海辺のエトランゼ

海辺のエトランゼは面白い?5つの見どころとオススメできる人できない人!

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

良い意味でBLらしくない、沖縄の夏の爽やかさが印象的な「海辺のエトランゼ」。

重すぎず軽すぎない、見終わった後は爽やかさと切なさが残る、そんな素敵な作品です。

劇場版ビジュアルだけ見ると、BL作品だと分からないくらい爽やかで、青春ものかな?と勘違いしそうになります。

”BL”と聞いて、Uターンしようとしているそこのあなた!ちょっとだけ待ってください!

海辺のエトランゼは、BL好きだけでなくBLを知らない方にもオススメできる作品なんです!

”同性愛”をテーマにした作品ですが、とても爽やかさのある作品で、BLに馴染みのない方も”恋愛もの”として見ることができます。

そんな神作品、海辺のエトランゼの魅力を徹底解説していきます!

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】

海辺のエトランゼ基本情報とあらすじ

まずは海辺のエトランゼの基本情報とあらすじから!

海辺のエトランゼの原作は、原作者・紀伊カンナさんによる同名のコミックです。

『on Blue』で2012年から2014年まで連載されていました。

劇場版アニメーションは2020年に公開され、その後香港や台湾でも上映されるほど人気を博しました。

海辺のエトランゼの基本情報

原作者 紀伊カンナ
原作出版社 on Blue
アニメーション制作 スタジオ雲雀
ジャンル BL/恋愛

あらすじ

小説家を目指している駿(しゅん)は、とあるきっかけから実家を飛び出し、沖縄の離島の民宿で暮らしていました。

ゲイである彼は、ある日夜の海辺に1人で佇む高校生の実央(みお)を見かけ、思わず声をかけてしまいます。

両親を亡くして心を閉ざしていた実央でしたが、次第に駿に心を開いていきます。

2人は徐々に惹かれあっていきますが、実央は離島を離れなければいけなくなってしまいます。

「早く大人になりたい」

そう言い残して去っていった実央を、駿はもう戻っては来ないだろうと諦めていました。

しかし3年後、ちょっぴり大人になった実央が、駿のところへ戻ってきました。

叶わないはずの想いが通じ合い、駿の止まっていた時間はゆっくりと動き出して…?

爽やかで苦しいほど切ない、純度100%のボーイズラブ。

春風のエトランゼって?

”海辺のエトランゼ”と検索するとこんな検索ワードが表示されます。

”エトランゼシリーズ” ”春風のエトランゼ”

そう、海辺のエトランゼは実はシリーズものなんです。

海辺のエトランゼと春風のエトランゼ、違いは?

エトランゼシリーズは2つあります。

  1. 海辺のエトランゼ
  2. 春風のエトランゼ

劇場版アニメーションは海辺のエトランゼのみです(2023年10月現在)。

春風のエトランゼは、海辺のエトランゼの続編にあたる作品です。

海辺のエトランゼのストーリーを経て、2人の今後が描かれており、現在も大人気連載中です!

そのため、上記順番で見ていけば問題ありません。

海辺のエトランゼの5つの魅力と見どころ!

「特別じゃない、ただ恋をしている」

「ふたりなら、きっと大丈夫」

そんなキャッチフレーズからも、切なさが滲む海辺のエトランゼ。

BL好きさんから、BL初心者さんまで楽しめる素晴らしい作品です!

初めて見た時の衝撃は忘れられません…!

2人の純愛と、沖縄の海の美しさがマリアージュして、何度でも見返したくなる作品です!

そんな海辺のエトランゼの魅力を詳しく解説していきます!

①BL初心者さんにオススメ!

海辺のエトランゼは良い意味でBLらしくありません。

BL作品は様々な種類がありますが、主にストーリーがメインのものと性愛がメインの801(やおい)作品があります。

801とは、”ヤマなし、オチなし、イミなし”の頭文字を取ったBL語で、男同士の性愛をメインに据えた作品を指します。

エトランゼは

ストーリー重視で、純度の高いBLを楽しむことができます!

初心者にとても優しいので、”BLの入門書”と呼ばれることもあります。

駿は元々ゲイなのですが、実央はノンケといって”異性愛者”です。

そのため、ゲイである駿はノンケの実央に対して、「気持ち悪がられないかな」と色々な思いを抱えています。

しかし、そんな駿を真っ直ぐな実央が包み込む…、優しいストーリーがぐっときます!

「駿が好き」という実央のピュアな思いは、男女間の恋愛では中々お目にかかれない純度100%の真っ直ぐさです!

「人を好きになるってこういうことだったな」と、BLを通して改めて実感できるストーリーです。

恋愛ものが好きな方に特にオススメしたいです!

BLを意識しすぎず、いつもとはちょっと趣向の違う恋愛ものとして、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?

②愛情たっぷりに作られたアニメーション

私が海辺のエトランゼを好きな理由の1つは、作画が綺麗なこと!

”海辺の”と付くだけあって、この作品は夏の描写が多いです。

夏の景色が繊細に美しく描かれていて、うっとり見惚れてしまいます!

青い空と海、真っ白な入道雲に、ベンチとお花。

夏を凝縮したワンシーンに、胸がわくわくします!

また、水彩画のようなタッチで描かれた背景も魅力的で、キャラクターも見たいのに背景が気になって忙しいです(笑)。

なんでも、アニメーション制作チームは紀伊カンナさんのファンが多数いらっしゃったようで、愛情たっぷりに作られたんだとか。

夏の濃く影が落ちる感じや、木漏れ日の細かさなどなど、注目ポイントはたくさんです!

2人の心情が背景に投影されているので、見逃さないように要チェックですよー!

また、アニメーションのみならず、漫画の作画もとっても綺麗で丁寧に描かれています。

ぜひ繰り返しみてチェックしてくださいね!

③沖縄の夏と猫の相性が素晴らしい!

海辺のエトランゼで注目していただきたいのが、猫さん!

沖縄×夏×猫という、あまりにも相性が良すぎる組み合わせは、

文句なしに最高です!

キャストの方も「猫に注目してください!」とコメントされている方がいらっしゃるほど、見どころなんです!

か、か、かわいすぎる…!

こんな感じで、作中では何度も猫が登場します!

かわいく描かれているので、ぜひ注目して見てみてください♪

④切ない展開に涙が止まらない…

夏のイメージが強いため、明るい雰囲気が漂う「海辺のエトランゼ」。

しかし、実は切ない展開も多く、泣きシーンも作品です。

ゲイである駿は、これまでの人生でつらい過去を背負っています。

周囲から気持ち悪がられたり、自分を想ってくれる女の子の気持ちに応えられなかったり。

”普通じゃない”ことを、後ろめたく思いながら生きてきました。

そんな駿を真っ直ぐな想いで包み込む実央に、泣かされます…!

駿の過去やモノローグを辿っていると、ついつい感情移入してしまいます。

つらくて切ない感情を共有しているところに、実央の真っ直ぐな言葉が流れ込んでくると、一緒になって嬉しくて涙が溢れてきます…。

私は涙もろいので作中何回も泣きました!

「私ってこんな綺麗な涙流せたんだ…」と、嬉しかったです(笑)。

笑いあり、涙あり。

切ないストーリーが好きな方にオススメの作品です!

⑤BL作品初出演の松岡禎丞さんの演技が見逃せない!

実央役を演じている、超大人気声優・松岡禎丞(まつおかよしつぐ)さん。

松岡さんは、この海辺のエトランゼで初めてBL作品に登場されたんだそう。

普段はかっこいい少年やクールな男性を演じているイメージが強い松岡さん。

海辺のエトランゼでは、

子犬のようなかわいい役である実央を演じられており、

とってもレアな松岡さんを拝むことができちゃいます!

拗ねてる演技がとにかくかわいい!

言葉は必要ない、かわいいしか言えないってくらいかわいいです(笑)。

自分が言われているわけじゃないのににやにやしてしまいます…。

また、色っぽい息演技もあるので、ファンは必見ですよ!

キュン死しないように心してみてくださいね!

海辺のエトランゼをオススメできる人できない人

ここまで海辺のエトランゼの人気の理由や見どころなどについてお伝えしてきました。

海辺のエトランゼはBLなので、どんな方にもオススメできる!という作品ではないのですが、BLの中でも比較的勧めやすい作品の1つです。

特にオススメできる人、できない人についてまとめてみました!

オススメできる人

  • BL初心者さん
  • BLが好きな人
  • 切ないストーリーが好きな人
  • 普通の恋愛ものに飽きた人

オススメできない人

  • BLに対する苦手意識が強い人
  • 性的なシーンが極端に苦手な人
  • 801作品が好きな人

先述した通り、海辺のエトランゼはBL初心者さんにオススメの作品です。

見たら間違いなくハマります、というか沼ります。

その反面、BL作品をいくつも見てきてるような方にとっては物足りないという意見もあるそうです。

ベッドシーンがいやらしすぎないので、その点も初心者向きですが、801作品が好きな方は物足りないかもしれません。

まとめ

いかがでしょうか?

海辺のエトランゼの魅力や見どころを解説してみました!

私をBL沼に引き摺り込んだ神作品です(笑)。

たくさんの人がこの作品に出会ってくれたら嬉しいです!

比較的短い劇場版なので、ぜひ空き時間に見てみてくださいね♪

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】
〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: