推しの子

【推しの子】は面白い?5つの見どころとオススメできる人できない人!

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

今1番熱い作品である【推しの子】!

”アイドル”をテーマにしていながらも、他の作品とはちょっぴり異色なアイドル作品で、面白いと注目を集めています!

TVアニメ版OPテーマは大人気のYOASOBIが提供しているなど、とにかく制作に力の入っている作品です。

なんといっても原作漫画は、原作を漫画家・赤坂アカさん、作画をクズ漫画家・横槍メンゴさんで分けて作られていることが話題になりました!

そんな【推しの子】の魅力を徹底解説していきます!

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】

【推しの子】基本情報とあらすじ

まずは【推しの子】の基本情報とあらすじから!

この作品は原案・作画を赤坂アカさん、作画を横槍メンゴさんが担当した共同作品になっています。

赤坂アカさんといえば、「かぐや様は告らせたい」で大ヒットされましたよね!

実は、かぐや様と同時連載で【推しの子】は描かれていたんだとか。

作画の横槍メンゴさんは、「クズの本懐」で有名ですよね!

暇さえあれば落書きしているというメンゴさんの作画は、とても美しくてうっとりしてしまいます。

そんな美しい作画に惹かれて、赤坂さんの方から横槍さんへお声をかけられたんだとか。

そんな売れっ子漫画家のお2人が、お互いの得意分野を担当しできた作品は、文句のつけようがない神作品で、大ヒット!

TVアニメ版第1期は2023年4月から放映され、話題を呼びました。

すでに第2期の制作が決定しており、ますます目が離せない作品です!

【推しの子】の基本情報

原作・原案 赤坂アカ
作画 横槍メンゴ
出版社 週刊ヤングジャンプ
ジャンル アイドル/サスペンス/ミステリー

あらすじ

地方で産婦人科医として働いていたゴローのもとに、ある日”推し”アイドルである「B小町」のアイが患者として現れます。

彼女はアイドルでありながら、世間にはそれを隠して出産し、双子の母としてアイドルの道も諦めずに芸能界の世界へ復帰していきます。

しかし、そうして産まれた2人の子供アクアとルビーは、なんと前世の記憶を持っていました。

しばらく時が過ぎた頃、アイは殺されてしまいます。

残された双子は、それぞれの思いを抱えて前に進みます。

妹のルビーはアイに憧れて芸能界へ。

兄のアクアは母の殺害の協力者である実の父親へ復讐を誓います。

動き出した運命の結末はいかに?

芸能界をアイドルを中心に多角的に描いた、サスペンスミステリー。

【推しの子】の5つの魅力と見どころ!

【推しの子】は間違いなく2023年大ヒット作品ですよね!

アニメ第1期の盛り上がりはすさまじかったです。

コミックスの刊行数は、なんと合約1億2000万部にまで昇るんだとか…!

では、一体なぜここまでの人気が出たのでしょうか?

【推しの子】の人気の理由と見どころを詳しく解説していきます♪

①現代のアイドルブームにぴったりの作品

”推し活”という言葉をご存知ですか?

言葉の意味そのまま、アイドルやYoutuberなど自分の”推し”を様々な形で応援することを指します。

現代では、”推し活”なんて言葉が創られるほど推しブーム、アイドルブームが活性化しています。

アイドルを題材にした【推しの子】は、

そんな現代の”推し活ブーム”にぴったりの作品です!

これまで作られてきたアイドルものといえば、アイドル目線の作品がほとんどでした。

ラブライブ!やアイドルマスターなどは、そういったイメージですよね。

アイドルを目指して頑張るという成長ストーリーがアイドルものの定番でした。

しかし、【推しの子】はそんなこれまでのアイドルものとは少し違います。

アイドル目線ももちろんありますが、”ファン目線”も存在するんです。

つまり、私たち読者や視聴者の目線と同じ目線も存在するので、より作品を身近に感じることができます。

この点が、これまで創られてきたアイドルものとは違う、注目を集めたポイントと言えます。

アイドル目線、ファン目線どちらも描くことで、より”アイドル”について追求した作品になっています。

もちろん、【推しの子】の作中の中でも推しを見つけることもできちゃいますよ♪

私の推しは有馬カナちゃんです!

あまりにもかわいすぎる…、有馬かなしか勝たん!

アイドルが好きな方は、きっと楽しく見ることができますので、ぜひ見てみてくださいね♪

②原作に忠実に作られたアニメーション

原作がコミックのアニメ作品は、どうしても原作と比べられがちですよね。

予算や監督の方の意向で、原作と印象が多かれ少なかれ変わってきてしまうのは、残念ですが避けられません。

それが良い方向へ進む場合もありますが、大抵は原作ファンの反感を買うことが多いです。

しかし、

推しの子は原作者である2人がアフレコ現場などに参加しているため、

原作者の意図とすれ違うことがなく、

かなり忠実に原作をなぞって再現されたアニメ作品に仕上がっています!

原作ファンも納得の出来になっています!

「ここはもっとこうして欲しかった…」というもやもやがないので、ストレスフリーに見ることが出来ます!

アニメーションもすごく力を入れて制作されていることが伝わる美しさで、驚きました!

光の表現がシーンによって異なり、圧巻の出来栄えです。

横槍メンゴさんの絵がそのまま動いていて、再現度の高さもすごい…。

原作ファンの方も見ずにはいられない、そんなアニメ作品です!

③贅沢なライブシーン

【推しの子】のアニメの出来栄えの素晴らしさは、絵の美しさだけではありません!

アイドルものといえば…そう!歌!ダンス!ライブ!

コミックスではどうしても表現しきれないライブシーンの

歌とダンスを映像で楽しめるのがアニメの最大の見どころ

【推しの子】のライブシーンはこだわって作られています。

同じ曲を違うアイドルが、何年か空けて披露するのですが、時系列が進んでいるという設定に合わせて、少し演出が違うんです!

全く同じ歌詞でありながら、曲調や歌い方が違ったりダンスも今風にアレンジされています!

作中で同じ曲が流れると、視聴者は少し退屈してしまいがちですが、こういった変化を持たせることによって、初出しの曲よりもインパクト大で魅了されます!

「サインはB」は、tiktokなどでも話題を生んだ楽曲です!

アイドルらしい、テンションが上がる楽しい曲です!

ぜひ、まずは作中で聴き比べてみてください♪

④サスペンス、ミステリのギャップが面白くて盛り上がる

アイドルものといえば、おおかた2パターンの作風に分かれます。

  1. 主人公の成長ストーリー
  2. のほほんとした日常系ストーリー

そのため、アイドルものは名作の二番煎じになりがちです。

しかし、【推しの子】はそんな2つの型にハマらない、全く新規軸のアイドル作品なんです!

それは

キラキラした世界と同時に、同じくらい深い闇を描き

サンペンスやミステリー要素も含んだ

アイドルのイメージとは正反対のダークな作風であることです!

【推しの子】には大きな謎が潜んでいます。

それは、アクアとルビーを産んだアイの相手は一体誰なのか?ということ。

アクアは、それを探るために時には役者として表舞台に立ちながら探っていきます。

そもそも、”アイドル”が内緒で”母親”をしている…という、一見ぶっ飛んだ設定が、アイドル作品らしくないですよね。

しかし、「でもこういうことって実は普通にあるのかも?」と思わせてくる、リアリティに驚かされます。

芸能界の闇の部分をサスペンス的に描きながらも、アイドルという煌びやかなシーンもある、そんな作品の振り幅が【推しの子】の魅力になっています!

④天才的な2つの才能を融合したコミック

先述した通り、【推しの子】は2人の漫画家による合作になっています。

原案・ストーリーを赤坂アカさんが、作画を横槍メンゴさんが担当しており、お互いがお互いの得意分野を担当しています。

どちらが欠けても完成しない、奇跡の作品になっています!

原案された赤坂さんは、実は元々アイドルという分野にはあまり関心が無かったんだとか。

しかし、”アイドル”をテーマにして調べていく中で、気づいたらハマっていき、坂道グルームがお好みなんだそうです!

対して、横槍さんは超のつくハロプロヲタクで、鈴木愛理さんが推しなんだそう。

アイドルの好みすらも対照的な2人でですが、そういった”対極さ”が作品に良い影響をもたらしています!

2人はとにかくアイドルの”可愛い”を研究されているそうで、【推しの子】に登場するキャラクターはみんな本当にかわいいですよね!

2人の思う可愛いが被っていないからこそ、様々なタイプの可愛い女の子が登場して、アイドルものとしての完成度が上がっています!

また、お互いがお互いの長所を認め合っている点も、この作品を素敵なものにしています♪

赤坂さん、横槍さんのファンはどちらも楽しく読めること間違いなしです!

⑤今一度考えたい、【推しの子】の裏テーマ

闇が潜む芸能界や”推し”という、新しい好きの形を描いた【推しの子】。

アイドルを軸に、芸能界を多角的に表現した作品ですが、実はこんな裏テーマがあります。

「アイドルも人間なんだ」

近年、なにかと”炎上”が絶えない世の中になりました。

アイドルに限らず、芸能人など表舞台に立つ人間は、とても発言が難しくなりましたね。

少し言葉選びを間違えるだけで、誹謗中傷がSNSに飛び交います。

【推しの子】では、”炎上”を芸能人側の視点に立って描かれています。

こうしたストーリーを通して、「アイドルも人間なんだ」とアイドルにとっても気持ちいい世界が作れるような一助になったらいいなという思いがあるんだそう。

今一度、SNSの使い方を世の中全体で考え直すきっかけになればいいなと思う作品です!

【推しの子】をオススメできる人できない人

ここまで【推しの子】の人気の理由や見どころなどについてお伝えしてきました。

【推しの子】は、アイドルが好きな人でもそうでない人でも楽しめる、素晴らしい作品です!

簡単に、オススメできる人とできない人についてまとめてみました!

オススメできる人

  • アイドルが好きな人
  • サスペンス・ミステリーが好きな人
  • 作画の凝った作品が好きな人
  • 笑って泣ける作品が見たい人

オススメできない人

  • 暴力シーンが極度に苦手な人

【推しの子】は全世界の全ての人に届けたい、素晴らし作品です!

コミックスもアニメもどちらも良さがあって、選べません!

ギャグも感動も、サスペンスもミステリーも楽しめる作品は中々ありません。

きっと最後まで飽きずに楽しく見ることができますよ♪

多少、暴力シーンを含みますので極度に苦手な方は、避けた方が無難です。

まとめ

いかがでしょうか?

【推しの子】の魅力や見どころを解説してみました!

ワクワクもドキドキもハラハラも、1つの作品で楽しめる贅沢な作品です。

あなたも”推し”を探してみてはいかがでしょうか♪

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】
〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: