google.com, pub-3241032149917000, DIRECT, f08c47fec0942fa0
夏目友人帳

夏目友人帳は面白い?6つの見どころとオススメできる人できない人!

アニメが好きな人ならば、1度は耳にしたことのある「夏目友人帳」。

第6期までシリーズが続いており、長期にわたって愛されている大人気作品です!

さらに、第7期もアニメ化が決定しており、まだまだ勢いの止まりません!

特に女性人気が高く、私自身も出会ってからずっと大好きな作品です。

ニャンコ先生の愛くるしさやぽかぽか心温まるストーリーに癒されて、心が疲れた時についつい戻ってきてしまいます。

そんな大人気作品・夏目友人帳の魅力を徹底解説していきます!

夏目友人帳の基本情報とあらすじ

まずは夏目友人帳の基本情報とあらすじから!

夏目友人帳は「LaLa DX」にて読み切り連載でスタートしました。

2007年9月号から現在までは『LaLa』で連載しており、現在はコミックス第29巻まで発行されています。(2023年9月には第30巻が発売予定)

また、テレビアニメシリーズは2023年7月で15周年を迎え、第7期の制作も決定しています。

夏目友人帳の基本情報

コミック原作者 緑川ゆき
出版社 LaLa/LaLa DX
アニメーション制作会社 ブレインズ・ベース/朱夏
ジャンル ファンタジー/学園/青春

テレビアニメシリーズ 見る順番

  1. 夏目友人帳
  2. 続 夏目友人帳
  3. 夏目友人帳 参
  4. 夏目友人帳 肆
  5. 夏目友人帳 いつかゆきのひ
  6. 夏目友人帳 ニャンコ先生とはじめてのおつかい
  7. 夏目友人帳 伍
  8. 夏目友人帳 伍 特別編1 一夜盃
  9. 夏目友人帳 伍 特別編2 遊戯の宴
  10. 夏目友人帳 陸
  11. 夏目友人帳 陸 特別編1 鈴鳴るの切り株
  12. 夏目友人帳 陸 特別編2 夢幻のかけら

あらすじ

主人公の少年・夏目貴志(なつめたかし)は、小さい頃から妖怪を見ることができました。

祖母・レイコもまた貴志同様に妖怪を見ることができ、彼女が残した「友人帳」を貴志が継ぐことになります。

友人帳は妖怪達を従わせる力を持っており、それを手に入れようと貴志に襲いかかってくる妖怪が多くいます。

また、友人帳に名前のある妖怪は名前を返してもらおうと貴志を訪ねてくることもしばしば。

妖怪達との出会いと別れを描いた、心温まるファンタジー作品。

夏目友人帳の6つの見どころ!

夏目友人帳は、一度見始めると止まらなくなってしまう中毒性があります。

その上、長編シリーズなので次々見てしまって、気づいたら何時間も経っていた…なんてことが多々起きる恐ろしい作品です!

「時間泥棒の妖でもいるのか!?」と疑いたくもなってしまうくらい、夢中になってしまいます。

そんな夏目友人帳の見どころを詳しく解説していきます!

①疲れた時にゆっくり見たい、心温まるストーリー

疲れた時に戻ってきたくなる、お薬のような作品はありますか?

私にとって、

夏目友人帳はボロボロになった心を癒してくれるお薬のような作品です!

クスッと笑えて、気軽に見ることができるのに、じわじわと疲れをほぐしてくれる温かい作品が大好きです!

「夏目友人帳の雰囲気が好き!」というファンの方が多く、優しいタッチで描かれた田舎の風景や優しい劇伴に癒されます。

大雑把に分かりやすく伝えるならば、トトロのような世界観の作品です。

クスッと笑えるおふざけシーンと、じわっと目頭が熱くなる真面目なシーンのバランスが絶妙で、飽きずに見ることができます。

日々の生活の中では、誰しも避けたくても避けられないストレッサーにぶつかることがあります。

理不尽な世の中で、時には誰かを憎んだり鬱陶しく思うこともあります。

私はそういう時に、夏目友人帳に戻ってきます!

人と妖怪との絆やお互いを思いやる心は、萎んでいる心に元気をくれます!

どんな時でも思いやりと優しさを大切にしようと思える、そんな素敵な作品です!

②気負わず見られる気楽さが魅力

「超泣ける!」「全米が泣いた」などのキャッチコピーで売り出されている作品は気になりますよね。

しかし、それだけ心を強く動かす作品は、見るのにそこそこ体力を必要とします。

夏目友人帳は良い意味で、号泣しない作品です。

泣かせにくる作品は、見るタイミングやシチュエーションが限られてきますよね。

私は、感動系の作品は食事中や次の日に予定がある日は避けるようにしています。

食事中に泣くと味が分からなくなりますし、号泣してしまうと次の日に目がパンパンになってしまうので、見るタイミングに気を遣います…。

夏目友人帳は、泣かせにくる作品ではないので、目頭がじわっと熱くなる程度のストーリーです。

心を動かすというよりは、心を優しく包み込んでくれるような作品です。

食事中でも、次の日に用事がある時でも、家族と一緒でも!

どんなシチュエーションでも気軽に見ることができる、日常に寄り添ってくれる作品です。

③人間と妖怪が寄り添い合うストーリーに感動する!

夏目友人帳は”妖(あやかし)”をテーマに描かれたファンタジー作品です。

しかし、妖怪を倒して平和を取り戻すようなストーリーではなく、どちらかといえば共生を目指すストーリーといった方が近いです。

鬼滅の刃の人間と鬼の距離感が近いように感じますが、鬼滅の刃のような派手なバトルシーンはありません。

人間と妖怪たちがお互いを認め合い、寄り添いあっていく姿に感動します!

最初はいがみ合っていても、言葉を交わせば分かり合える。

そんな救いに満ちた、温かいストーリーに励まされます。

人間関係に悩んでいる方にぜひオススメしたい作品です!

④ニャンコ先生がとにかくかわいい!

夏目友人帳のイメージは?と聞かれると「猫」が浮かぶ方が多いのではないでしょうか。

このとっても愛くるしい猫はニャンコ先生!

ぽってりした丸いフォルムがたまりません…!

ニャンコ先生は食い意地がすごく、ほとんど毎話食事シーンがあります。

私は夏目友人帳の中でニャンコ先生がもぐもぐしているシーンが1番好きです!

なんならニャンコ先生のもぐもぐ食べるだけの作品が見たいです(笑)。

ニャンコ先生は、貴志の死後に友人帳をもらうという契約で、貴志の用心棒を担っています。

「え、こんなまんまるの猫ちゃんに用心棒なんてできるの!?」

と思った方がほとんどでしょう。

いえいえ、侮るなかれ!

ニャンコ先生のまんまる姿は実は仮の姿なんです。

妖怪本来の姿は、バックに大きく描かれている白い方の獣の姿。

妖怪としての名は斑(まだら)といって、強く美しくとてもかっこいいです!

斑に変化すると、声もとてもかっこよくなるので、貴志を助けにきてくれるシーンでは、重思わずキュンとしてしまいます!

声優はニャンコ先生も斑も、あの有名な井上和彦さんが担当されていて、あまりのギャップに驚きます…!

ニャンコ先生モードの時には、ニャンコ先生の寝息も担当されていて、これがたまらなくかわいいんです!

ぜひ、かわいいニャンコ先生で癒されてくださいね!

⑤進んでも進んでも中々終わらない!長く楽しめるシリーズ

大好きな作品に出会った時、残り数ページ残り数分がとても寂しく感じてしまいます。

「続きが気になって、見るのをやめられないのに、終わってほしくない!」と矛盾した感情にやきもきしますよね。

夏目友人帳は長編シリーズなので、長く楽しむことができます!

原作コミックは30巻近く、アニメは第6期分もありますので、「1日で見終わってしまった…」なんてことにはなりません!

次々ページを捲っても、先が長いので惜しまず楽しめます(笑)。

作画やストーリーなど、あらゆる点で癒し要素のある作品なので、疲労感を感じずに見続けられるのも嬉しいポイントです。

ほとんどの話が1話で完結するので、休憩を挟みやすいのもありがたいです!

時間がない時でも「1話だけ見ちゃおうかな」なんてことができる作品です。

アニメ1クール一気見や毎日1話を少しずつ…と自分の生活スタイルに合わせて楽しめる作品です!

⑥神谷浩史さんをはじめ、声優陣も豪華!

夏目友人帳といえば、神谷浩史さんですよね!

神谷さんは、主人公の貴志を演じてらっしゃるので、夏目友人帳といえば神谷さんの声を思い出します。

神谷さんといえば、物語シリーズの阿良々木暦(あららぎこよみ)も演じていらっしゃるように、正義感の強いキャラクターがハマりますよね!

貴志も正義感の強いキャラクターで、神谷さんの声以外はありえない!というくらいハマり役に感じます。

そんな夏目友人帳ですが、神谷さん以外の声優陣もとても豪華なんです!

主要メンバーをまとめてみました!

キャラクター 声優
夏目貴志 神谷浩史(かみやひろし)
ニャンコ先生/斑 井上和彦(いのうえかずひこ)
夏目レイコ 小林沙苗(こばやしさなえ)
名取周一 石田彰(いしだあきら)

その他にも一度は名前の聞いたことのある声優さんがずらっと揃っています!

個人的には学級委員の女の子役を演じられている沢城みゆきさんがたまりませんでした…!

沢城さんといえば、ハスキーでかっこいい女性声優さんというイメージが強いですが、夏目友人帳ではちょっとかわった女の子を演じられています。

夏目友人帳ではハスキーな声ではなく、女の子らしい声で演じられていてとても新鮮でした!

声優好きの方は必見の作品です!

原作コミックとアニメ、どっちがオススメ?

夏目友人帳は原作コミックとアニメの2つの媒体で楽しむことができます。

これから夏目友人帳を見る方は、どちらを最初に見るか悩んでしまいますよね。

結論からいうと、

可能であれば原作コミックから入るのがオススメです!

理由は、

  • アニメにはないお話があるため、漏れなく楽しめるから
  • 原作コミックの絵が綺麗だから

そのため、原作コミックを読んでからアニメを観るという見方が1番オススメです!

しかし、アニメから見ても全く問題のない作品ですので、どちらから見ても楽しめます!

夏目友人帳をオススメできる人できない人

ここまで夏目友人帳の人気の理由や見どころなどについてお伝えしてきました。

夏目友人帳はどんな方にもオススメな万人受けする作品です。

しかし、一部ではあまり好きじゃない…という意見も。

そんな夏目友人帳をオススメできる人、できない人にまとめてみました!

オススメできる人

  • 心温まるストーリーが好きな人
  • 特に女性のオススメ
  • 声優好きの人
  • 人間関係に悩んでいる人
  • 心が疲れていると感じる人

オススメできない人

  • バトルシーンが好きな人
  • アニメは作画を重視する人
  • 極度にホラーが苦手な人

夏目友人帳はバトルシーンはほとんどありませんので、冒険ものファンタジーが好きな方にとっては退屈に感じるようです。

また、アニメ4期まで制作していたブレインズ・ベースはあまり作画の評判が良くないので、作画を楽しみに見ると物足りないかもしれません。

夏目友人帳は妖怪が出てきますが、ホラーのジャンルではありません。

ただ、妖怪の登場するシーンは少しハラハラする場面もあります。

さらに、ちょっと不気味な見た目の妖怪もいるので、極度にホラー耐性のない方は無理して見ないほうがいいかもしれません。

しかし、不気味沙よりも感動の印象が強く残る作品ですので、基本的にはどんな方でも問題なく見られると思います。

原作は少女漫画で、優しいストーリーなので、特に女性にオススメの作品です!

まとめ

いかがでしょうか?

夏目友人帳について、見どころをお伝えしてきました!

個人の印象では、夏目友人帳は夏のイメージが強い作品なので、夏が来ると見たくなる作品です!

愉快な妖怪たちを見て、笑って癒されてくださいね♪

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: