アニメ映画

映画版ブリーチの地獄篇はつまらない?理由や続きの読み切り登場について

映画版ブリーチの地獄篇がつまらないと話題になっています。

ブリーチは2018年2月時点で国内では9,000万部、全世界では1億2,000万部を突破している大人気アニメです。

どうして映画版ブリーチの地獄篇はつまらないと評価されてしまったのか?

また、本当につまらないのでしょうか?

そこでこの記事では、

  • 映画ブリーチの地獄篇がつまらないと言われる理由は?
  • 映画ブリーチの地獄篇の読み切りが登場?
  • 読み切りの続きはある?

以上についてお伝えしていきます。

劇場版ブリーチの地獄篇はつまらない?

劇場版ブリーチの地獄篇がつまらないと言われていますが、どうしてなのでしょう?

調べたところ、ブリーチの話で地獄がちゃんと表現されて出てきたのは始めてだったそうです。

1話に地獄について少し出てきたのにやっと地獄の場面の戦闘シーンが描かれているということで楽しみにしていたファンは多かったはずです。

ですが、

人気の護延十三隊の戦闘シーンが出ていないことが残念と思うファンが多かった

のが原因ということが分かりました。

映画ブリーチの地獄篇では初めて主人公メインで映画が作成されています。

虚圏に突入した時のメンバー「一護・ルキア・恋吹・石田・チャド」の戦闘シーンが見られるのはとてもファンとしては見どころです。

また、主人公メインというのが初めてで楽しかったと思う人も多かったそうです。

ですが、主人公よりも人気のキャラクターの護延十三隊の戦闘シーンが見られなかったのが残念と思う人が多かったので、つまらないという感想を持たれてしまったのでしょうね。

この感想はブリーチファンの中でも賛否両論があって、主人公と護延十三隊のどちらが好きかの論争も起きたほどです。

まるで、鬼滅の刃の竈門炭治郎と煉獄杏寿郎みたいだなと思いました。

アニメ全体を通しての主人公の竈門炭治郎と映画の無限列車編の主人公の煉獄杏寿郎はファンの人気投票でも上位争いがすごいです!

無限列車編で亡くなってしまって、その後のストーリーに登場しなくても人気が続くのは主人公としても隅に置けない存在なのかもしれません。

そういう意味では、ブリーチの主人公一護にとって護延十三隊はずっと物語に登場するので、強敵かもしれませんね!

地獄篇の脚本のせい?

映画ブリーチの地獄編は、ブリーチの映画では作画がとても綺麗と話題になりました。

せっかく作画が綺麗なのに脚本が悪いんじゃないか?と言われてしまうほど。

ブリーチ作者の久保帯人さんも脚本家の方と打ち合わせでたくさん案を出していたそうです。

ですが、脚本が手元に届いた時には打ち合わせの内容が入っていなかったそうです。

打ち合わせで出したアイディアが監督やスタッフに伝わっていなかったと話しており、その後も脚本家の交代をしたりした結果・・・・。

交代した脚本家が頑張ってくれたが時間がなかった

と語られています。

ブリーチ作者の久保帯人さんも納得していない出来だとするとファンがつまらないというのも無理はないかもしれませんよね・・・。

ブリーチの地獄篇の続きが読み切りで登場?

映画で終わっていたと思っていた方も多いと思いますが、ブリーチの地獄篇の続きが読み切りで登場したそうですが、本当なのでしょうか?

調べてみたところ、読み切りで登場したのが「地獄」をめぐるストーリーです。

なので映画ブリーチ地獄篇の続きなのでは?と話題になっているということが分かりました。

詳しく解説していきます。

地獄篇の設定変わった?

地獄篇の設定が変わったの?というファンの疑問が多いみたいですが、どうなのでしょうか?

調べてみたところ、新作読み切りで登場したストーリーで描かれているのは同じ「地獄」が描かれていています。

ですが、本編が最終回を迎えた後の物語という設定ということが分かりました。

なので、

「地獄」が描かれているものの地獄篇の続きではない

ということが分かりました。

地獄篇の読み切りって続きあるの?

この読み切りは、事前情報ではあくまで読み切りということになっていました。

ですが、本編のエピローグのような話になっていたため一部のブリーチファンの間では「新章が始まる!!」と話題になっていました。

新章では「地獄」がテーマに描かれていきそうです

映画では制作が思うようにいかなかったという久保帯人さんの考えもあったため改めて「地獄」について描かれていきそうですね!

ブリーチの関連記事一覧

ブリーチに関する記事はまだまだたくさんあります!気になるものをクリックして見ていってねー!

主要キャラ関連記事

 仲間 関連記事

敵 関連記事

その他関連記事

まとめ

ということで、この記事では

  • 映画ブリーチの地獄篇がつまらないと言われる理由は?
  • 映画ブリーチの地獄篇の読み切りが登場?
  • 読み切りの続きはある?

以上についてお伝えしてきました。

Q.映画ブリーチ地獄篇はどうしてつまらないという感想が多いのか?
→人気の護延十三隊の戦闘シーンがないから。

Q.地獄篇の読み切りはあるの?
→地獄篇の読み切りではなく、新たな地獄が書かれている新章のエピローグの物語。

この記事では、映画ブリーチの地獄篇がどうしてつまらないのかについて詳しく解説してきました。

主人公のファンからしたらやっと主人公の一護の主役の映画という待望の物語だったと思います。

ですが、主人公と人気を二分するくらいの護延十三隊の戦闘シーンを見たかったという人が多かったのもこの感想になった原因でした。

ですが、読み切りで出ている地獄との関連もありそうなので、一度見てみる価値はありますよ!

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA