映画

ハーマイオニーはなぜ両親の記憶を消したの?家族とその後はどうなったのかも

世界的大ブームを巻き起こしたファンタジー映画『ハリー・ポッター』シリーズ。日本でもかなり大ヒットした作品ですよね。

しかし、本編以外で明かされる裏設定などもあるため、「よくわからない・・・」と思う部分もあるかもしれません。

今回は、そんな『ハリー・ポッター』シリーズから、

  • ハーマイオニーはなぜ両親の記憶を消したの?
  • 家族とその後はどうなった?

以上についてお伝えしていきたいと思います。

是非最後までお付き合いくださいね。

スポンサーリンク




ハーマイオニーはなぜ両親の記憶を消したの?

マグル生まれでありながらも、優秀な魔法使いとして成長したハーマイオニー。

『ハリー・ポッター』シリーズを観たことがある人も、ない人も、知らない人は少ないかもしれません。

そんな彼女ですが、物語の終盤に、自分のことを含め、両親の記憶を消してしまいます。

決して家族仲が悪いわけでもないのに、一体何故ハーマイオニーは両親から自分の存在を消してしまったのでしょうか。

その理由は、ヴォルデモート率いる闇の魔法使いに大きく起因しています。

当時、ヴォルデモートは魔法省すら制圧し、どんどん勢力を強めていました。唯一対抗できる存在だったダンブルドアも死んでしまい、死喰い人たちはやりたい放題。

そして、ついにマグルの世界にも進出していきます。ハーマイオニーの両親は魔法使いの社会にいないとはいえ、既にヴォルデモートの手の届く場所にいたのです。

その上、ハーマイオニーはハリーとかなり仲がいい。

ヴォルデモートたちは、とにかくハリーを探し殺すことを目的としています。ダンブルドア亡き後、彼の懸念はもはやハリーしかいなかったのです。

この状況だと、ヴォルデモートはハーマイオニーの両親に目をつける可能性が非常に高いのがわかると思います。ましてや両親はマグル。もし見つかってしまえば、なすすべもなく殺されしまうでしょう。

不死鳥の騎士団などで守ることもできたでしょうが、魔法を使えない両親は、戦いにおいてはお荷物になるしかない・・・。

ハーマイオニーは、記憶をなくすことで自分と両親の縁をきり、新天地(オーストラリア)で安全に暮らしてもらう、という選択をしたのでした。

スポンサーリンク




家族とその後はどうなった?

ハーマイオニーが記憶を消したのは、両親に安全に暮らしてもらうため、とお伝えしました。

しかし、ヴォルデモートを倒した後、もう危険がなくなりました。物語が終わった後、ハーマイオニーとその両親は一体どういう道を選んだのでしょうか。

ハーマイオニーが使った呪文は「オブビリエイト」。本来であれば、この呪文で消された記憶が元に戻ることはありません。

元々の用途は、魔法を目撃してしまったマグルに使うものだったので、記憶を戻す必要がそもそもなかったのです。実際に、使用されたロックハートの記憶は物語が終わるまで戻っていませんでした。

ただ、原作者のJ.K.ローリング先生によると、ハーマイオニーの両親の記憶は戻り、幸せに暮らしたそうです。

元々、ほとんど使われないような解除呪文が存在していたのか、呪文を作ったのかはわかりません。(『謎のプリンス』でスネイプ先生が新しい呪文を作ったことから分かる通り、緻密な計算を行えば呪文は作ることができるようです)

ただ、ハーマイオニーが記憶を消した段階では、彼女も基本的に記憶が戻らないことは理解していたと思うので、かなり苦渋の選択だったと思います。

これを知ると、より一層泣けるシーンになりますね・・・!

まとめ

いかがだったでしょうか。

これまで、『ハリー・ポッター』シリーズについて、何故ハーマイオニーが両親の記憶を消したのかを詳しく解説していきました。

まとめると、

  • ハーマイオニーが両親の記憶を消したのは、ヴォルデモート率いる闇の勢力から守るため
  • 記憶を消し、新天地オーストラリアで安全に暮らしてもらう
  • 物語が終わった後、両親の記憶は戻り、ハーマイオニーとも再会している

ちなみにこのハーマイオニーが両親の記憶を消すシーン。原作にはない映画オリジナルのシーンだそうです!

原作しか読んだことがない!という方も、涙なしには見れない必見のシーンですので、是非チェックしてみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA