映画

ヴォルデモートはなぜ死んだの?負けた理由と最後の呪文の意味についても

J.K.ローリングによる大人気小説『ハリー・ポッター』シリーズ。世界的にもベストセラーな上、映画も大ヒット。続編となる『ファンタスティック・ビースト』シリーズも制作されており、今なお人気は衰えるところを知りません。

しかし、観ていくと疑問に思う点が出てくるかと思います。

そこで、今回は、その中から

  • 「ヴォルデモートVSハリー」最後の呪文と残る疑問
  • ヴォルデモートはなぜ死んだの?負けた理由を解説!

以上についてお伝えしていきたいと思います。

是非最後までお付き合いくださいね。

スポンサーリンク




「ヴォルデモートVSハリー」最後の呪文と残る疑問

『ハリー・ポッター』シリーズ通しての悪役・ヴォルデモート。

主人公・ハリーとかなり因縁がある存在で、物語の最後にも二人は直接決闘します。

まず、ヴォルデモートは分霊箱と呼ばれる、自身の魂を分け与えた存在を作っていました。

これを先に破壊されなければ、ヴォルデモートは死ぬことはない・・・まさに無敵。

その分霊箱は、なんと7個も作られていました。

  • トム・マールヴォロ・リドルの日記
  • マールヴォロ・ゴーントの指輪
  • サラザール・スリザリンのロケット
  • ヘルガ・ハッフルパフのカップ
  • ロウェナ・レイブンクローの髪飾り
  • ナギニ
  • ハリー・ポッター

なんとハリー・ポッターも分霊箱なんですよね。

そして、『死の秘宝』でのヴォルデモートとの決闘直前、ハリーは一度死んでしまったのを覚えているでしょうか。この時に、ハリーは分霊箱ではなくなります。

最後まで残っていた分霊箱であるハリーと、ナギニはネビルに倒され、ヴォルデモートが作った分霊箱は全てなくなりました。

こうして、ヴォルデモートも倒すことができるようになったのです。

そして、ハリーとヴォルデモートの最終対決。ヴォルデモートが唱えたのは、「アバダ・ケダブラ」(死の呪文)。対して、ハリーは「エクスペリアームス」(武装解除呪文)でした。

 

・・・ん?なんか引っ掛かりますよね・・・?

 

武装解除呪文を唱えたはずのハリーでしたが、それでも何故かヴォルデモートは死んでしまいます。

この場面を不思議に思う方も多いのではないでしょうか!その理由について次項より説明していきます!

スポンサーリンク




ヴォルデモートはなぜ死んだの?負けた理由を解説!

武装解除呪文を唱えたはずなのに、何故かヴォルデモートは死んでしまった。

一体何故なのでしょうか。

そこには2つの理由があります。

①リリーの保護呪文がまだ効いていたから

ヴォルデモートとの対決の時、ハリーは成人していました。ハリーにかけられたリリーの守護呪文は、成人すると共に消えるはず。

しかし、ヴォルデモートは「成人する前のハリーの血液」を使って復活しました。そのため、ヴォルデモートの体には、リリーの保護呪文が有効なまま保たれていたのでした。

そのため、ヴォルデモートがハリーに対し、本来の力を発揮することはできませんでした。

②ニワトコの杖の主人がハリーだったから

当時、ヴォルデモートは最強の杖であるニワトコの杖を使っていました。しかし、このニワトコの杖の特徴として、現在の主人を倒した・奪った相手に忠誠を誓うというものがあります。

そのため、決戦の時の主人はヴォルデモートではなく、ハリーでした。

杖は忠誠を誓う相手に呪文を送ることはできないので、全てヴォルデモートに跳ね返ってきます。

彼が唱えたのは死の呪文「アバダ・ケダブラ」。この呪文が跳ね返ると、ヴォルデモートにこの呪文がかかってしまうのです。

つまり、ヴォルデモートは自分がかけた呪文で、自分を殺してしまったのでした。

まとめ

いかがだったでしょうか。

これまで、『ハリー・ポッター』シリーズの、ヴォルデモートとハリーの最終決戦についてを詳しく解説していきました。

まとめると、

  • 最終決戦で、ヴォルデモートが唱えたのは「アバダ・ケダブラ」(死の呪文)。ハリーは「エクスペリアームス」(武装解除呪文)
  • それでも死んでしまったのは、ニワトコの杖の主人がハリーだったから
  • ヴォルデモートは、自分がかけた呪文で、自分を殺してしまった

ヴォルデモートとハリーの最後の決戦を観た時、「あれ?意外と呆気なく倒してしまった」と思ったことを今でも覚えています。

特に、ハリーが唱えたのは「エクスペリアームス」なのに・・・と。

今回の解説で、疑問を消すことができれば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA