炎炎ノ消防隊

【炎炎ノ消防隊】火華(ヒバナ)大隊長がシンラを好きになった理由はなぜ?2人の今後も考察してみた

2020年7月より絶賛放送中のテレビアニメ「炎炎ノ消防隊 弐ノ章」に登場する、セクシーキャラのプリンセス 火華大隊長が、主人公のシンラに夢中なのはファンの方はご存じのことでしょう。

今回は、プリンセス 火華大隊長が、どうしてシンラを好きになったのかを改めて説明した上で、今後2人がどうなっていくのか、プリンセス・火華大隊長についてを解説していきたいと思います。

スポンサーリンク




火華(ヒバナ)大隊長がシンラを好きになった理由はなぜ?

まずは、火華大隊長がシンラを好きになった理由について、解説していきましょう。

第5特殊消防隊大隊長であるプリンセス火華は、最初はシンラたち第8特殊消防隊と敵対していました

アニメ第1期では、単独で乗り込んだアイリスを救うため、シンラたちが第5へ向かい、それぞれ戦いを繰り広げていましたね。

第8のメンバーの中で、最初にアイリスと対峙する火華大隊長の元へ辿り着いたのが、シンラです。

シンラは火華大隊長と戦いながら、火華大隊長が過去に何があって焔ビトに対して強い憎しみを抱き、焔ビトに関して研究し、性格が歪んでしまったのかを聞いて受け止めます

自分以外を「砂利」と呼び、大事な家族の一人であるはずのアイリスさえも傷つけるようになってしまった火華大隊長には、悲しい過去があったのです。

その悲しい過去とは・・・

シスターとして将来活躍するために頑張っていた孤児の火華大隊長にとって、修道院で一緒に暮らすアイリスを含めた子供たちやシスターたちは、大事な家族でした。

しかし、ある日突然、火華大隊長とアイリス以外の皆が炎に包まれ、焼死してしまったことで、焔ビトに対して強い憎しみを抱くようになるのです。

そこで絶望した気持ちと憎しみで、優しかった性格が歪んでしまい、どんな非道なことをしても焔ビトの真相を突き止める研究をしていました。

そんな火華大隊長の言葉を聞いたうえで、シンラは今まで一方的に食らっていた攻撃を掻い潜り、火華大隊長に一発パンチをお見舞いします。

そこで火華大隊長は自分の過ちに気づき、さらにシンラが、自分にとってのヒーローのような眩しい人間に見えたことがきっかけで、一瞬で惚れ込んだのです。

確かに、誰だって自分の過ちを正してくれて、なおかつ自分を救ってくれたヒーローのような人に惚れてしまうでしょう。

個人的にも火華大隊長とシンラの対決が描かれた話は、とても胸キュンしました。

スポンサーリンク




2人の今後はどうなる!?(考察)

そんな感じでシンラに惚れ込んだ火華大隊長は、それから分かりやすく猛アプローチを仕掛けていきます

それまではシンラも「砂利」呼びしていたのが「シンラ」に変わり、シンラが第1特殊消防隊に潜入も兼ねてお世話になった時、火縄と一緒に様子を見に行っていました。

それに、シンラを特別扱いし、シンラの第8での扱いを見ては勝手に桜備大隊長に抗議したり、分かりやすいぐらいシンラに求愛していたりしています。

そんな火華大隊長の熱烈な愛情表現に、シンラは戸惑っていることが多いです。

シンラは不器用な環からの好意にも全く気づかないほど鈍感なので、漫画では2人が上司と部下以上に進展しているところは見受けられません

しかし、火華大隊長は熱烈に求愛することもあれば、特殊消防隊の男性陣だけでやっているヌードカレンダーの話で、シンラのヌードが欲しいと思いながら、自分以外の人間にシンラの魅力が分かってしまうことへの葛藤する様子が描かれていました。

そんないじらしくて可愛い火華大隊長も見れば、シンラもいつもとのギャップを感じ、ときめくことでしょう。

実際にカレンダーの話で、シンラは火華大隊長のセクシーな姿を期待していたし、少しは脈ありなのだと思います。

時間はかかるものの、これから第5と第8は一緒に伝道者一派と戦っていく仲間なのだから、必ず進展するような出来事もあるはずです。

そのようなことがあれば、シンラと火華大隊長は上司と部下以上の関係に、少し変化が起きて進展することでしょう。

特殊消防隊と伝道者一派の対決も気になりますが、2人の今後の関係の変化も見逃せないし、気になりますね。

スポンサーリンク




火華(ヒバナ)大隊長のプロフィール

最後に、シンラに熱烈な求愛行動をしている火華大隊長について、ご紹介いたしましょう。

名前 プリンセス 火華
年齢 20歳
誕生日 3月3日
身長 169㎝
所属 灰島重工をバックに持つ第5特殊消防隊の大隊長を務めている
特徴 瞳孔に花のような模様があるキャラクター
能力 熱を操作して熱失神を起こすことや、花を象った炎で攻撃することもできる第三世代能力者

第8のシスターであるアイリスとは、同じ修道院で育った義理の姉妹であり、アイリスからは「義姉さん」と呼ばれています。

強い憎しみから焔ビトの人体発火の研究をしている科学者でもあり、サディスティックで高圧的な性格をしているが、義理の妹であるアイリスや大好きなシンラは特別に思っていて、特にシンラには隠れ乙女の部分が出て可愛らしいです。

アイリスとシンラ以外には、目下の者に対して「砂利」と呼んで罵倒し、下僕のような扱いをするが、第5の隊員はそれを喜んでしまっています。

自分とアイリス以外の修道院の者たちが焔ビトによって焼死した火事が原因で、それまでシスターたちを和ませていた自身の炎を含めた全ての炎が悪魔に見えてしまい、焔ビトに関する半ば非人道的な研究を行った成果を灰島重工に持ち込み、今の地位へとつきました。

その独自に研究した結果、焔ビトの中には“人為的に生み出された焔ビトがいる”ということを突き止めた、凄い女性なのです。

まとめ

さて、「炎炎ノ消防隊」に登場する火華大隊長について、シンラに惚れた理由も含めてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

結論としては、

シンラとの戦いの中で、自分の過ちを諭し、正してくれたシンラが、自分にとってのヒーローみたいに見えたから好きになった。

今のところ進展は見られないが、今後一緒に戦っていく中で、上司と部下以上の関係になっていく可能性もある。

熱を操作して熱失神を起こすことや、花を象った炎で攻撃することも第三世代能力者で、今や恋する女性科学者である。

このようになります。

それでは!最後までご愛読くださいまして、ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA