アニメ

物語シリーズのアニメは何話まである?見る順番や評価と感想まとめ!

物語シリーズとは「化物語」をはじめとする西尾維新さん原作の小説シリーズで、講談社BOXより刊行されています。
2009年に制作会社にシャフトを迎えてアニメ化されたときには、アニメが多くの話題を呼び、それ以降の深夜アニメにとてつもない影響を残しました。その人気は未だに多くのファンがいることからもわかる通り、深夜アニメというカテゴリーの中では凄まじいものの一つでした。

今回の記事では、この「物語シリーズ」のアニメについて、

  • このアニメは全部で何話あるのか?
  • 見る順番はどのようにしてみれば良いのか?
  • このアニメの評価や感想はどのようになっているのか

などといったことを記述していきたいと思います。

スポンサーリンク




物語シリーズのアニメは何話まである?

物語シリーズの放送されたアニメの話数をまとめてみます!

タイトル 話数
化物語 15話
偽物語 11話
猫物語(黒) 4話
物語シリーズセカンドシーズン
・猫物語(白)
・傾物語
・花物語
・囮物語
・鬼物語
・恋物語
28話
憑物語 4話
終物語 20話
暦物語
(IOS,Android向けにアプリでリリース)
12話
続・終物語 6話
傷物語 第一部「鉄血編」 映画
傷物語 第二部「熱血編」 映画
傷物語 第二部「冷血編」 映画

以上がアニメとして放送、上映されています。

アニメの話数としては全てを合わせて全88話。劇場版アニメが3作品公開されています。

スポンサーリンク




物語シリーズのアニメを見る順番は?

このアニメに関しては公開された順に見ていくのが定石だと思います。この作品自体が以下の順番で描かれていったので、それに従って見ていくのが一番わかりやすくて良いと思います。

  1. 化物語
  2. 偽物語
  3. 猫物語(黒)
  4. 猫物語(白)
  5. 傾物語
  6. 花物語
  7. 囮物語
  8. 鬼物語
  9. 恋物語
  10. 憑物語
  11. 終物語
  12. 傷物語
  13. 続終物語

しかし、物語シリーズには作中内での時系列があり、その順番で見るのも良いのではないかとも思います。

その順番とは・・・

まず、映画化された「傷物語」が時系列順では一番最初になります。その次に「猫物語(黒)」そのあとに「化物語」と続いていきます。順番をまとめていくと・・・

  1. 傷物語
  2. 猫物語(黒)
  3. 化物語
  4. 偽物語
  5. 傾物語
  6. 鬼物語
  7. 猫物語(白)
  8. 終物語
  9. 囮物語
  10. 恋物語
  11. 憑物語
  12. 花物語
  13. 続・終物語

このように時系列順にこのアニメを見ていくのも一つの手だと思います。主人公やそのキャラクターたちが実際に体験している順番に物語を見ることができるのでこの見方をしておけば、登場人物たちに感情移入して見るような人などにとっては、とても良い感じの見方になるのではないかと思いましたので、時系列順を掲載しておきました。

見る人によっては時系列順に見るのがとてもこの作品を視聴するにあたって一番良いでしょうが、基本的にはやはり先述したこのアニメが公開されてきた順番で見る方がわかりやすくてとてもいいのかもしれません。

スポンサーリンク




物語シリーズの評価や感想まとめ

この作品の感想や評価をまとめていきたいと思います。

良い評価

・「説明を聞いているだけど面白いと思わせるような内容。」

・「主人公だけでなく、ヒロインのキャラたちも好きになれるような話の内容に全体的になっている。」

・「声優の演技がとてもキャラにハマっている印象を受けた。」

・「OPEDの入り方が神がかっていて鳥肌がたった」

・「良い意味での実験作。読み切ることのできない文字画面の連続や学園物語でありながら、モブキャラを完全に排除した風景。その他面白い演出をこれでもかというほどにやっていて、アニメで新しいことをやっているという感覚が見ていながらあってとても面白かった。」

など、この作品の演出や、特徴的な会話劇を称賛する声が多かったです。この作品は歴代アニメの中でもかなりの高評価を得ていて、熱狂的なファンがものすごく多い作品です。なので、高評価の中にはものすごい文章量の感想を書いている人や高度な分析をしている人がいたりして見ていてとても面白かったです。

悪い評価

・「この作品の芸術性がよくわからない人には、単なるわけのわからないアニメに見えてしまうところがある。」

・「たまに会話が凡兆に聞こえてしまうことがある。」

・「たまに挟まれる色々な描写などが、この作品の特徴を壊してしまっている節があると感じる。」

など、この作品の特徴的な部分であり、なおかつこの作品というものを決定づけている描写が合わなかった人や訳がわからなかった人には極端に酷評されている節があると感じました。やはり、この作品は見る人を選ぶ作品であるのかもしれません。

しかし、この作品の放送された当時においてアニメという表現に新たな風を吹き込んだ姿勢は評価に値するものがとてもあると思います。

原作からして確かにクセが強いところが多く、受けつけることのできない人には受け入れることのできないものがある作品にあるように思えますが、その一方でこの作品に対して好意的な感情を持っている人は、とても熱狂的なファンが多いとも感じるのでやはりこの作品はものすごい作品なのだろうなと思います。

自分の好きなキャラクターができれば、より面白くなる作品だなとも思いました。

スポンサーリンク




まとめ

今回の記事をまとめると、

●物語シリーズのアニメの話数は82話。2019年より放送されている「続・終物語」を合わせると88話。

●劇場版作品である「傷物語」全三部作が映画として公開されている。

●アニメを見る順番は基本放送された順番に見るのが一番良い。

●アニメが放送された順番と時系列は違う。

●時系列順にアニメを視聴していくのもあり。

●このアニメの評価は全体的にかなり高い、しかし、人を少し選ぶような内容や表現があるように感じられた。

などといったことを記事にしました。

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

もし、皆さんのお役に立てたのなら嬉しいです。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。