ネタバレ

鬼滅の刃【172話】ネタバレと感想!

この記事では『鬼滅の刃』172ネタバレ感想をお伝えしていきます。

\他の話数のネタバレは⇩から見れます/
全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回
171話へ 172話 173話へ

\『鬼滅の刃』が無料で読める/
U-NEXTで無料で読む

☆31日間の無料トライアルあり☆
登録から31日以内に解約すれば料金がかかりません!

『鬼滅の刃』172話のネタバレ

必ず倒す

先程の斬撃で、血が噴き出る中、ボトっと実弥の指先が2本落ちます。

殆ど反応が出来なかったと悔しがる実弥。

指2本で済んだのは、悲鳴嶼がチェーンで黒死牟の攻撃の軌道を変えてくれたからだと察します。

傷を負えば負うほど動きが鈍くなり、稀血も効果がなく足を引っ張らないようにと、思う実弥。

しかし長い刀を素早く振りかざす黒死牟の攻撃を避けて、更には斬り込めに行けるのか…考えます。

愈史郎の眼を付けた鴉がこの状況を輝利哉たちの元へ伝えています。

くいなとかなたは、この場所へ義勇や炭治郎を向かわせる事を提案しますが、その2人は無惨の元へ向かわせるよう輝利哉は指示を出します。

“上弦の壱は、必ず悲鳴嶼、実弥、無一郎、玄弥が倒す”そう言います。

輝利哉の読みが当たる事を心から願います!

連続攻撃

月の呼吸 漆ノ型 厄鏡・月映え!!

速さも攻撃範囲も倍以上に伸びている黒死牟。

月の呼吸 捌ノ型 月龍輪尾!!

攻撃を避ける事に力を入れてしまい、黒死牟に近付けず頚を狙えずにいます。

月の呼吸 玖ノ型 振り月・連面!!

次々と技を出され、避ける際に背中を斬られた実弥。

ズダっと崩れ落ちる実弥を心配する悲鳴嶼に、俺には構うなと言います。

月の呼吸 拾ノ型 穿面斬・蘿月!!

技が実弥に直撃しようとする所を、無一郎が助け出します。

無一郎は、まだ両手で刀が振れる実弥を死なせないと言います。

ここまで連続で技を出されたらなかなか近付けないですよね…。無一郎、間一髪で助けてくれました!

弱い人の可能性

黒死牟と悲鳴嶼の戦いを柱に隠れながら見ている玄弥。

役に立つ事が自分に出来るのだろうかと、心配しドクンドクンと脈が上がります。

また黒死牟にすぐ気付かれ、胴体を斬られてしまわないかと思います。

兄や悲鳴嶼、無一郎を死なせたくない思いはありますが、自分は柱ではなく弱い事を悔しく思います。

失敗できない思いが、体を強張らせ怖くなり動けなくなる玄弥。

その時ふと炭治郎の言葉を思い出します。

炭治郎が上弦の陸と戦った時、1番弱い自分が状況を変えられたのだと。

敵はより強い人を警戒しており、弱いと思われている人には警戒の壁が薄いのです。

そのため“1番弱い人が1番可能性を持っている”

予想外の動きで勝利へ導ける事が出来ると炭治郎は言います。

この言葉を思い出した玄弥は、勝つ事だけを考え、仲間を死なせない事だけを思い、攻めの姿勢を見せます。

そして黒死牟の折れた刀の刃先を飲み込むのです。

髪の毛に続いて、刀の刃先まで…!玄弥の決意は本当に尊敬ですよね!

『鬼滅の刃』172話の感想・考察

黒死牟の斬撃で指を落とす事になってしまった実弥でしたが、

悲鳴嶼が攻撃の軌道を変えていなかったら、腕ごと落とされていたと思うと、凄まじい攻撃力ですよね…。

しかし悲鳴嶼の機転も素晴らしいうえに、自分だけでさえ避けるのが大変なのに、お互いに助け合いながらの戦い方も素晴らしいですよね!

無一郎の助けもありましたし、玄弥は髪の毛に続き刀の刃先も食べて戦いに挑もうとしているので、

まだまだ攻撃の速さが増している黒死牟ですが、輝利哉が言うように、この4人で倒して欲しいと思います!!

次回も楽しみにしましょう〜!

\『鬼滅の刃』が無料で読める/
U-NEXTで無料で読む

☆31日間の無料トライアルあり☆
登録から31日以内に解約すれば料金がかかりません!

\他の話数のネタバレは⇩から見れます/
全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回
171話へ 172話 173話へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA