fate

Fate間桐桜は過去に何があった?魔術(能力)や黒桜の強さについても

新作映画『劇場版 Fate/stay night [Heaven’s Feel] III. spring song』が絶賛公開中な、大人気作品『Fate/stay night』シリーズ。
本作のメインヒロインに、間桐桜と言うキャラクターがいます。
今回は、この間桐桜に焦点を当てて、

  • 間桐桜は過去に何があった?
  • 間桐桜の魔術はどんな能力?
  • 黒桜の強さについて

以上についてお伝えしていきたいと思います。※ネタバレ注意です!※
是非最後までお付き合いくださいね。

スポンサーリンク




間桐桜は過去に何があった?

まずは、間桐桜の過去に何があったのかについて、軽く解説していきましょう。
一言で言ってしまうと、

遠坂家から間桐家に養子に出された挙句、間桐家で壮絶な仕打ちを受けていた

と言うことですね。
元々、桜は遠坂凛の妹として、遠坂家に生まれました。

ただ、魔術師一族において、後継者が二人いることは後継者争いのタネになりかねないこと、また一子相伝であったこと、そして遠坂家と同盟関係にあった間桐家の方では、後継者が魔術回路をもたずに生まれてしまい、一族が断絶寸前だったこと、桜にも魔道の家門の庇護が不可欠であったことなどがあり、両者円満に桜が引き渡されることとなったのです。

当時は桜の髪の色は黒く、凛と姉妹だと言われると、納得する養子をしていました。しかし、間桐家の方で受けた仕打ちにより、髪の毛は脱色してしまい、まるで別人のようになってしまったのです。

その仕打ちと言うのは、渡り蟲による凌辱と、義兄となる慎二からの虐待です。

元々、桜は遠坂家の生まれですので、間桐の魔術に対する親和性がありませんでした。そこで、間桐家は渡り蟲に桜を凌辱させることで、無理やり間桐家の魔術に馴染ませていたんですね。凌辱の内容は言えるような内容ではありませんが、『Fate/Zero』の方で描写があります。

しかも、この渡り蟲による凌辱の先にあるのは後継者ではなく、あくまで後継者を産ませるための機械でした。あまりにも酷い。

スポンサーリンク




間桐桜の魔術はどんな能力?

続いて、間桐桜の魔術にはいったいどんな能力があるのかについても、解説していきます。

まず、間桐桜が生まれついて、(間桐に馴染まされる前から)持っていた魔術属性は「架空元素・虚数」でした。これはかなり貴重な属性で、名門魔術師一族の庇護がなければ、研究対象としてホルマリン漬けにされていたかもしれない、と言うほどのものです。

魔術属性とは・・・
『地、水、火、風、空』の五大元素+「虚、無」の架空元素二つがある。特に「虚数」はかなりの希少価値があり、なんと五大元素全てに特性を持つ人間と同等の価値があると言う。

ただ、

  • 間桐家の魔術に無理やり馴染まされ、属性を歪められたこと
  • あくまで「胎盤」としての機能しか求められていなかったため、魔術は教わっていなかった

ことなどがあり、魔術師としての能力はかなり低めのものになっています。

サーバントのマスターとしては優秀でしたが・・・、一人の魔術師として見たときは、魔術にほとんど触れてこず、作中でもかなり酷い言われようをされている士郎とどっこいどっこいなのではないでしょうか。

そして、彼女が持っている属性である「架空元素・虚数」ですが、これはかなり説明が難しく・・・・公式によると、

「(魔術的には)あり得るが物質的に無いものを扱う魔術」

とのこと。『FGO』の方では比較的「虚数」がよく使われていますが、「Stay night」の方ではほとんど活用されていないです。その全貌もあまりわかっていないですね。

『Fate』シリーズ全体で見ても、『FGO』のレフ・ライノーズ、ロード・エルメロイII世の事件簿』のトリシャ・フェローズ、そして桜の三人しか使い手が明らかになっていない代物です。

スポンサーリンク




黒桜の強さについて

最後に、間桐桜が『Heaven’s Feel』ルートで見せた黒桜の強さについても解説していきます。

通称「黒桜」は、「この世の全ての悪」アンリマユが桜を汚染した形態です。なぜこうなったのかは余談になるので、参考程度においておきますね。

聖杯戦争は冬木市で何度も行われており、その第四次聖杯戦争を終えた桜の義父・臓硯は、聖杯のかけらを桜に埋め込んだ。黒聖杯の拠所のようなものですね。

ただ、一定の条件が整わなければ、聖杯として覚醒することはありません
ただ、『Heaven’s Feel』ルートでは、「士郎に選ばれた状態」で「凛に嫉妬」することで、ネガティブ感情が一気に爆発。黒聖杯として機能し始める。

その状態で、聖杯戦争のなかでサーバントが死んでいくたびに、桜は吸収していく。英霊の魂が桜の体に集中することで、桜の精神は追い詰められていく。また、さらに「この世の全ての悪」は大聖杯から魔力を受け取るのだが、それと一緒に呪詛まで桜に流れ込んでいる
結果として、桜は「この世の全ての悪」を受け入れることとなる。なお、これは「この世の全ての悪」に乗っ取られているわけではなく、あくまで桜自身である。

そんな黒桜の強さですが、サーバントに対しては正直チート級です。サーバントで倒すことはほぼ不可能だといえます。

まず、黒桜は体内の聖杯を通して大聖杯の魔力を引き出せるため、ほぼ無限の魔力を使うことができます。さらに、桜の「虚数」特性、間桐家の「吸収」を掛け合わせた「影」と言う魔術を使います。これは、あらゆる生物を吸収することができると言うもの。

サーバントはあくまで「聖杯によって呼ばれたもの」であり、聖杯の影響下にあります。この「影」はサーバントにも有効で、「黒化」することができます。(ギルガメッシュ除く)
さらに、黒桜が使役する影の巨人たちは一人一人が宝具並だと言われています。それなのに、黒桜はこの巨人を無限に使役することができるのです。

サーバントの中でも最強級であるギルガメッシュですら、勝てませんでした。(これは慢心のせいだ、と言う話もありますが・・・)

そもそもサーバントと黒桜の相性がかなり悪いと言うのもありますので、サーバントに対してはかなりチート級の強さでした。

まとめ

いかがだったでしょうか。
これまで、『Fate』シリーズの間桐桜について、過去や魔術、黒桜の強さを詳しく解説していきました。
少しまとめてみると、

  • 間桐桜は渡り蟲による凌辱と、義兄となる慎二からの虐待を受けて育つ
  • 持っている魔術特性はかなり異質なもので、「(魔術的には)あり得るが物質的に無いものを扱う魔術」
  • 黒桜はサーバントに対してはチート級の強さ

となりますね1

最後までお読みいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA