アニメ・漫画

「リアデイルの大地にて」のあらすじと見どころは?感想や評判まとめ

「リアデイルの大地にて」ってどんなストーリーなの?全体のあらすじが知りたいなぁ?
「この「リアデイルの大地にて」を見た人の評判とか感想ってどうなんだろう?面白いのかなぁ?

この記事はそんな方に向けて

この記事では

  • 「リアデイルの大地にて」のあらすじや見どころは?
  • 「リアデイルの大地にて」の感想や評判は?

についてお伝えしていきます。

https://taa-channel.com/leadale-douga-26110

「リアデイルの大地にて」のあらすじ

アニメ「リアデイルの大地にて」は少女、ケーナが巻き起こす異世界ファンタジーです。

舞台は、VRMMORPGリアデイル。

ある事がきっかけで、動けないまま病室で過ごす主人公の各務桂菜。

楽しみは、VRMMORPGリアデイルの中で遊ぶこと。

そんなある日、ふと目を覚ますと桂菜の知っているリアデイルの世界が突然変わってしまっていました。

リアデイルは200年の時が経過し、さらに桂菜もリアデイルでのアバター、ケーナとなっていたのです。

ゲーム内からログアウトも出来ず、さらにはゲームの運営会社にも連絡が取れなくなってしまった桂菜。

さらに桂菜の入院していた病院が停電なったことで、生命維持装置が停止してしまったのでした。

生命維持装置が停止したことで、桂菜の肉体が死亡してしまったと報告するサポートAI。

桂菜は、リアデイルのハイエルフ「ケーナ」として人々と交流を深めることになります。

さらには自分がキャラメイクした「子供たち」も存在するリアデイルの世界。

失われたスキル、限界突破したステータスの持ち主、ケーナとして笑いと感動渦巻く冒険が始まります!

「リアデイルの大地にて」の見どころ

「リアデイルの大地にて」はどこが面白いのか、見どころについて解説していくよー!

見どころ①コメディとシリアスの混じった絶妙なストーリ!

アニメ「リアデイルの大地にて」は、コミカルなストーリーの中に謎やシリアルなシーンが絶妙に取り入れられています。

この相反するストーリー性に魅了されるファンが続出です!

見どころ②ケーナのかわいさと強さの表情が魅力的!

本作品の主人公、「ケーナ」。

普段のコミカルな場面での表情など、とてもかわいいんです!

でも本来は限界突破したステータスの実力者。

たまに見せる実力者の表情はかわいいからかっこいいに変化し、ストーリーもテンポ良く感じさせてくれる絶妙な仕上がりです!

見どころ③圧巻のOPとEDに注目!

本作品のOPを務めるのは、大人気アニメ「転生したらスライムだった件」シリーズも担当するTRUEさん。

壮大なバラードから熱烈な激しい楽曲まで歌い上げる歌唱力は海外のアニメイベントでも活躍する実力です!

さらにEDを担当するのは田所あずささん。

「半妖の夜叉姫」など数多くの有名作品で声優を務めるほか、アイカツフレンズ!などでも主題歌を担当するなど歌手としても大活躍中です!

アニソン界の歌姫2人が歌うOP、EDに注目が集まること間違いなしですね!

「リアデイルの大地にて」の感想や評判

「リアデイルの大地にて」を見た人が面白いと感じたのか感想や評判を載せていくよー!

原作を見た感想

機械が無いと生きていけない体で停電により体が死亡してゲームのケーナになってしまったのは可哀想だったけど自由に体を動かせるようになって色々な可能性が出てきたのでワクワクしました。

とっても良い人達がいる村で起きたのもラッキーだし自分が管理している塔も近くにあってゲームの運営側が適当だった事や里子システムで子供や孫までいて世界が広がったのも楽しかったです。

プレイヤーもいてゲームだと思って戦っていた子供は可哀想でしたね。

他の塔へも行く予定なので世界を巡る旅が出来るのも楽しいし、行く先々でケーナのチート力が見れるのも面白いです。

アニメを見た感想

1話目
まず、主人公のケーナが事故に遭って、停電で生命維持装置が止まったときに転生してしまったというのが珍しいなと思いました。

また、転生した先がゲームの中の世界というのも珍しいなと思いました。

それから、ゲームの世界なのでケーナに子供がいるのも面白いなと思いました。

目を覚ますと知らない天井とかベタだけど異世界転生したと直ぐに分かって良いですね、ちゃんと自分の体が動いている事を確認するのは納得だけど意外に落ち着いていたのは凄いです。

リアル世界で停電があって死亡したのは残念だけどお助けAIのキーちゃんがいたのはラッキーでしたね、ショックで一日ボーとしていたのは笑えました。

魔法も珍しい世界になっていてすっかりチートなケーナだけどゲーム時代から強かったのは心強いですよね。

拠点の塔が不吉な魔女の噂になっていたとは残念だけどケーナ的には黒歴史程度なので安心したし他のプレイヤーがいるのは出会うのが楽しみです。

銀の塔へ行くのも一瞬で凄い、守護者が口が悪くて面白かったけど200年も放置されていたら怒る気持ちも分かります、ケーナに子供が3人もいたとは驚きだけど会うのが楽しみです。

走るなんてリアルでも無かったので大変とかちょっと悲しいですね、熊を倒してしまうなんて体力は無いけど強くて良かったですね。

熊を持ち帰って村人全員でお祭り騒ぎとか楽しそうだし、人生初のお酒で寝落ちとかこの世界の方が幸せそうでほのぼのしました。

ケーナが強すぎるので、200年前はいったいどんなだったのか気になるところです。

3人の子供たちも、すごいのだろうなと思います。

なかなかスローライフとはいかなそうですが、スローライフがいいなと思います。

ケーナの本体はどうなってしまったのか心配なところです。

2話目
まず、主人公のケーナの子供が年を取っていたり、若かったりするのがゲームの世界だと思いました。

また、ケーナが捕まえた「でんすけ」もケーナの子どもでないのかと思いました。

それから、ケーナが他の人に勧められて、また酒を飲んでしまったのが心配だなと思いました。

ケーナが二日酔いで目を覚ましたのも病気では出来ない体験だったから良い事ですよね、怪我人を凄い魔法で治してしまって自覚ないやらかしをしたのは笑えます。

商人のエーリネに声を掛けられて少しだけ情報を得られたのは良かったですね、リットちゃんとの別れは悲しいけど王都にいる子供達に会いに行くのはワクワクします。

スカルゴは大司祭で会いに行くと門前払いされたけど引き下がるのも早かったですね、次は名工として有名になったカータツに会いに行くけどドアーフなので違和感があるけど親子の再会は微笑ましいですね、ドワーフのオジサンの頭をナデナデして真っ赤になるのは可愛かったです。

一緒に少年を探す事になったロンティは人見知りが激しくて可愛い、少年を探しに路地に行くけど逃げられて何処にでも何処までも追いかけていくケーナが楽しかったです。

宿屋では宴会になるし息子のスカルゴが個性的すぎて子供達に会うのが本当に楽しみです。

ケーナは自分の子供に会う為にスカルゴの所に向ったが、門前払いされてしまったが、これはスカルゴの立場上は仕方ないと思う。

その後、カータツに会うがケーナに頭を撫でられて恥ずかしい姿はかわいいと思った。

マイマイも学院長になっているなど、みんな優秀だと思う。

3話目

ケーナは200年ぶりに王立学院で娘のマイマイと再会する事が出来たが、マイマイの旦那さんも紹介されて意外だと思った。闘技場の幽霊退治に来たが、ケーナはケルベロスを召喚魔法で呼び出していたのは驚いた。そこに王子が付いてきていたのは笑った。

ケーナのうわさが凄いことになってしまっていました。目立つことはしない方がよかったのかなと思います。内容をすっ飛ばして、スカルゴのケーナへの愛が凄すぎました。マイマイが冷静な気が凄くしました。大司祭を棺桶に入れていいのかな。ケーナの落ち込みに拍車がかかってしまったようでした。

二日酔いで頭が痛くなるのはリアルで出来なかった経験なので良かったですね、川を割った女性という噂が街中に知れ渡っていて笑えました。

学院で娘のマイマイに再会出来たのは嬉しかったです、旦那にポーションの事を注意されたけど失われた製法とか凄くて気分上がったし、生徒の前で実演とか次から次へと凄いです。

幽霊退治に闘技場へ行くけどノリが軽くて笑えます、案内した闘技場の人も逃げるように立ち去ってしまって面白いです。

ケルベロスを召喚して可愛い、王子くんが後をつけて来たけどケルベロスにずっとヨダレを付けられていて笑えました。

主人がいなくなった守護者は可愛そうだったけどケーナが新しい主人になって良かった、旅の目的である塔の一つが見つかったのも良かったですね。

ゲームが終了してた事にショックを受けて寝込んでしまったケーナをスカルゴ見舞いに来たけど街を爆走してキラキラで涙が真珠になるとか凄かった、ケーナは遮断結界を張ってしまって心配だけど子供達全員と再会するのを楽しみにしています。

4話目
ケーナは魔術結界に閉じこもってしまい、子供達3人は相談していたが解決策は何も出なかった。

カータツは抜け出して街を歩いているとケーナが串肉をうまそうに食べているのを見つけてしまい、笑ってしまったがカータツの達の心配は一体何だったのかと思ってしまった。

子供達がケーナを心配していたのに本人は屋台で串焼きを食べていて楽しそう、カータツがスカルゴの事を庇って優しいですね。

スカルゴとマイマイの喧嘩を止めるのに爆発させるとか雑ですね、ケーナはちゃんと二人に謝ったのは偉かったけど母親として叱るのは楽しそうでした。

エーリネに旅に誘われたけど盗賊が出るのはフラグですね、カータツとマイマイが見送りに来たのは微笑ましい、マイマイが謎の手紙を託したのは怖いですね。

橋が壊れた大河を渡るのに皆はケーナに丸投げとか調子良いですね、馬がやられてしまったのは可愛そうでした。

馬の代わりも期待されたけど召喚したケルベロスとケンタウロスに皆が怖がって笑えます、大きな猪はピーちゃんと呼んで可愛かったです。

野盗をやっつけるけどケーナは現実だと受け入れるのが苦痛みたいで可愛そうでした、圧倒的な力を見せつけたのは気持ちよかったです。

皆で火を囲んでお喋りするのは和むけど改めてゲームの中が現実なんだと実感したけど楽しんで欲しいですね。

スカルゴの母上殿への愛がすさまじいです。

しかも思いっきり勘違いも、マイマイの方がまだ冷静ですが、二人の喧嘩は大変です。カータツが一番しっかり者だなと思います。

ケーナも末っ子は可愛いのかな、そんなケーナは護衛について、桁違いの強さが凄かったです。

5話目
マイマイのサプライズが、裏目に出てしまって、ケーナが激怒。

やっぱりケーナは怒らせないに越したことはないというけマイマイの教えは正しかったと思います。

今更、兄妹でお互いがいい奴だと思うなんて、スカルゴとマイマイはお互いをどう思っていたのか、謎すぎるところです。

堺屋に到着したケーナだが、建物が和風で瓦屋根というのは面白い。

ケーナはケイリックと会うが、あいさつがおばあ様は笑ってしまったが、ケーナには驚きしかなかったと思う。

しかし、ケーナにはマイマイにかなり怒りを向けていたのはやばいと思った。

のんびりと街を歩くのはのどかで落ち着きますね、堺屋で手紙を渡すとマイマイの息子や曾孫まで現れてビックリだけど驚く姿は楽しかったけどキレるのが早かったですね。

宿に戻ってケイリナとは温和に話が出来ると思ったのに旅の仲間が余計な事を言ったせいで雪まみれにしてしまって可愛そうでした。

当初の目的である三日月の城へ行く事にして情報を集めると冒険者ギルドで女か男か分からない奴に会って面白かった、リザードマンらしい男はケーナを知っているようで事件の予感に期待したいですね。

堺屋へ行ってケイリックと仲直りするけど時代劇風になったのは笑えます、曾孫はまともな奴みたいで良かったです。

魔物を使って物資を届けるが3日かかるはずが半日で来てしまうのは気持ち良いですね、ケイリナがピンチなのに攻撃の仕方について褒めて余裕なのは流石です。

6話目
やっぱり規格外のケーナさん。強かったです。いったいケーナさんはレベルはいくつなんでしょうか。

限界突破というのはどこまで何度うと思いました。

でもプレイヤーがいたというのはまだどこかにいるってことなのかな、希望を持ってもいいのかもしれないと思って、妖精さんは可愛かったです。

ゴーレムをあっさりと倒したケーナ。

ケイリナたち騎士団は驚くしかない状態なのは当然だった。

だが、ゴーレムのレベルが高すぎるのでケーナは他のプレイヤーがいるのではと先に進んでいくとコイローグが頭目となっていたが、プレイヤーは子供だったようでゲームと現実が理解できない状況なのは少し気の毒だが、レベルが違い過ぎてケーナの敵ではなかったのはさすがだった。

ゴーレムの群れをあっさりと倒してしまったケーナはやっぱり凄いですね、都市を一瞬で消せるなんて恐ろしいです。

盗賊がいるという場所に着くと魔獣を召喚してやっつけるのは笑えました、盗賊団の頭ははプレイヤーのコイローグという子供でゲームの中だと思いこんで好き放題しているのは酷いけど現実だと気づいてないのは可哀想です。

あくまでもゲームの中だというコイローグに容赦がないケーナだったけどケイリナに止められて安心しました。

本来の目的である守護者の塔へ行く事が出来て良かったですね、骸骨だけど女王様気取りで可愛い、ケーナはマスターと知り合いだったみたいでズッコケたのは笑えます。

託された本の中には妖精がいて行動を共にする事になったけど何者なのか気になるけどケーナと同じ動きをして可愛いです。

ケーナは過剰な報酬を貰い、帰ってマイマイに会うのが楽しみなんて何する気なのか怖いです。

7話目
ケーナさんを倒せる人なんていないというのはとても納得でした、強すぎますもの。

妖精さんがケーナと同じ動きをするのが可愛すぎました。

プレイヤー同士の再会も感動です!早くケーナもあってほしいです。さてロプスはいったい何を作ってしまったのか、ピンチだと思うので、ケーナに助けてほしいです。

ケーナはフェルスケイロに戻ってきたが、マイマイの所にすぐに向かうのかなと思ったら、意外にも冒険者ギルドで次の仕事を受けていたのは意外だと思った。

ロンティとマイが一緒に行動する事になったが、ケルベロスが護衛は最強だと思う。

ケーナは森の中に風呂まで作ってしまったのはさすがだった。

カータツが立派な橋を作ってくれていて帰りは楽チンだしケーナがカータツの頭をナデナデするのは微笑ましくて何度見ても良いですね。

ケーナは街に戻ると熊狩りのクエストを受けて楽しみ、ロンティに声を掛けられて一緒にいたいと言うけど王女らしくて厄介事に巻き込まれやすいですね。

森を歩くと木が避けてくれるけど痛いと声が聞こえるのは可哀想でした、森の中で普通に食事するし、露天風呂を作ってしまうし何でもありですね。

マイがスカルゴを好きでケーナは喜ぶけどこの俺を倒してからという台詞に二人は倒せる訳がないと引いていたのが面白かったです。

騎士数人掛かりで倒せるホーンベアを一蹴りで倒して時代劇風に一言とか爽快ですね、その頃の冒険者ギルドではプレイヤー同士が再会していて良かったですね。

マイマイの旦那が失敗したポーションを庭に捨てると怪物が現れてビックリ、前にケーナが言っていた封印した奴だと思うので早くケーナが街に帰って来て欲しいですね。

まとめ

ということでこの記事では

  • 「リアデイルの大地にて」のあらすじや見どころは?
  • 「リアデイルの大地にて」の感想や評判は?

以上についてお伝えしてきました。

Ceezさん原作のアニメ「リアデイルの大地にて」。

物語の設定はシリアスな部分も多いのですが、コミカルでテンポの良いストーリー性が見どころです!

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA