 
  • 三番の血塗

はすでに登場していて、四番から九番は登場しないと

芥見先生が仰っているので

悠仁は呪胎九相図ではなく腹違いの息子ということになります。

 

まとめ

と言うことで今回は

  • 虎杖悠仁の親は誰か
  • 母親と縫い目の女の関係について

考察していきました。

まとめると

  • 虎杖悠仁の父親は虎杖仁 母親は香織だが中身は別人の可能性がある
  • 母親の香織と縫い目の女の関係は、偽夏油のように肉体を加茂憲紀に乗っ取られている為、同一人物であるが生前の香織ではない

と予想しました。

これまでの展開で、祖父は仁への忠告を縫い目の女に遮られていたり、仁は聞く耳を持っていませんでした。

悠仁も両親のことは興味がないと祖父の話を聞かずにいましたが、加茂憲紀が真実を隠すため何か邪魔でもしているんですかね…

祖父だけが何か知っているようで気になります。

今後どう明らかになるのか展開が楽しみですね!

最後まで読んでくださりありがとうございました!

漫画が無料で読めるおすすめサービス4選!

サービス名 特徴
おすすめ度No.1
U-NEXT
31日間の無料トライアルあり!
映画、ドラマ、漫画、雑誌などオールジャンルOK
600円分のポイントがもれなく貰える!
月額2,189円(税込)
 

FODプレミアム
2週間の無料トライアルあり!
オリジナル配信が人気!漫画だって大量配信!
最大900円分のポイントが貰える!
月額976円(税込)
 

ebookjapan
会員登録無料
最大12冊を半額購入できる!
無料マンガ9000作品以上
背表紙の本棚はここだけ!
 

まんが王国
会員登録無料
毎日最大50%還元あり!
じっくり試し読みが人気
無料マンガが多い!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA