アニメ・漫画

「リーマンズクラブ」のあらすじと見どころは?感想や評判まとめ

「リーマンズクラブ」ってどんなストーリーなの?全体のあらすじが知りたいなぁ?
「この「リーマンズクラブ」を見た人の評判とか感想ってどうなんだろう?面白いのかなぁ?

この記事はそんな方に向けて

この記事では

  • 「リーマンズクラブ」のあらすじや見どころは?
  • 「リーマンズクラブ」の感想や評判は?

についてお伝えしていきます。

https://taa-channel.com/rymansclub-douga-26108

「リーマンズクラブ」のあらすじ

アニメ「リーマンズクラブ」は、ライデンフィルム制作のオリジナルスポーツアニメです。

舞台はある会社の弱小バドミントンチーム。

主人公の白鳥尊(しらとり みこと)は、インターハイにも出場経験のある優秀な選手でした。

天才的な観察眼を持ち、活躍を期待された尊。

しかし、出場したインターハイで尊のバドミントン人生を左右するような出来事が起こります。

その出来事をきっかけに、思うようなプレーができなくなってしまった尊。

その後も強豪ミツホシ銀行に選手として所属していましたが、クビになってしまうのでした。

再起をかけ、サンライトビバレッジに入社した尊。

しかしサンライトビバレッジのバドミントンチームは、ミツホシ銀行とは真逆の弱小チーム。

さらに選手としてだけではなく、社員としての仕事もこなさなくてはなりません。

そして同じバドミントンチームで待ち受けていたのは、先輩社員の宮澄建(みやずみ たつる)。

ガサツで普段から暑苦しい建と、仕事もバドミントンもペアを組むことになってしまった尊。

神童と呼ばれた天才プレーヤー白鳥尊と、暑苦しいおじさん宮澄建のコンビ。

新人社会人とガサツなバドリーマンの出会いが、尊の夢を再び呼び覚まします。

諦めかけていた夢がまた輝きだすストーリー展開は必見です!

「リーマンズクラブ」の見どころ

「リーマンズクラブ」はどこが面白いのか、見どころについて解説していくよー!

見どころ①登場人物がイケメンぞろい!

https://twitter.com/ari_ari01519037/status/1469870945980792832

「リーマンズクラブ」の公式ページやキャラクターデザインなどをもうチェックした方も多いですよね。

たまにお笑い系もいるような感じもしますが、ほとんどがイケメンぞろいのキャラクターです!

キャストも榎木淳弥さん、三木眞一さん、石川界人さんたち豪華声優陣がそろった「リーマンズクラブ」!

もう期待しかありません!

見どころ②PVからすでに人気確実の予感!

オリジナルアニメとなる本作品。

原作がないので、ストーリーの結末などまだ明らかになっていませんね!

「リーマンズクラブ」のPVが解禁され、続々と視聴されていますが、スポーツアニメならではの熱いストーリー展開が予想されます。

新人社会人とガサツだけど優秀な営業マンのダブルス!

主人公、白鳥尊のトラウマになっている出来事、あきらめた夢とは一体なんなのか。

バドミントンの激しい試合の描写も描かれ魅力満載です!

見どころ③OPは「Novelbright」初のアニメソング!

https://twitter.com/rymansclub_PR/status/1473851612687126528

「リーマンズクラブ」のOP主題歌を務めるのは、ヴォーカル竹中雄大さんの心揺さぶる圧倒的歌唱力で有名なロックバンド「Novelbright」!

「Novelbright」も初のアニメソングということでかなり力を込めた曲になっています。

白鳥尊たちの熱い想い、自分の力を信じて前に進む強さを込めた「The Warrior」。

「リーマンズクラブ」のストーリーを盛り上げる名曲になること間違いなしです!

「リーマンズクラブ」の感想や評判

「リーマンズクラブ」を見た人が面白いと感じたのか感想や評判を載せていくよー!

アニメを見た感想

1話目
京都の強豪実業団にいた尊がクビを言い渡されるのも辛いし、頑張ろうとした試合でトラウマを思い出してショットが打てなかったのは可愛そうでした。

浦和のサンライトビバレッジからオファーがあったのは良かったですね、出勤途中で酔っ払いに声を掛けられて助けてしまうなんてお人好しですね。

ネクタイで遊ばれて営業部に配属なんて大変ですね、他部署に同級生がいて少しは気が楽ですね。

昼間は仕事をして練習は4時からとは弱いチームは大変、練習場が小学校で男子小学生にツッコミ入れられるとか笑えました。

初出勤の蝶ネクタイがウケて噂が走るのは早いですね、しかもシングルだと言い張っていたのにダブルスをやる事になって波乱の予感は楽しみです。

尊が宮澄で試合をする事になって先読みで得点していくのは気持ちよかったけどフェイントに引っ掛かったりトラウマに悩まされたりして同様しているのは可愛そうでした。

試合に負けた尊はダブルスで宮澄とペアを組むことになって楽しみですね、寮も一緒だし仕事もバドもずっと一緒で笑えます。

夕方の公園で小学生にバドリーマンと名乗る宮澄のノリの良さは力が抜けて和みます。

まず、私はバトミントンの知識がないのですが、それでもこのアニメはついていけます。

また、主人公の尊と同僚の建の掛け合いがボケとツッコミで面白いです。

それから、キャストも主役が榎木淳弥さんで、遣が三木眞一郎さんで豪華だなと思いました。

あまり知らなかった社会人のスポーツ活動を、尊を通して観ていけるのが楽しいです。

悩みを負った尊と最下位のバトミントン部という組み合わせに、今後の成長が期待されます。

登場人物は皆カッコイイし、特に監督の大野が、見た目も言葉も強面なのも面白いです。

しかし、尊のダブルスは波乱が待っていそうで今後が気になります。

2話目
尊が仕事先で大きな失敗をした時はどうなる事かと思いましたが、その先には窃盗犯を捕まえる事に続いていたのでほっとしました。

試合でも最初は全く良い動きができなかったのですが、建とチームワークが取れて段々と本来の能力が発揮できたのは良かったと思います。

彼らの成長が楽しみです。

尊は健と仕事に行くけど尽く意見が合わなくて面白いです、練習では息が合わなくてぶつかってしまうと尊はトラウマを思い出して動けなくて震えているのは可愛そうでした。

仕事に興味の無い尊が転んで取引先の社長の車にキズを付けるとかやらかしましたね、万引き犯を捕まえたら良かったけどハラハラしました。

尊は未来予知が出来るらしく昔から人間観察をしていたからとは良い目を持ってますね、健は新商品企画をやってみろと仕事の話を振ってさすが仕事も忘れて無いのは偉いです。

試合は強豪チームが相手で舐められるし煽られるし乗りが軽い、他のメンバーのプレーも見られるのは楽しかったです。

尊はダブルスに慣れていないし、先読みが出来ないし、トラウマでスマッシュが出来ないしダメダメでしたね。

尊が健を信じて後ろを任した途端に良い感じになってドキドキしました、負けてしまったのは残念だけどペアを組んだばかりでしょうがないですね。

健に飛べなくなったのがバレるし、怪我させただろう元ペアが登場してこれからが楽しみです。

まず、スポーツに関するアニメは練習か試合の場面が多いのですが、これは主人公の尊が会社の仕事をしているときも描いているので珍しいなと思いました。

また、尊と同僚の建の掛け合いも相変わらず面白いです。

それから、バトミントンの試合が解説なしでよくわかります。

3話目
今回はバトミントンの事ではなく、尊らの仕事ぶりがメインだったのも良かったです。

尊が「ネギジンジャーエール」を提案したのや、それを商品化へ向けてみんなが提案していくのも面白く聞き入ってしまいました。

尊がパソコンを全然使いこなせていないのも笑えました。

サラリーマンとして仕事している姿が見れて、それが社会人スポーツマンなんだなとリアリティを感じました。

後半では尊の心につかえていたことを話すシーンもあり、これをきっかけに尊と建の距離が縮まっていくのかなと今後の展開も楽しみなりました。

品質保証部の碓山もバトミントンをやっていたらしいのでチームメイトになるのかと思うと楽しみですね、尊の出した企画書が候補に残ったのは凄いけど企画と合宿のダブルで大変ですね。

尊は企画書とはからで唖然としますね、ネギジンジャーエールとは発想が凄いけど企画部の佐伯だけじゃなく皆が次々と意見をだしてそれなりに形になったのは凄いけど尊のパソコン入力が一本打法とか今時の若者らしくて笑えました。

露天風呂で建に尊は高校時代のトラウマを打ち明けて嬉しかったし、健は俺がいると言ってくれて格好良かったです。

部屋では尊の誕生日の準備をしていてくれて嬉しいですね、健の発案なのもペアとして良い事だけど尊が飲み過ぎで全員を撃沈させたのは笑えました。

実業団大会の組み合わせが発表されると気合が入りますね、この間の雪辱を果たすと気合が入っているので楽しみです。

4話目
ネギジンジャーにかける想いが伝わってきて、更に普段食べていた深谷ネギの話題は、とても興味が持て楽しく観ることができました。

尊と梓馬の2人が出会う場面で、試合中にもかかわらず尊が立ち尽くす彼の姿がありました。

彼がその現実とどう向き合い、乗り越えていくのが今後に期待していきたいです。

尊のトラウマである立花からバトミントンに誘われた時を紹介してくれたのは切ないですね。

バトミントンの大会が始まったけど企画に上げたネギジンジャーの美味しさを追求するけど安全を重視する碓山の死んだような目と圧に気圧されて笑えます。

サンライトビバレッジは順調に勝っていて安心だけど、尊はネギの事で頭がいっぱいで農家にまで行ってしまうのは熱いですね。

健が男の子にバドリーマンとポーズを決めて楽しい、尊も男の子とバトミントンで遊んであげるとは意外でした。

試合はトマリ運輸の応援に竹田がビビっていたのは学生時代に公開告白で振られたせいだったとは痛々しいですね。

尊は立花と試合する事になって体が動かなくなってしまったのは可哀想でした、立花も気づいて会わなければ良かったなんて厳しいけど頑張って欲しいですね。

なかなかトラウマを乗り切れずにいた尊がようやく前へ進むことができて本当に良かったです。

打ち上げでは梓馬も良い相棒に巡り合えたのだなと感じましたし、べらぼうに酔っぱらっている尊が素直な気持ちを梓馬に伝えることができて良かったなと思います。

また、最後のCパートの健の意味深な言葉も気になるので、次回が待ち遠しいです。

5話目
尊がトラウマのせいで思うようにプレーが出来なくてハラハラしたけど梓馬が怒ってくれて感動しました、梓馬も悩んでいて憧れの尊が力を出せない事にショックを受けたなんて上手くいかないですね。

梓馬は学生の時に尊と比べられて劣っている自分に焦っていたのは可哀想でした、そんな時に事故を起こしてしまって辛かったですね。

その後リハビリや練習を頑張ったようでトマリ運輸の監督に期待されているのは凄いし、エースと組んで初試合とは思えない上手さでしたね。

健の励ましや梓馬が嬉しい時の癖を出して尊が元のプレーが出来るようになったのは嬉しかったです、飛ぶのも辛かったけど健が背中を押してくれて最後に決めたのは泣けました。

居酒屋では猿橋のどうでも良い話が場を和ませて楽しかったし、怪しいお酒を健が尊にすすめて本音を言わせたのは良い仕事しましたね。

尊は梓馬への思いが溢れて泣いて語るのは面白くもあり泣けました、やっと前に進めると思うとホッとします、また試合して欲しいですね。

当時の梓馬の葛藤と事故の時の様子が分かって、早くお互いに自分の気持ちをぶつけられたらいいのにと思っていたら、尊は梓馬から声をかけられたことで、昔のように集中したプレイがどんどん出来るようになり、嬉しくなりました。

さらに、それにより梓馬も成長していく様子がとても良かったです。

尊のトラウマになっている梓馬のことをもっと知りたいと思っていたので、今回はそのトラウマのことが梓馬目線で描かれていたのが凄く良かったです。

思っていたよりも尊と梓馬は凄く素敵なペアだったのだなぁと思えたし、頑張りすぎて無理をしてしまった梓馬のことが切なく感じました。

また、仕事モードではネギジンジャーエールの件で尊の成長が感じられてよかったです。

6話目

放送後に随時更新していきます。

7話目

放送後に随時更新していきます。

まとめ

ということでこの記事では

  • 「リーマンズクラブ」のあらすじや見どころは?
  • 「リーマンズクラブ」の感想や評判は?

以上についてお伝えしてきました。

バドミントンにかける社会人選手たちの熱い想いを込めたオリジナルアニメ「リーマンズクラブ」。

白鳥尊の過去に何があったのか、そして諦めかけた夢を再び追いかける姿は必見です!

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA