アニメ考察

BLEACHのホワイトの強さは?白一護は優しいのかや登場回を解説!

BLEACHの主人公の出世にも関わっている「ホワイト」。

ホワイトはどういう登場人物なのか?

また、どういう強さを持っているのでしょうか?

そこでこの記事では、

  • BLEACHのホワイトの強さは?
  • BLEACHのホワイトとは?

以上についてお伝えしていきます。

BLEACHのホワイトの強さは?

BLEACHのホワイトはどれくらい強いのでしょうか?

ホワイトは実は、

護延十三隊十番隊の隊長を務めていた志波一心と釣り合うくらいの実力

を持っていました。

志波一心は主人公の一護の父親でとても強い人物です。

また、ホワイトは噛みついたところから人の中に転移できます

そういった能力を持っているのはBLEACHではホワイトだけです。

なので、ホワイトは特有の強さを持っています。

そもそもホワイトさんとは?

ホワイトさんはどういうキャラクターなのでしょうか?

BLEACHに登場する悪霊の中でも藍染惣右助によって生み出された改造虚です。

白い仮面に黒い2本の角が生えた人型の虚で黒い鎧を着ています。

その下に見えている肌が白いため、

東仙要から「ホワイト」と命名されたのが由来

です。

ホワイトは60巻から漫画に出てきます。

ホワイトは主人公の一護の母親である真咲に嚙みついて自分を転移させました。

虚化の症状に苦しめられる真咲・・・。

ですが、一護の父親の一心が虚化を食い止めました。

その後に一心と真咲の間に一護が生まれました。

ホワイトの力は一護に受け継がれました。

なので一護の中にホワイトの力が宿っています。

ホワイトさんは過保護?

ホワイトさんは過保護という噂がありますが、本当なのでしょうか?

調べたところ、ホワイトさんは

かなりの過保護

ということが分かりました。

ホワイトさんの過保護と言われている点は、一護のために

・命の危機の時には一護の命を守る
・修行に付き合う
・再起不能に陥った時には完全虚化の姿となり暴走

しました。

一護のことが大切なのが良くわかりますね!

ホワイトさんが過保護ということが分かりましたね!

白一護はいい人で優しい?

白一護はいい人で優しいのでしょうか?

白一護とは実はホワイトのことなのです。

主人公の一護が生まれた後はホワイトは内なる虚として「白一護」と言われます。

一護の精神の世界で一護とそっくりですが、髪も服装も真っ白です。

ホワイトは、

一護にとても優しい

です。

一護のピンチの時には一護のために動いて一護を必死で守ります。

男らしいところ格好良いとホワイトさんが人気なのがこの点ですね!

本当はホワイトさんは荒っぽいところがありました。

なぜかというと、一護の体を乗っ取ろうとしていたからです。

ですが、精神世界で一護に負けてからは一護のために力を貸しています。

一護のために優しいのは一護の強さを知っているからかもしれませんね!

白一護のアニメの登場回は?

白一護のアニメの登場回はどの回なのでしょうか?

調べてみると、

初回の登場回は仮面のみですが第19話

ということが分かりました。

白一護はそれ以降も一護の中にいるので意外と登場回が多いです。

同化しているキャラクターと喋れるというのはすごいですよね!

ドラゴンボールで言うと、悟天とトランクスのフュージョンがあります。

ですが、フュージョンすると全く違うキャラクターになってしまいます。

なので、性格も全く違うしフュージョンの間の記憶もありません。

一護とホワイトさんはすごいなと思ってしまいました!!

ブリーチの関連記事一覧

ブリーチに関する記事はまだまだたくさんあります!気になるものをクリックして見ていってねー!

主要キャラ関連記事

 仲間 関連記事

敵 関連記事

その他関連記事

まとめ

ということでこの記事では

  • BLEACHのホワイトの強さは?
  • BLEACHのホワイトとは?

以上についてお伝えしてきました。

Q.BLEACHのホワイトの強さとは?
→人に噛みついて自分を転移させられる。

Q.BLEACHのホワイトとは?
→藍染惣右助によって生み出された改造虚で、東仙要からホワイトと名付けられたキャラクター。

BLEACHのホワイトは人へ転移できるという不思議なキャラクターですよね。

一護の体を乗っ取ろうとしたのにもかかわらず、一護に対して過保護です(笑)

なんだか本当に良いキャラクターになりました!

真っ白だからホワイトなんじゃないかなと思えてしまいます!

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA