アニメ考察

【無能なナナ】中島ナナオが生存していて再登場!?覚醒した能力と正体について

るーすぼーい原作の推理サスペンス漫画『無能なナナ』の各キャラクターについて、詳細情報をお伝えしていきます。

この記事では・・・

中島ナナオが生存していて再登場した理由

中島ナナオの覚醒した能力と正体

中島ナナオのプロフィール

※ネタバレを含む内容となっていますのでご注意ください。

スポンサーリンク




中島ナナオのプロフィール

名前 中島ナナオ
性格 覚醒前
⇛おっとりした性格、消極的覚醒後
⇛オラオラ、トゲトゲ
能力 覚醒前
⇛自分に向けられた能力の無力化覚醒後
⇛人間本来の能力の無効化
⇛人を操る

家は裕福だが父親は厳しく、リーダーになれと言われこの島にやってきました。

ですがクラスメイトから「自称リーダー」とからかわれ、いじめに遭っています。

そんな彼のリーダーの素質を見抜いたナナは彼と親しくなり、そして崖から突き落とし”死んだ”とされていました。

スポンサーリンク




中島ナナオが生存していて再登場!?

無能なナナの漫画1巻目、アニメだと1話目に登場したキャラクター「中島ナナオ」ですが、彼はナナに崖から突き落とされて死んだと思っていました。

そんなナナオが・・・

原作漫画7巻にて再登場しました!

これには驚かれた方も多いと思います。

ですが以前からナナオは生きてるのではないか?また出てくるんじゃ?と噂されていました。

その理由はいくつかあります。

まず、ナナオが”死んだ”とは作中で語られておらず、”行方不明”と言われていたからです。

次に前半部分で柊ナナに殺された生徒は他にもいますが、死んでるシーンがしっかり写っていたのにナナオだけは崖から落ちたあと誰も発見できていないことも理由のひとつです。

そして7巻でやはり登場したのですが、7巻発売前から7巻の表紙がナナオになっていることで生きてる説が再燃し、噂が一気に広まったという流れとなります。

そんな中島ナナオは結構な高さのある崖から突き落とされたのになぜ生きていたのでしょう?

スポンサーリンク




中島ナナオが生きてる理由はなぜ?

あんな高い崖から突き落とされたにもかかわらず生きていたのはこんな理由があります。

中島ナナオが生きていた理由は・・・

鶴岡タツミに助けられていた

鶴岡タツミとは柊ナナの上司であり、委員会と呼ばれる国家組織のメンバーです。

委員会とは・・・

【表向き】人類の敵といわれる存在と戦うために能力者を孤島に送り訓練・教育をする機関

【裏】能力者=人類の敵と考えている組織であり、能力者の抹殺が目的

鶴岡は野党大物政治家と結託し、柊ナナを使い能力者狩りをしていました。ですが、ナナが心変わりをしてしまい、能力者を殺さなくなってしまいました。

そこで鶴岡が次の殺人鬼のターゲットとして選んだのが『中島ナナオ』です。

(恐らく中島ナナオのことはナナから報告を受けていたものと思われます)

ナナオの”能力の無力化”という能力に目をつけた鶴岡はナナがナナオを突き落としたと報告を受けたあとで、ナナオを助けたようです。

だからキョウヤがナナオの時計だけは見つけていたけど遺体は見つからなかったんですね~フラグ回収です。

(実際には助けた描写は描かれていません)

しかし、ナナから中島ナナオを殺したと報告を受けたにもかかわらず、なぜ鶴岡はナナオを助けにいったのでしょう?

死んだと報告を受けていれば鶴岡なら助けにいかないと思うんですけどね。

・・・もしかすると鶴岡は死んでいたとしても生き返らせる能力があるのか?

ちょっと疑問が残る点ですが、分かり次第追記していきたいと思います。

スポンサーリンク




ナナオの覚醒した能力と正体

最初に登場したナナオはとても大人しそうで弱々しい印象ですが、7巻で登場したナナオは当初と風貌も喋り方もすべてが変わり、怖い感じに変わってしまいました。

そしてなによりも、能力が覚醒していました。

ナナオの能力はもともと、自分に向けられた能力の無力化でした。

それが再登場した時には恐ろしい能力に変わっていました!

覚醒後の能力は・・・

人間本来の能力を無効化できる

人間本来の能力とは一体なんなのか?作中でナナオはこう説明しています。

サルからすれば人間が文字を使うのは立派な異能力なわけだよ

たとえば人間が人殺しをためらうのはなぜか

法律を遵守しようとか罪悪感に苛まれるからとか・・・

まあ脳がブレーキをかけるわけだね

これも人間だけがもつ美徳というか 異能力なんだ

つまり、脳のブレーキを無効化することができるということです。

そしてこの能力の一番厄介なこと、それが・・・

人を操ることもできるということです。

脳のブレーキを無効化された人はナナオの言う通りに人殺しでもなんでもやってしまうようになります。

人を操ることで、ナナオ自身は手を汚さずに能力者狩りができるということです。

人を操り、人を殺させる

これがナナオの真の正体です。

つまりこの漫画の中でよく言われる”人類の敵”・・・それが中島ナナオでした。

そしてそれを覚醒させたのが、鶴岡でした。

無能なナナ 考察
三島コハル 三島コハルの能力ネタバレ!
小野寺キョウヤ 準備中
鶴岡タツミ 準備中
スポンサーリンク




まとめ

Q.中島ナナオの覚醒した能力

人間本来の能力を無効化&人を操る

Q.中島ナナオの正体

人類の敵

いつも斜め上の発想で我々読者をビックリさせる『無能なナナ』

8巻ではナナオがどうやって助けられたのか、どうやって能力が覚醒できたのかなどが語られるはず!

2021年新春発売予定とのことですので、それまで待ちましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA