アニメ考察

【ヒロアカ】ホークスは裏切り者?正体やスパイの目的についても

今回は『僕のヒーローアカデミア』のオールマイトが退いた後、繰り上がりでヒーローとして、第2位の位置についたホークス。

このホークスが裏切り者なのでは?という声があります。

一見すると怪しい行動をしているホークスですが、本当にホークスは裏切り者なのでしょうか?

そこでこの記事では

  • ホークスの正体は?
  • 二重スパイ?
  • ホークスの目的

について解説します。

ホークスは裏切り者?

それでは本題ですが

ホークスは裏切り者なのでしょうか? 

結論から言うと・・・

ホークスは

裏切り者ではありません! 

ホークスが「九州に脳無出現の噂がある」とエンデヴァーに言って、チームアップを応じさせた一件。

エンデヴァーがそれに応じ、九州に出向くことで起こった「ハイエンド襲撃事件」

それはホークスが、敵連合に取り入るために荼毘と手を組んで起こした事件だったのです。

その為、ハイエンドという強さが桁違いの脳無と、エンデヴァーとの戦いが引き起こされます。

結果、エンデヴァーは辛くも勝利することが出来ますが、瀕死の重傷を負うことになってしまいました。

実はこの事件、荼毘によるホークスの信頼テストも兼ねていたことが後に明らかになります。

ここまでの流れを見る限り、ホークスのせいでエンデヴァーが大怪我を負ったわけですから完全な裏切者に見えます。

加えて、荼毘にも信頼されていないところを見ると「二重スパイ」という線も消えません。

ですが……

ホークスはあくまで、ヒーロー側として敵連合に潜入を試みていたのです。

ですから、大怪我を負ったエンデヴァーに申し訳ない気持ちを持っています。

ホークスの関連では以下の記事もよく読まれています。

\こちらもクリック/
ヒロアカの
関連記事も人気です!

ホークスの正体

裏切り者ではなかったホークスの正体は一体なんなのでしょうか?

実はホークスは「ヒーロー公安委員会」からの依頼を受けて、敵連合に潜入したスパイだったのです。

極秘任務だった為、ホークスはエンデヴァーに真実を告げることが出来ません。

ホークスは神野区で起こったオールマイトとオール・フォー・ワンとの悪夢のような戦いから、敵連合を組織内部から追い詰める必要があると考えたのです。

勿論それは、エンデヴァー達ヒーローが立ち向かえると信頼しているからの行動です。

加えてホークスが「ヒーロー公安委員会」からの依頼を受け入れたのは、少年時代に自動車の衝突事故で被害者6人を救出した功績から

「ヒーロー公安委員会」に見いだされ、育てられたからでした。

恐らくそれまであまり良い家庭環境ではなかったホークスは、そのことに恩義を感じてもいたのかも知れません。

少年ホークスは「ヒーロー公安委員会」の元で、訓練や交渉術などを叩き込まれる事になりました。

作中で垣間見えるホークスの少年時代ですが、エンデヴァー人形を抱えていたことからすると、エンデヴァーに対する憧れはどうやら本物のようです。

さらにもっと言えば、ホークスの父親は連続強盗殺人犯で、それを匿っていたのがホークスの母親でした。

そんな家庭で虐待されながら育った中、ホークスの父親を逮捕したのがエンデヴァーだったのです。

ですから、ホークスにとってエンデヴァーはヒーローの中のヒーロー。

そういうこともあって、ホークスがエンデヴァー達を裏切れるはずがありません。

なのでホークスの正体は・・・

「ヒーロー公安委員会」からの指示で

敵連合に潜入したスパイ

だったのです!

その一方で、ホークスは潜入した敵連合内で情報を引き出すためですが、トゥワイスと親交を深めます。

そして、いよいよ総攻撃の時となった時には、瀕死になったトゥワイスを助けようさえしています。

ホークスは任務に冷徹なだけでなく、自分を信頼したトゥワイスに情もあったのでしょう。

結末は悲しいことに、ホークスがトゥワイスにトドメを刺すということになりました。

\こちらもクリック/
ヒロアカの
関連記事も人気です!

ホークスの目的は何?

それではホークスの目的とはなんだったのでしょうか?

ホークスの「ヒーロー公安委員会」から命じられた目的は…

  • 「超常解放戦線」の全構成員を把握する事
  • 「超常解放戦線」の思惑を明らかにする事

そして、ホークス自身の目的は、ホークス自身のセリフに端的に表されています。

ホークスは…

「ヒーローが暇を持て余す世の中にしたい」

と語っていました。

「速すぎる男」という世間の評価の通り「最速」で平和を取り戻すために、最善と思って敵連合に潜入しているのです。

彼の覚悟は敵連合の荼毘の信頼を得るために、ベストジーニストを殺害して引き渡すという衝撃的な行動からも読み取ることが出来ます。

(ベストジーニストが本当に死んでいたかは不明)

ホークスは一か月の調査の末に全構成員を把握し、その思惑が

「ヒーローを殲滅させ、オール・フォー・ワンを再び悪の帝王として君臨させること」であることを突き止めます。

ホークスは羽根にマイクロデバイスを取り付けられ、情報がすべて敵側に筒抜けの状態で
潜入から得た情報を

「ヒーロー公安委員会」とエンデヴァーに伝えなければなりませんでした。

そのまま伝えるのでは、自分の正体が「超常解放戦線」にばれてしまいます。

では、どんな方法を使ったのでしょうか?

それは「異能解放戦線」の本をエンデヴァーに渡すことによってです。

その際「マーカー部分だけでも目を通した方がいい」「2番目のオススメ」と、言い含めます。

これがヒントになって、エンデヴァーは「異能解放戦線」の本の中のマーカーの引いてある文の2文字目に注目。

その文字を繋げていく事によって死柄木の所在を知る足掛かりになりました。

ホークスの関連では以下の記事もよく読まれています。

\こちらもクリック/
ヒロアカの
関連記事も人気です!

ヒロアカの関連記事一覧

ヒロアカに関する記事はまだまだたくさんあります!気になるものをクリックして見ていってねー!

ヒーロー関連記事

ヴィラン関連記事

その他関連記事

まとめ

まとめると、以下の通りになります。

  • ホークスは裏切り者でも二重スパイでもない。
  • ホークスの正体は「ヒーロー公安委員会」に指示されたヒーロー側のスパイ。
  • ホークスの目的は「超常解放戦線」の全構成員を把握する事。
    そして、「超常解放戦線」の思惑を明らかにする事。

つまりホークスは平和の為に、あえて汚れ役を引き受けたのです。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

漫画が無料で読めるおすすめサービス4選!

サービス名 特徴
おすすめ度No.1
U-NEXT
31日間の無料トライアルあり!
映画、ドラマ、漫画、雑誌などオールジャンルOK
600円分のポイントがもれなく貰える!
月額2,189円(税込)
 

FODプレミアム
2週間の無料トライアルあり!
オリジナル配信が人気!漫画だって大量配信!
最大900円分のポイントが貰える!
月額976円(税込)
 

ebookjapan
会員登録無料
最大12冊を半額購入できる!
無料マンガ9000作品以上
背表紙の本棚はここだけ!
 

まんが王国
会員登録無料
毎日最大50%還元あり!
じっくり試し読みが人気
無料マンガが多い!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA