アニメ・漫画

「プリコネR2期」のあらすじと見どころは?感想や評判まとめ

「プリコネR2期」ってどんなストーリーなの?全体のあらすじが知りたいなぁ?
「この「プリコネR2期」を見た人の評判とか感想ってどうなんだろう?面白いのかなぁ?

この記事はそんな方に向けて

この記事では

  • 「プリコネR2期」のあらすじや見どころは?
  • 「プリコネR2期」の感想や評判は?

についてお伝えしていきます。

https://taa-channel.com/priconne-redive-2-douga-26259

「プリコネR2期」のあらすじ

「プリコネR」はSFファンタジーアクションアニメ「プリンセスコネクト!Re:Dive」の略称です。

アクションアニメの要素もありますが、異世界系日常コメディとして癒されるアニメとなっています。

舞台は、美しい仮想世界アストライア大陸。

主人公は記憶を失った少年、ユウキ。

お金、食べ物、生活に必要な知識を全く持ち合わせていない状態です。

そんなユウキのお世話をしてくれるのは、小さなガイドのコッコロ、腹ペコ美少女剣士ペコリーヌ。

そしてクールな猫耳魔法使いキャル。

偶然出会うことになったユウキと3人のヒロインたち。

4人は運命に導かれるように出会い、ギルド「美食殿」を立ち上げることになります。

それぞれの絆を深めながら冒険を進める4人。

1期ラストには、強大な敵・シャドウXとの攻防を繰り広げたギルド「美食殿」。

そしてペコリーヌが重大な秘密をみんなに打ち明けて終了した第1期。

さまざまな謎を残したまま、第2期としてユウキたちの冒険が再び始まります!

「プリコネR2期」の見どころ

「プリコネR2期」はどこが面白いのか、見どころについて解説していくよー!

見どころ①原作ゲームも大人気のプリコネ!

アニメ「プリコネR2期」の原作となるのはCygamesよりスマートフォン向けRPGとして配信されているRPG!

「アニメRPG」として制作されているため、ゲーム内のストーリーにアニメーションムービーが入り、ファンを楽しませてくれます。

そんなゲームがアニメ化されることで、また違った面白さのある「プリコネR」!

第1期は2020年4月7日から6月30日まで放送されましたが、すぐに第2期の制作が発表されたのも期待の表れですね!

見どころ②キャラクターがとにかくかわいい!

「プリンセスコネクト!Re:Dive」に登場するキャラクターは、メインヒロインだけではなくもれなく全員かわいすぎます!

ゲームからアニメを視聴したファンだけではなく、アニメを見てゲームを始めたファンも多いんですよ。

「プリコネR2期」では、ぜひ自分の推しキャラクターが登場することを願う声が多く聞こえてきます!

見どころ③原作にないシーンも見どころ!

原作ゲームになかったシーンがアニメで登場することもある「プリンセスコネクト!Re:Dive」!

「逆輸入」という形でアニメの名シーンがゲーム内のストーリーに反映されることもあります。

「プリコネR2期」もオリジナルシーンに期待が高まりますね!

「プリコネR2期」の感想や評判

「プリコネR2期」を見た人が面白いと感じたのか感想や評判を載せていくよー!

アニメを見た感想

1話目
気が付いたら野生動物に喰い付かれて拉致られそうな姿も、その体質を自ら利用して撒き餌のごとく木からぶら下がっている姿もいい!

相変わらずのユウキくんだよね~と頬が緩みっぱなしで、やっぱり美食殿ギルドが大好きだなぁと再確認しました。

平和な街で始まる日常は美食殿の面々も元気そうで良かった、美食を求めて冒険の旅に出るのもキャルが文句を言ったり、ユウキがやらかしてコッコロの口がキュッとなるのも相変わらずで戻ってきたと嬉しくなりました。

幻の調味料を求めて珊瑚の森に入ったのは良いけど迷子とか笑えます、魚三昧の日々にキャルがキレて寝込むとか猫なのにね、ユウキはやっぱりオオカミに狙われて平然としているのが凄いです。

ペコリーヌがユウキを囮にして獲物を捕獲するなんて大胆、魔物の肉を食べたと知ってキャルが粗相をして笑えます、ユウキ達も全員ダウンして面白かったです。

謎のおじいさんが助けてくれたけど冒険者仲間を救う為に案内したとかハラハラしました、コッコロが癒やしの魔法で救ってあげて優しいですね。

飛行機が登場したのはビックリだけど木と葉っぱでできていて可愛かったです、見つけたウミガメが巨大でワクワクしたけど雄で冒険者達が成仏したのは笑えました。

疲れて帰って来たけどキャルが残した野菜でコッコロがスープを作ってくれて美味しそうだったし癒やされました。

朝の澄んだ空気感や、ゆっくり進む時間が感じられ、冒頭から癒されました。

相変わらずペコリーヌもコッコロもキャルも可愛いです。

珊瑚の森は幻想的で綺麗でしたが、食べた魔物の肉のせいで次々と虹色の物を吐いて倒れていく美食殿のメンバーが面白かったです。

最後には家で美味しいご飯を食べてまったりと終わり、心が温かくなる感じがありました。

2話目
ヤスコさんとチャーリーさんと一緒に現れた、この毛だらけのモジャ男がお久し振りのイカッチさんで大歓喜。

出稼ぎへ行っていた間に、あの真ん中禿げもカバー出来る程に生え揃ったのねと、ママと呼んでヤスコさんに怒られる姿も含めて、安定のイカッチさんだわ~と笑ってしまいました。

依頼から帰った4人はすごい汚れていたが、満足そうな表情はすごく良い感じだった。

洗濯するコッコロの姿がかわいいのだが、その頃のキャルがカイザーに報告していたが、鋭く報告が漏れているのを指摘されており、震えているキャルが可哀想に感じた。

お気に入りだけに早く本当に笑えるキャルになって欲しい。

女王様がメチャクチャ怖かったけどキャルと血縁だったとは驚きましたね、キャルの態度とちぐはぐに見えるけど二人の関係が気になります。

美食殿の皆で採取したアイテムをユウキが依頼主に届けるとメジャーが飛んで来て笑える、迎えに行ったコッコロの口がキュっとなって可愛いしユウキがピンクの衣装で可愛かったです。

後から来たキャルも可愛い格好をさせられて似合っていたのに恥ずかしがって感情の起伏がジェットコースターですね。アイドルグループのカルミナとお茶しているのは和みました。

ユウキが親衛隊と仲良くなっていてコッコロ二度目のキュッは可愛かったです。

キャルに裏の仕事が来て心配したけどカルミナに歌に誘われて来たシャドウを倒したのは意外だったけど女王様の言う事を聞かない者なら納得です。

疲れたキャルの心を癒やすのはやっぱり美食殿の仲間で素直に皆の所へ帰ってくれて安心しました。

3話目
なかよし部回というより、ユニパイセン回でした。

本に埋もれているユニも目を輝かせて興味津々なユニもとても可愛かったです。

森の中で一人ずつ消えていく演出がホラーっぽくて面白くて、アオイがキャルの首を捻ったのは笑いました。

最後にユニのモノローグで終わり、しっとりしたEDで余韻に浸れて、神回だと思います。

ユウキが買い物をしていると怖い木の置物が見つめてきてスルーしようとしたのが笑える、アオイが学院に通うなんて凄い進歩だけど話を聞いている後ろにアユミがチラ見えして気になりました。

アオイと一緒に行った図書館は雰囲気が良くて素敵だけど本に埋もれたユニは寝ながらおにぎりを食べて器用ですね。

森の怪異を調べる事になってお礼がキノコの原木とはアオイらしい、美食殿の皆で参加して肝試しみたいで楽しいです。

ユニが持っていた石が喋ったかと思ったら怖い声を出して一人ずつ消えていくなんて怖い、アオイが作った人形達と喋っていた事を隠そうとしていたなんてビックリでしたね。

謎の現象はエルフの王様の幽霊だったとは悲しい過去だったけどペコリーヌのおかげで解決したのは心が温かくなりました。

ユニが世界の真理を追い求めるなんて素敵だし、アオイが学院に友達が出来て全員でご飯食べているのは微笑ましかったです。

聖テレサ女学院で囁かれている怪異の件は、だいじょうぶマイフレンドくん1号だけでは足りず、その他大勢を作り何役もこなしていました。

アオイちゃんの話し声だったと解決したけれど、一瞬でもガイコツ王の記憶へ誘われたのは、やっぱりペコリーヌさんがプリンセスであることと関係がある様に感じました。

4話目
待ちに待ったカォン登場回でした。推しのマホが1期に出なくて残念だったので、この日を楽しみにしていました。

カスミがメインなのかなと思っていましたが、みんな台詞も多く、活躍していて良かったです。

戦闘の作画が素晴らしく、迫力がありました。1話完結ではなく次回に続く終わり方だったので、とても気になります。

怪獣島にユウキたちはいたのだが、大きい化け物を見て絶対に無理だと逃げまくっていたが、キャルがぺコリーヌの下敷きになってしまい、大泣きしていた姿はかわいいと思った。

ユウキはそれを見て立ち向かうが、簡単に飛ばされてしまい、鳥の化け物に咥えられて消えたのは笑ってしまった。

巨大蛙に見える怪獣と戦っていつも通りキャルが文句言ってると思ったらユウキが飛ばされて鳥に連れ去られる展開の早さに二度見しました。

マコトとマホとカスミに助けられて安心だけど倒した怪物をペコリーヌが料理して骨だけになっているのは凄い、知り合った3人もドン引きでやっとキャルの理解者が現れましたね。

皆でシャドウを探すがユウキが探偵ごっこを楽しんでいて無邪気ですね、シャドウの中にカスミと同じ姿をした者がいたのは怖かったです。

ネネカという少女が現れて共闘を申し入れて来たけどゴーレムを乗っ取らえてしまって街を襲って来たのは迫力ありますね。

草原に無数のシャドウは某映画を彷彿させるし、ゴーレムの中は黒いドロドロで気持ち悪かったけどペコリーヌの攻撃で倒せると思ったのに突然、消えてしまうなんてビックリです。

キャルが持っていた指輪が光ったけど女王様の罠だったとは怖い、ペコリーヌを城に呼んで何をするのかドキドキしました。

5話目
ペコリーヌが城に転移させられて攻撃を受けているけど女王様は余裕な態度で怖い、言葉で精神攻撃してきてペコリーヌも流石に怯んで可愛そうでした。

ユウキはアメスに歪が出来ていると教えて貰うけどシャドウの大群が向かって来て怖いですねカスミに瓜二つの少女キーリを狙っているようだけど何者なのかドキドキします。

突然の光でキーリが消えそうになるし、助けようとしたユウキが苦しそうだし、アメスも限界でハラハラしました。

ユウキは一度カイザーにやられてアメスとラビリスタにやり直しして貰えたとは驚きですね、新しい人生でも戦う事を選んで感動するし、ペコリーヌも前向きで安心しました。

ペコリーヌが空から降って来てユウキが見つけて物凄い光で倒したのは泣けました、キャルも泣いてみんな無事で良かったです。

カイザーの所でネネカが眠っていたのはビックリだけどこの少女も何者なのか気になります。

ぺコリーヌの姿が消えた事を心配する前に、大きな怪物とシャドウをどうやって対処するのかと思っていた。

その頃ぺコリーヌは前に居たお城に空間転移させられていたが、その目の前にはカイザーが待っていた。

ぺコリーヌにはかなり不快な話を進める為に立ち向かうぺコリーヌの力が弱くなってしまったのは仕方ない状況に感じた。

まだ半分も言っていないというのにもう最終回か!?っと思わせる展開でした(ラストのぺコリーヌとキャルの下りも1期の最終回っぽい雰囲気でしたし)。

皇帝との決着はまだな当たり最終回ではないと物語ってますが(?)OPの歌詞にあるバッドエンドのその先へがいよいよ現実味を帯びてきた展開に感じました。

6話目
命を持たない物を動かしていた緑色のウネウネの正体はまだ分からないままだった。

ですが、コッコロちゃんが目撃した路地裏の2人組の1人は闇医者・ミツキだったので、街で噂になっているヤバいポーションと関係があるのでは?と疑ってしまいました。

ユウキが謎の騎士のクエストを見て、みんなに話すとぺコリーヌがそんなのがいるとおいしいご飯が食べられなくなると怒っていたのは彼女らしいと思った。

今度はやばいポーションの話を聞いたユウキはすぐにクウカを発見してしまい、危ない本で萌えていたがユウキはすぐに危ない本を燃やしにかかったのは面白い。

スパイ活動をしているはずのモニカが普通に冒険者をしているのがポンコツだし、揃えたメンバーが変態揃いで笑えます。

ユウキが道端の猿のおもちゃで遊んでいて無邪気で可愛い、ミツキの名前が出た途端に怯えたのも可愛かったですね。

見つけた赤い髪の女の子がエッチな本を大量に持っていて強制的に燃やしたのは笑えたし、お仕事しっかりやったと満足気なのもユウキにしては珍しく強気で笑えました。

街に出没する騎士が王国騎士団の団長の物だったとは驚きですね、トモやマツリが探していて団長思いなのがほっこりします、クリスティーナも様子を見に来てくれて良い奴ですね。

モニカがまぐろ漁船に乗せられそうになって謎のネバネバで一攫千金を狙うとかダメダメですね、ネバネバを掘り当てて大量に溢れ出させたのは呆れました。

ネバネバが団長の鎧と合体して大変な事になったけど街の人も手伝って一丸となるのは心が温かくなりました、モニカはもうちょっと上手く立ち回れるようになると良いですね。

7話目

放送後に随時更新していきます。

まとめ

ということでこの記事では

  • 「プリコネR2期」のあらすじや見どころは?
  • 「プリコネR2期」の感想や評判は?

以上についてお伝えしてきました。

Cygamesのスマートフォン向けRPGが原作の「プリンセスコネクト!Re:Dive」。

1期での謎がどこまで解明されるのか、見どころ満載です!

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA