ネタバレ

鬼滅の刃【127話】ネタバレと感想!

この記事では『鬼滅の刃』127話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

\他の話数のネタバレは⇩から見れます/
全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回
126話へ 127話 128話へ

\『鬼滅の刃』が無料で読める/
U-NEXTで無料で読む

☆31日間の無料トライアルあり☆
登録から31日以内に解約すれば料金がかかりません!

『鬼滅の刃』127話のネタバレ

珠世の推測

炭治郎に手紙を書く珠世。

まずは禰豆子の血と十ニ鬼月の血をずっと提供してくれている炭治郎へのお礼。

浅草で無惨に鬼化させられた男性は自我を取り戻し、少量の血で生きていられるとも書いてあります。

禰豆子の血は短期間で何度も何度も変化し、毎回とても驚いているとも。

珠世の推測ではありますが、禰豆子がいまだに幼子のように自我を取り戻さないのは、自我よりも優先することがあるからではないかと書かれています。

そして、近いうちに太陽を克服すると…。

禰豆子は鬼のままですが…?

禰豆子…大丈夫か?…お前…人間に…?

涙を流しながら、禰豆子を間近で見る炭治郎。

禰豆子は、ニコニコと、よ、よかったねぇ?と喋ります。

牙もそのままで、目も鬼のままなので、人間に戻ったわけではないと思う炭治郎。

里の人たちが、禰豆子と炭治郎にお礼を言います。

禰豆子ちゃん死んでたら申し訳が立たなかったと涙を流しています。

炭治郎も、改めて本当にちりになって消えなくて良かったと安堵して、禰豆子をガシッと抱きしめました。

里の人たちももらい泣きしています。

少し離れたところで見ていた玄弥もニッコリと微笑み、炭治郎、禰豆子、良かった…とつぶやきました。

玄弥、本当はすごく優しい子なんですよね…。

炭治郎は限界がきたのか、急に意識を失います。

里の人たちが死んだ?と不吉なことを言いながら介抱しました。

その頃、蜜璃はまだ木の龍と戦っていて、体力の限界を向かえていました。

もう無理かも~!!死んじゃう~!!と泣き喚いた瞬間、木の龍が一気に崩れます。

同時に喜怒哀楽鬼もボロッと崩れて消滅しました。

助かった!!本体の頚、斬れたんだ!!

蜜璃ちゃん!本当にお疲れ様!!

太陽を克服する者

一方、とある豪邸の書斎ににて。

子供の姿の無惨は、本棚の前で立ち尽くしていました。

部屋に入っていた、母親と女中。

俊國(としくに)こんなに散らかしてどうしたの?と聞く母親。

ついに太陽を克服できる者が現れた!!すごいぞ!半天狗!!と興奮している俊國。

あら、楽しそうねぇと話している母親の首が飛びます。

ドシャっと音がして女中が隣を見ると、首のない奥様の体が倒れていました。

奥様…どうしたんですか!?首が…!!

これでもう、青い彼岸花を探さなくても良くなった!と笑う俊國。

千年もの間、永かった!!増やしたくもない同類を増やし続けた甲斐があったというものだ!

十二鬼月の中にも現れることのなかった稀有な体質、特別な鬼!

女中に目の前で、子供だった俊國の体が、メキメキと大きくなり大人の姿に変化します。

あの娘を取り込めば、私も太陽を克服できるぞ!!

そこでやっと恐怖が感じられたのか、女中がキャアアアと叫びます。

旦那さま~!!人殺しが~!!

無惨が手をあげると、女中の上半身がグシャっと弾け飛びました。

無惨…本当に恐ろしい…。

無惨と青い彼岸花

鬼舞辻無惨を鬼に変えたのは、平安時代の善良な医者でした。

二十歳になる前に死ぬと宣告されていた無惨を、少しでも永く生きられるように苦心していた矢先、病状の悪化に苛立った無惨に殺害されます。

しかし、その医者が処方していた薬が効いていることが医者の殺害後に判明します。

無惨は強靭な肉体を手に入れますが、ひとつ問題がありました。

日の光に当たることができないということでした。

人の血肉を欲するのは無惨にとっては造作ないことでしたが、昼間に出歩けないのは屈辱であり怒りが募っていきます。

日の光に当たっても死なない体になりたいという思いは強くなります。

医者の作った薬の調合を調べましたが、試作段階だった為、「青い彼岸花」という薬の作り方はわからずじまいでした。

その薬は実際に咲く青い彼岸花が使われていましたが、生息場所も栽培方法もわかりません。

知っていたのは殺害した医者のみ。

日本中どこを探しても見つかりません。

無惨は日光の下も歩ける完全な不死身になるため、太陽を克服できる体質の者を探しながら、青い彼岸花を探すことを優先します。

そして、禰豆子が太陽を克服した今、禰豆子を巡ってこれまで以上に熾烈な戦いが始まることが予期されました。

無惨の生い立ちや鬼になった経緯が明かされましたね!

みんなで頑張ったから勝てた!

炭治郎に大丈夫かと声をかける無一郎。

禰豆子の背中におんぶされている炭治郎は何とか声を振り絞って、と、時透くん…と返します。

無事で…良かった…刀も…ありがとう…。

無一郎は小鉄に支えられています。

今にも倒れそうですが、炭治郎に君のおかげで大切なものを取り戻したとお礼を言う無一郎。

俺、何もしてないよ…と答える炭治郎。

そういえば、禰豆子はどうなっているの?と無一郎。

それが…と炭治郎が答えようとしていると、遠くから、みんな~!!と走ってくる人影が。

みんなあああ!!と近づいて来たのは蜜璃でした。

炭治郎、禰豆子、無一郎、小鉄、玄弥をまとめて抱きしめる蜜璃。

感想:玄弥の顔、真っ赤ですよ!!思春期ですもんね!!

勝ったね!すごいね!生きてるよ!!とわんわん泣く蜜璃。

禰豆子がニッコリと良かったねぇと笑いました。

炭治郎も無一郎もボロボロだけど、みんなで喜びをかみ締めていていいシーンです!

『鬼滅の刃』127話の感想・考察

珠世さんは、禰豆子が近いうちに太陽を克服するかもしれないと気づいていたんですね!!

いや~、それが実現して本当に良かったです。

禰豆子が死んでしまったら、炭治郎は何を目的に戦えばいいのか考えてしまいそうですよね?

もちろん、禰豆子のような鬼にさせられる人を作らないために、無惨を倒すことはやめないと思いますが、そこに禰豆子がいるのといないのとでは雲泥の差があったことでしょう。

でも、それは無惨にも希望を与えてしまうことになるんですね…。

無惨が鬼になったいきさつが描かれていましたが、結局、無惨という男は鬼になろうがならまいが、冷酷な男であるのは間違いないようです。

無惨を鬼化にした医者を殺さなければ、もっと違う道があったかもしれませんよね?

そして「青い彼岸花」よりも太陽を克服した禰豆子を巡って、無惨がどうするのか恐いところです。

ひとまず、鬼殺隊の誰も欠けなかったはすごく良かった!!

みんなにゆっくり休んで欲しいですね!!

\『鬼滅の刃』が無料で読める/
U-NEXTで無料で読む

☆31日間の無料トライアルあり☆
登録から31日以内に解約すれば料金がかかりません!

\他の話数のネタバレは⇩から見れます/
全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回
126話へ 127話 128話へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA