ネタバレ

鬼滅の刃【140話】ネタバレと感想!

この記事では『鬼滅の刃』140話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

\他の話数のネタバレは⇩から見れます/
全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回
139話へ 140話 141話へ

\『鬼滅の刃』が無料で読める/
U-NEXTで無料で読む

☆31日間の無料トライアルあり☆
登録から31日以内に解約すれば料金がかかりません!

『鬼滅の刃』140話のネタバレ

無限城

落下し続ける炭治郎。

(何だここ‥?!上下左右めちゃくちゃだ!血鬼術で造られているのか?!)

(前後の状況はわからないが、珠世さんが無惨を抑え込んでいるようだった。でもそれもいつまで保つか‥!一刻も早く無惨の所へ行かなければ!!)

このままでは建物の底に叩きつけられて死ぬと思った炭治郎は、技を繰り出そうとします。

が、体勢が悪い上に落下の圧により踏ん張りがききません。

ガッ!

炭治郎の羽織が誰かに掴まれました。

義勇さん!!ありがとうございます助かりまし‥?!

お礼を言う暇も与えず炭治郎のすぐ背後に鬼が現れます。

《水の呼吸 壱ノ型 水面斬り(みなもぎり)》

素早く反応し鬼の頸を切る炭治郎。

安心したのも束の間、その鬼の背後の襖より鬼の大群が現れます。

《水の呼吸 陸ノ型》

《水の呼吸 参ノ型》

《ねじれ渦》・《流流舞い(りゅうりゅうまい)》

炭治郎と富岡の同時に繰り出された技により鬼達は消えました。

富岡は炭治郎の僅かな動きで何の技を出すか把握し、お互いが斬り合わないように動いた様子。

そんな富岡に強く感心する炭治郎に対し、何もなかったかのようにいつも通り無表情な、富岡でした。

 

炭治郎達が落下した場所は、琵琶を持つ上弦の鬼、鳴女が作り上げた”無限城”。

今回落とされたのは炭治郎と柱だけでなく鳴女に捕捉されていた鬼殺隊員、全員が落とされています。

義勇さん‥!いつもぼんやりしていますが、しっかり決めてくれますね!やっぱり凄いです!

悲しみを怒りに

炭治郎達同様、鬼の大群に遭遇している伊黒と甘露寺。

《蛇の呼吸 伍ノ型 蜿蜿長蛇(えんえんちょうだ)》

伊黒は蛇の形を辿るかのような動きで全ての鬼の頸を切り、一言。

甘露寺に近づくな。虫螻共。

そんな伊黒を見ていた甘露寺は頬を染め、キャーーッ!と心の中で叫ぶのでした。

 

湧いてくる鬼の頸を切りながら共に行動する、悲鳴嶼と時透。

悲鳴嶼曰く、この無限城で大量に湧いてくる鬼は下弦の鬼程度の力を”持たされて”いるよう。

‥お館様は?

時透が聞きます。

一足先に逝かれた。悲鳴嶼の回答に、自ら囮になったのだと気付く時透。

お館様は鬼に襲われ生死の境を彷徨っていた僕を、ずっと励ましてくださった。

同じように今際の際の隊士たちには、みんなに、そうしていた‥まるで父のように。

無惨は僕の兄だけでなく僕たちの父まで奪った。

無惨‥!あいつ‥!嬲り殺しにして地獄を見せてやる!!!

涙を流しながら、そう強く話す時透。

大丈夫‥皆同じ思いだ。

そう時透に言った悲鳴嶼の顔は血管が浮き出ており、纏う空気は悲しみなど既になく、強い怒りを感じるものでした。

 

畳の上に1人座っている不死川。

お館様を守れなかったことを悔やんでいる様子。

横から鬼が現れますが、技も出さず一振りで撃退。

その後も絶えず湧いてくる鬼達に、

かかって来いやァ。皆殺しにしてやる。

そう笑いながら話す不死川の頬には、涙が伝っているのでした。

皆んなの涙を流す姿にグッとくるものがありました。そんな中での伊黒くん蜜璃ちゃんコンビは和みますね(笑)

睡蓮

猪突猛進ッ!!

状況は全く分からないが修行の成果を試すのに丁度いいとはしゃいでいる伊之助。

(何なんだここ‥)

額に汗をにじませ必死で走りながら皆んなの無事を願う玄弥。

絶対にアイツを許さない。

探していたアイツの音が聞こえ、近くにいるかもしれないと聞こえた音の方へ向かう善逸。

 

(血の匂いがする‥。)

血の匂いを感じた先の扉を静かに開け、中を覗く胡蝶。

そこには、ボリボリと音を立てながら何かを喰らう1人の男の後ろ姿が。

睡蓮が浮かぶ池に架かる木道の上には、血だらけの大勢の女達が横たわっています。

ん?と背後の気配に気付いたその男は顔を胡蝶に向け、こう話しました。

あれぇ来たの?わあ、若くて美味しそうな女の子だ!後で鳴女ちゃんにお礼言わなくちゃ。

その男の右目には”弐”の文字が刻まれているのでした。

強敵現る!!!最初に上弦に遭遇したのはしのぶさんでしたか‥。がんばれしのぶさん!

『鬼滅の刃』140話の感想・考察

ここからの舞台は鳴女という鬼が造った無限城のようですね。

無限城は鳴女次第で形を変えられるので、鬼ずるくない?とも思いますが、ここは我慢して皆んなを応援しましょう(笑)

それにしても伊之助のメンタルはどうなっているんでしょうね‥?

突然訳の分からない所に落下して、しかもその場所には下弦級の鬼がうじゃうじゃ。

間違いなく玄弥の反応が正しい(笑)

絶対何かあったであろう善逸は置いといて、伊之助のあの動じなさ!!!

本当に素晴らしいです。さすが山の王!

戦闘での活躍も楽しみですね。

次回も乞うご期待です!

\『鬼滅の刃』が無料で読める/
U-NEXTで無料で読む

☆31日間の無料トライアルあり☆
登録から31日以内に解約すれば料金がかかりません!

\他の話数のネタバレは⇩から見れます/
全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回
139話へ 140話 141話へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA