未分類

「トライブナイン」のあらすじと見どころは?感想や評判まとめ

「トライブナイン」ってどんなストーリーなの?全体のあらすじが知りたいなぁ?
「この「トライブナイン」を見た人の評判とか感想ってどうなんだろう?面白いのかなぁ?

この記事はそんな方に向けて

この記事では

  • 「トライブナイン」のあらすじや見どころは?
  • 「トライブナイン」の感想や評判は?

についてお伝えしていきます。

https://taa-channel.com/tribe-nine-douga-25915

U-NEXT<ユーネクスト>※商品リンクあり 大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】

「トライブナイン」のあらすじ

「トライブナイン」(TRIBE NINE)  は、ゲームを原作とする野球バトルアニメです。

舞台は20XX年の「ネオトーキョー国」。

社会に希望を持てず、居場所を無くした若者たちは、「トライブ」を結成します。

そしてトライブ間の争いは、徐々に激しくなりつつありました。

政府この状況に危険を感じ、トライブ間の抗争をエクストリームベースボールに限定する法律を施行します。

その名も「XB法」!

投げて、打って、そして殴り合う。

社会に絶望を感じる若者たちが自分のプライドをかけ、この過激なゲームへとはまっていくのでした。

気が弱いいじめられっ子の「白金ハル」。

最強の男となるべく海を渡りやってきた「タイガ」。

この2人の少年はある日、最強XBプレーヤーかつミナトトライブリーダー、「神谷瞬」と出会います。

またその頃、ネオトーキョー国王「鳳天心」がトライブの制圧に動き出していました。

国王「鳳天心」の命令でトライブの制圧に乗り出した謎の男「鳳王次郎」。

「鳳王次郎」率いるチヨダトライブの魔の手は、ミナトトライブにも襲い掛かろうとしています。

自分を変えるため、最強の男となるため、純粋にXBを楽しみたい。

それぞれの願いを胸にXBの打席に立つハル、タイガ、神谷の熱い想いは必見です!

「トライブナイン」の見どころ

「トライブナイン」はどこが面白いのか、見どころについて解説していくよー!

見どころ①迫力のある激しいバトルシーン!

アウトローな若者が中心となる「トライブナイン」!

戦闘手段は「野球」であり、「野球」ではない激しいバトルが繰り広げられます!

またハル、タイガ、神谷たちの成長や「鳳王次郎」率いるチヨダトライブとの抗争など見逃せないシーンが盛りだくさんです!

見どころ②アニメと同時公開のメディアミックス作品にも期待!

https://twitter.com/guranide3759/status/1454043209408016384

「トゥーキョーゲームス」が原作、総合プロデュースをゲーム制作会社「アカツキ」が担当する本作品。

アニメ公開と同時に新IPプロジェクトとして、スマートフォン向け3DアクションRPGも展開予定になっています。

アニメ、ゲームどちらも楽しみという声が増えてきていますよ!

見どころ③Void_Chords feat. LIOさんの担当するEDに注目!

https://twitter.com/lio_noilion/status/1451182395672072199

アニメ「トライブナイン」のEDを担当するのは、Void_Chords feat. LIOの2人!

名作「ファイナルファンタジーXIV」のBGMなどにも携わるミュージシャンかつ音楽プロデューサーのVoid_Chords(高橋諒)さん。

LIOさんと「Void_Chords feat. LIO」として活動するのは、アニメ「ありふれた職業で世界最強」以来となります。

2人のハーモニーとEDの描写が絶妙にマッチしていて、とてもかっこ良い仕上がりになっていますよ!

「トライブナイン」の感想や評判

「トライブナイン」を見た人が面白いと感じたのか感想や評判を載せていくよー!

アニメを見た感想

1話目
ハルがカツアゲされそうになったのをタイガと瞬が助けてくれて爽快だけどハルが殴られたのは可哀想でした。

タイガは瞬に戦いを挑んでどうなるのかと思ったら瞬が粗相してしまってビックリ、瞬のアジトに連れて行かれて仲良くなったのは微笑ましいですね。

シナガワトライブが挑戦状を叩きつけてテンション上がりました、出会ったばかりのハルとタイガに戦わせるなんてチャレンジャーですね。

東京の景色がキラキラで綺麗だったし移動式のベンチも格好良かったです、街を使っての野球は何でもありという感じで自由なのが気持ちよかったです。

ハルは自分なんかと拒否してばかりだけど瞬が頑張れと励ましてくれるのは優しいですね、アドバイス通りにやったら本当に成功してしまって安心しました。

瞬の番がくると圧倒的な力を見せつけて試合終了となって嬉しいけどやっぱり喧嘩のようでしたね、ハルは最初に登場した奴等にやり返してチームに加入したのでこれからが楽しみです。

2話目
ネオトーキョーの国王が魔王みたいで怖かった、教会みたいな建物かと思ったら飛行機だったのも驚きですね。

ハルが入り口で挨拶の練習をしているのは可愛かったし、タイガはルールを覚えて来なくてさおりにBB弾で撃たれているのも笑えました。

XBのルールを教えてくれて分かりやすかったけどベースを踏むのにバトルするとか危険ですね、答えられないとBB弾撃ってくるさおりも怖いです。

タイガは大きな口を聞いていたけど全然ダメなのが面白い、ハルは良い目を持っているおかげでヒットしたのは気分上がりました、瞬が壊し屋と呼ばれていたとは過去が気になりますね。

守備練習も上手く出来たけど瞬に振り回されているタイガが笑えました、瞬にバットをもたせて貰って皆で一緒に御飯食べてハルは仲間が出来て泣くほど喜んでいて微笑ましかったです。

23区の名前が付いているチームが次々とやられてミナトにも来たので瞬と王次郎の対決は楽しみです。

まず、ミナトトライブのリーダーの神谷の投げる球が速いの驚きました。

また、球を打ったら、どこに走るのかなと思っていたら特に決まりはないので、普通の野球と違うのだと思いました。

それから、野球のように9回までありそうもないので、それも決まっていないのだと思いました。

3話目
瞬と王次郎が対峙しているのは緊張感がありました、ネオトーキョーの国王で王次郎を育てた人らしい鳳天心が狂気じみていて怖い、王次郎がコピーのように育っていて怖いですね。

瞬が勝負をする事にして特別な試合だから大事にしろとはドキドキします、王次郎のボールは味方を倒すほど凄くて怖いですね。

瞬がピッチャーで本気の力が見られるのは嬉しいですね、ボールは瞬が持っているのかと思ったらハルが持っていたなんてビックリだけど気分上がりました。

瞬が王次郎に殴られてしまって負けるかもと不安になったけど喝をいれて気分が高まったのは楽しかったです。

また瞬が王次郎にやられてしまってハラハラしたけど敗北を認めてしまって解散を言い渡されるなんて酷い、だけど瞬が無事だったのは良かったですね。

本当は瞬の方が先に王次郎の腹にボールを打ち込んでいたので勝ったも同然ですね、瞬がねこまるを膝に乗せながら動かなくなったのは衝撃でした。

まず、途中でミナトトライブの神谷がどうなったのか気になりました。

また、ミナトトライブが解散になってしまったので、これからどうなるのかと思いました。

それから、この次の対戦相手がどこなのかも気になりました。

4話目
キャスト欄でも三番手だったから、瞬メインではないんだろうと覚悟していたけれど、いつもは素っ気ないねこまる。

ねこまると一緒に着いて行ったからもしかしてとよぎったけれど、それでもどうか違っていて欲しいとの願いも、冒頭の台詞で全てかき消されてしまいました。

瞬が亡くなった事を悲しむメンバー達は混乱して荒れている者もいて見ていて痛々しいですね、病気だった事を知らされて無かった有栖川が怒って出ていってしまったのは悲しいですね。

アダチトライブに有栖川が攫われてハラハラしたけどアジトに着くとお茶とスイーツが出てきて女の子扱いなのはビックリ、ミナトトライブと戦って覇者になるというがセタガヤに負けたばっかりなのにね。

瞬は皆に遺品を残していて嬉しいけど涙が出てきますね、有栖川を助けに皆で戦うけど初めての場所に迷い、人情で騙すとか酷いですね。

瞬がいないミナトはボロボロだったけど突然現れた青山がチームに入ってくれるというし助言までくれてありがたいですね。

考えない奴をおサルさんと呼び、三田をアダチよりバカと言い、タイガをお猿さん2号と言って笑えます。

青山の助言で勝つことが出来るのか楽しみだし、青山は瞬に頼まれたと言ってたけど目的が何なのかゾクゾクします。

5話目
カズキの作戦でミナトトライブが順調な滑り出しだけど作戦内容がくだらなくて笑えます。

騙すようなやり方にハル達が反発するけど勝つ事が目的だと主張するカズキと喧嘩になってしまってハラハラしました。

千住のファイヤーバットに有栖川が神谷を思い出していて切ないですね、千住は免許を持っていなくて自転車なのは笑ってしまいました。

タイガと不良対決なのは気分上がったけどボールにまで火を付けて怖い、ハルは神谷から貰ったバットで挑むのは格好良かったです。

皆は神谷がいないと駄目だと思って落ち込んで可哀想、有栖川は皆に喝を入れハルが両目でしっかり見て打ったのは嬉しかったです。

有栖川がバッターボックスに立って神谷の思いを胸に打ったのも感動です、千住達はミナトトライブへの不器用な激励だったとは良い奴等で良かったですね。

有栖川が新リーダーになって一体感が戻って良かった、タイガが膨れているしカズキの事も不安だけど次の試合が楽しみです。

まず、ミナトトライブの神谷が抜けても、対戦相手のアダチトライブと普通に戦っているので、神谷がいなくても試合ができるのが会社みたいでした。

また、新しく入って来た青山は上から目線で生意気だけど、なぜかチームに溶け込んでいるのですごいなと思いました。

6話目
ミナトトライブのメンバーが、チヨダトライブの恐ろしさを目撃する形になったのには驚きました。

リーダー王次郎の血塗れにさせる容赦ないプレイング、けどそれがみんな奮起させて修行へのモチベーションに繋がったのが感じられたのはとても良かったです。

アダチとライブがチヨダに殴り込みに行くなんて心配でドキドキしました、ハル達は忠告しに行くけど聞く耳を持たなくて有栖川は喧嘩腰になってしまって仲良しですね。

千住が頑張って食らいつくけど王次郎には勝てなくて残念でした、ボロボロになっても男の意地を貫き通すなんて不良らしいです。

タイガは自分が役に立てなくて焦っていたのは見ていられないですね、カズキが神谷も勝てなかったという人を紹介してくれたけど如何わしい店に来てしまってドタバタして笑えます。

タイトウライブの桜に弟子入りを頼んだけど断られてもしつこく頼んで池の鯉をお造りしたのは笑えました、やっとバッターボックスに立ったのに騙されていて単純ですね。

思いっきり振ったら凄い風が吹いたのは凄いですね、女の子の着物がはだけて見惚れてボールを落とすとか最低だけどおかげで弟子と認められて良かったですね。

アダチを追ってチヨダへ向かうミナト一同の中で、1人マスクとキャップで変装していたカズキは、ファッションだと言い張っていた。

だけど、チヨダ・結衣の反応から察するに、顔見知りだから身バレたくなかったんだろうと想像出来ました。

7話目

放送後に随時更新していきます。

まとめ

ということでこの記事では

  • 「トライブナイン」のあらすじや見どころは?
  • 「トライブナイン」の感想や評判は?

以上についてお伝えしてきました。

アカツキとトゥーキョーゲームスが原作となる「トライブナイン」(TRIBE NINE)!

偶然出会ったハル、タイガ、神谷たちの織りなすストーリー展開は必見です!

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

U-NEXT<ユーネクスト>※商品リンクあり
大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: