アニメ

【ヒロアカ】ワンフォーオールとは?意味や起源・生みの親について

『僕のヒーロアカデミア』といえば、今や人気絶頂の漫画。

2014年から連載開始し、執筆時点では24巻まで出版されています。

アニメの他にも、映画や舞台など、今や飛ぶ鳥を落とす勢いで躍進を続けています。

2018年にはアメリカでの実写映画化も発表され、その勢いは止まることを知りません。

そんな僕のヒーローアカデミアのキーワードに、「ワンフォーオール」というものがあります。少しネタバレにはなるのですが、物語の根幹となるワードです。

ということで今回はこのキーワード「ワンフォーオール」について

  • ワンフォーオールの意味は?
  • ワンフォーオールの起源や生みの親は?

以上について詳しく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク




「ワンフォーオール」の意味は?

「ワンフォーオール」は正式に書くと「One for All」。

主人公である緑谷出久やその師匠・オールマイトが持つ個性のことを指しています。

しかし、他の人の個性の名前は「爆破」「氷」などなので、少しニュアンスが違う気もしますよね。

このワンフォーオールの個性は、なんと『力をストックし、別の人間に譲渡する』というもの。

そして対になる個性として、オールフォーワンがあります。こちらはワンフォーオールの宿敵。

この二つの個性をつなげると、「One for all,All for one」という言葉になります。これは今からおおよそ400年前の1618年から始まった三十年戦争で使われていた言葉で、意味は

「一人はみんなのために、みんなは一人のために」最後まで戦い抜く

という意味でした。

ワンフォーオールも、このニュアンスが入っていると考えられますね。

実際にオールマイトは、味方がピンチの状態で、最後までみんなのためにオールフォーワンと戦い続け、この言葉通りになりました。

スポンサーリンク




ワンフォーオールの起源や生みの親について

ワンフォーオールが生まれた理由はオールフォーワンにあります。

オールフォーワンは、ワンフォーオールの宿敵で、「他者の個性を奪う」「他者に個性を与える」という能力です。

オールフォーワンはこの能力を利用して個性を奪い、勢力を広げて行きました。

僕のヒーローアカデミア内の歴史では、「超常黎明期(ちょうじょうれいめいき)」と呼ばれている時代です。個性が発現してまだあまり時間が経っておらず、個性の悪用などが目立ち、治安がとても悪かったとされています。

■黎明期(れいめいき)とは

ある事柄が形になる前の始まりの時期

ヒロアカにおいては個性が発現した社会の始まりという意味

そんな時代に、オールフォーワンは悪の支配者として君臨するようになりました。

オールフォーワンの弟はそんな兄を必死に止めましたが、力は及ばず、そんな弟に向けて兄は「力をストックする」という個性を与えました。弟は無個性であると思われていましたが、実際には「個性を与える」個性を所持しており、

この二つの個性が結びつくことでワンフォーオールが誕生したのです。

弟は自分の力ではまだオールフォーワンを倒せないと思い、いつの日かオールフォーワンに勝てる継承者が現れることを信じて、後世に託しました。

そしてこの個性を受け継いだた9番目の継承者が、緑谷出久なのです。

オールマイトが自分の個性と引き換えにようやく勝利したオールフォーワンと、緑谷出久もいつか闘う日がくるでしょう。

スポンサーリンク




ワンフォーオールの能力とリスク

ワンフォーオールも万能ではありません。特に拒否反応などはないようですが、継承者の「力をストックする」個性のおかげで、次世代になればなるほどどんどん個性のパワーが上がって行きます。

その分パワーを受け止める継承者側も、身体などに制約があります。

【リスク①】

・鍛え上げられた肉体が無ければ、個性の力に耐えきれず身体が爆散する

【リスク②】

・使いこなせなければ個性によって身体が内側からダメージを受ける

と本編では言われており、血の滲むような鍛錬が必要とされている個性です。

実際に、主人公である緑谷出久は、そのあまりに強大なパワーを持てましている描写が多く見受けられます。

ワンフォーオールを受け継ぐことが決まってからは、最低限の身体の鍛錬をしてから、やっと個性の継承が認められます。しかし、そんな鍛錬があっても、まだ緑谷出久は100%の力を自在に扱うことはできておらず、もし無理に使ってしまえば、大怪我を負ってしまいます。

強大な力ゆえに、それを受け止める器も強大である必要があるのです。

スポンサーリンク




まとめ

いかがったででしょうか。

今回は

  • ワンフォーオールの意味は?
  • ワンフォーオールの起源や生みの親は?

について詳しく解説していきました。

まとめてみると、

●ワンフォーオールは「一人はみんなのために」という意味

●オールフォーワンを倒すために誕生した個性で、いつの日か緑谷出久も対決する可能性が高い

●継承するには強大な器が必要

パワーを使いこなすべく、緑谷出久は様々な手法から成長してきました。

本編では新たな個性が顕現するなど、目の離せない展開に。これをどうやって乗り越えていくのか、今後も目が離せませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA