アニメ

リボーンのアニメは全部で何話まで?何編なのかと見る順番まとめ!

天野明先生によって、週刊少年ジャンプにて連載されていた大人気漫画・『家庭教師ヒットマンREBORN!』(『リボーン』)。

まさに一生を風靡したような作品で、今から「ちょっと観てみようかな〜」という方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は『リボーン』のアニメについて、

  • リボーンのアニメは全部で何話・何編?
  • リボーンのアニメを見る順番まとめ!

以上についてお伝えしていきたいと思います。

是非最後までお付き合いくださいね。

スポンサーリンク




リボーンのアニメは全部で何話・何編?

まずは、『リボーン』のアニメが何話あるのかについてお伝えしていきます。

『リボーン』は過去に一度しかアニメ化されていません。放映日などは以下の通りです。

タイトル 放映日 話数
『家庭教師ヒットマンREBORN!』 2006年10月7日 –
2010年9月25日
 全203話

通年で枠が取られており、約4年ほども放送されていた御長寿アニメですね。

話数も多く、全部で203話もあります。1話25分だとしても、総視聴時間は、なんと5075分・・・。大体84時間半ほどですね。

一日一時間見るとしても、3ヶ月ほどかかってしまいます。

ただし、原作漫画と照らし合わせた場合は、まだまだ少ないほうです。

というのも、アニメ『リボーン』は原作漫画の最後までを映像化したわけではなく、途中で終わっているのです。(原作は400話以上あります・・・!)

それでは、一体どのお話がアニメ化されたのかというと・・・、

  • 「日常編」
  • 「VS黒曜編」
  • 「VSヴァリアー編」
  • 「未来編」

の4つの編になります。

「継承式編」以降、「虹の呪い編」や「日常編」はアニメ化されていません。

ただし、時系列は原作から改変されているのも、アニメ版の特徴の一つです。(ただ、内容自体は原作に忠実なもの)

この4つの編が、アニメのどこに当たるのかというと、

話数
日常編 標的
・1から19
・27から33
・38から39
・38から39
VS黒曜編 標的
・34から37
・40から65
VSヴァリアー編 標的
・34から37
・40から65
未来編 標的
・74から141
・154から177
・190から203

標的というのは、第○話の『リボーン』的言い回しだと思ってください。

それぞれのメインストーリーに、原作だと最初の方に描かれていた「日常編」が挟まる、といった感じですね。

スポンサーリンク




リボーンのアニメを見る順番まとめ!

前項で、アニメ『リボーン』は原作と時系列が違う・・・!というお話をしたかと思います。

となると、どこからアニメ『リボーン』を観ていいかわからない、というかたも出てくるかと思います。

そこで、本項ではアニメ『リボーン』を観る順番について、お伝えしていきます。

オススメなのは、公開順に観ていく方法。

再構成されているとはいえ、順番通りに放映されていたのですから、公開順に観ていっても、ストレスフリーに観ることができるはずです。

恐らく、メインストーリーの合間に「日常編」が挟んでいるのは、箸休め的な役目もあるかと思いますので、ハードなストーリーの間に小休憩が挟まるのは、長期シリーズを観るに当たって大切なことかもしれませんね。

公開順に観ていく場合
  1. 「日常編」
  2. 「VS黒曜編」
  3. 「VSヴァリアー編」
  4. 「未来編」(「未来チョイス編」→「未来決戦編」→「アルコバレーノ編」→「Ⅰ世(プリーモ)ファミリー編」)

是非参考にしてみてくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

これまで、『家庭教師ヒットマンREBORN!』(『リボーン』)のアニメについて、話数や観る順番を詳しく解説していきました。

まとめると、

  • 『リボーン』のアニメは、203話あり、総視聴時間は84時間半ほど
  • 「日常編」・「VS黒曜編」・「VSヴァリアー編」・「未来編」の4つの編で構成されている
  • 観る順番は公開順で!

「未来編」は原作漫画でいうと、大体30巻までの内容になります。

原作のストック自体はまだ12巻ほどありますし、最近は『ブリーチ』のように連載終了した作品の再アニメ化も目立ちます。

もしかしたら第二期が来るかも・・・?と期待してしまいますね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA