ニュース

女性天皇はなぜダメなの?理由と女系天皇との違いについても

5月1日に新天皇が即位し、令和時代が始まりましたね!

どこもかしこもお祭り騒ぎで、なんだか浮き足立っちゃいますねぇ~!

が、しかし!!新しい時代が始まったばかりだというのに、今後の天皇を継がれるお方がいなくなるんじゃないか問題が勃発しているようです。

 

新天皇のお子さんの愛子さまがいるじゃない!ダメなの!?

そんな風に思われている方も多いようです。

 

皇室ルールってなかなか知る機会ってないですよねぇ・・・。

 

そこで今回は

  • 女性天皇はなぜダメなの?理由と女系天皇との違いについても

こんなテーマでお送りしていきたいと思います~!!

皇位継承資格者がいなくなる問題勃発?

冒頭でもお話しましたが、今後、天皇の後継者がいなくなるかもしれない!というのが問題になっています。

ニュースなどでもこれがバンバン議論されているのでどういう事なのかお分かりの方も多いと思いますが

おさらい的な感じでお伝えしたいと思います。

 

 

まず、皇室には皇室の決まりがあります。

それを定めているのが『皇室典範(こうしつてんぱん』という皇室に関する日本の法律を定めたものがあります。

そこに皇位継承者についてこう書かれています・・・

皇位継承資格は皇統に属する男系男子のみ。(第1条)

皇室典範より

難しい言葉が出てきましたねぇ。

簡単に言うと

お父さんが皇族で、その子供も男ということ。

これを男系男子(だんけいだんし)といいます。

 

逆に、お父さんが皇族で、その子供が女だとすると

男系女子ということになります。

 

話しを戻しますね。

 

皇室典範に記されているルールでいくと、現時点で天皇を継ぐことができる男系男子は3名しかいないんです。

1人目 秋篠宮さま(53歳)

2人目 悠仁さま(秋篠宮さまの長男) (12歳)

3人目 常陸宮さま(上皇陛下の弟) (83歳)

新天皇陛下のご年齢は59歳です。となると、何事もなければ令和は約20~30年続くのではというのが世論の見方です。

では、新しい元号になる時に、今回のようにまた新たに天皇になられる方がいなければいけないのですが

例えば30年後としたら、

●秋篠宮さまは83歳

●悠仁さまは42歳

●常陸宮さまは113歳

となります。

 

もうお分かりだと思いますが、ご年齢を考えても次に天皇になられる方は皇室ルールに基づくと悠仁さましかいらっしゃらないということになります。

 

じゃあ、その後は?

 

そうなんです。悠仁さまが今後ご結婚されて、お子さんがお産れになった時に、男の子であれば将来の後継者となることができますが、女の子だったらどうしましょう?

2人目も3人目も女の子だったら・・・?

もしこんな結末を迎えてしまったら、皇位継承者はいなくなってしまいます。

というか

遅かれ早かれ、皇位継承者がいなくなってしまう可能性が非常に高い!

これはまずい!!というのが

勃発している皇位継承者問題です。

 

悠仁さまにかかるプレッシャーが・・・すごいですね・・・。将来ご結婚される方も男の子を産まなければというプレッシャーで病みそう・・・

スポンサーリンク




なぜ女性天皇じゃダメなの?理由を解説!

先のテーマの続きになりますが

男がいなくなりそうなら、女を天皇にしたらいいじゃん!

天皇の次期後継者は愛子さまでもいいじゃん!!ダメなの!?

こう思われている方も非常に多いと思います。だからこそ、この記事をご覧になられているんだと思います。

僕もそう思いました!

しかし、皇室典範に記されているルールが男系男子なので、今は女性の天皇は認められていないんだそうです。

しかし、厳密に言えば、歴代天皇の中に女性天皇は存在します!

 

なので、本当であれば愛子さまが天皇になることは可能なんです!!

 

しかし!!なぜ天皇の後継者として愛子さまの名前が挙がってこないかというと

その必要がないから!!です。

 

どういうことかと言うと

歴代の天皇の中に女性がいるのは緊急や中継ぎの例外的措置だったそうです。

例えば、

現天皇がもし早くに崩御されてしまった時に、新天皇になられる資格があるお方がまだ10歳の子供だったらどうでしょう?

そんなのあり得ませんよね。

なので、その方が天皇に即位しても問題ない年齢までの間、例外的措置で緊急に中継ぎとして女性が天皇を務めるということです。

 

今回の場合、悠仁さまが継承者としていらっしゃる為、例外的措置の必要性がないため愛子さまが皇位継承者とはならないということみたいですね。

 

まとめると、

●実は女性が天皇になることはできる!

しかし!!

●緊急時や次期天皇が即位しても大丈夫になるまでの中継ぎとして例外でOK

ということなんだそうです。

スポンサーリンク




女性天皇と女系天皇の違いと女系天皇がダメな理由について

天皇という言葉の他に

天皇という言葉があります。

 

先のテーマにも通ずるんですが、

女性天皇がダメなのではなくて、女系天皇がダメ!といわれているんです。

なになに?なにが違うの?

ということで、違いについてまずは解説していきます!

 

簡単に言います。

~女性天皇とは~

天皇になられた方が女性であること

 

~女系天皇とは~

お母さんが皇族でお父さんが民間人の間に産まれた方が天皇になること

 

愛子さまを例に挙げさせていただきます。

 

  • 愛子さまが天皇になられた → 女性天皇
  • 愛子さまが一般人と結婚し、その子供が将来天皇になった → 女系天皇

ということです!

さっき男系男子という言葉がでてきたかと思うんですが

男系 → お父さんが皇族

女系 → お母さんが皇族

皇族の血を受け継いでいるのは男(お父さん)か!?女(お母さん)か!?

って感じでしょうか。

 

女性天皇と女系天皇の違いはお分かりいただけたでしょうか?

 

 

では最初に戻って、女系天皇がダメと言われている理由について解説したいと思います。

 

女系天皇がダメと言われている理由は・・・ズバリ!!

権力の問題があるから!

といわれています。

 

どういうことかというと

日本に起きた昔の戦争映画などで

「天皇陛下、万歳!!」なんてセリフ聞いたことありませんか?

今でこそ、リアルにこうおっしゃる方は少ないと思うんですが

天皇というのは日本の象徴という風に言われていますが

いわば、日本のトップということなんです。

総理大臣より、地位は上ということです。

 

なので、乱暴な言い方をすると

天皇のたくらみで日本を滅茶苦茶にすることだってもしかしたら可能!?かもしれません。

しかし、どうでしょう。

自分と血のつながりがある先代、そのまた先代が脈々と受け継いできた天皇という仕事を通して、守ってきた日本国を壊そうと考える身内ってなかなかいないのではないでしょうか?

 

つまり、信用度ですね。

 

世間でよくあるのが会社ですね。将来自分の子供に会社を継がせる社長って多いですよね。

考え方としてはそれと同じです。

身内がやったほうが安全だから、天皇は身内がやる!

そうして、現在までに126代の親戚を含めた身内が天皇を代々継いできています。

 

しかし、女系天皇となると、自分ちが126代が守ってきた天皇という座を他の家に渡すことになってしまいます。

 

 

眞子さまと小室圭さんを例にだしてみます。(大変失礼かと思いますが・・・)

 

眞子さまが仮に現在の天皇だとして、のちに小室圭さんと出会い結婚したとします。

そして子供が産まれ、将来皇位を継承したとします。

そうなると、眞子さまと結婚した小室圭さんの、小室家の皇族ができあがります。小室家王朝とでもいうんでしょうか。

それでもし、もしもですが!

よからぬことをたくらんでいる一族だとしたら、今まで守ってきたことが全てパーになってしまいます。

つまり、この一族は権力を悪いほうに使ってしまうかもしれないリスクがあるということになります。

 

そんなリスクは背負えないので、これまで通り、同じ一族が親戚同士で皇室を守っていきましょう。

ということらしいです。

 

なので、これまで女性天皇はいましたが

女系天皇になったことはただの一度もないんだそうです!!

 

れって、実はものすごいことなんですよね。

126代が同じ一族なんですよ。

何年間続いてるんでしょう?数百年?それ以上?

 

でも逆に、皇族に産まれてしまった男の子は将来の選択肢が無い・・・ってのもなんだかかわいそうな気もしますね・・・。

スポンサーリンク




まとめ

ということで今回は

  • 女性天皇はなぜダメなの?理由と女系天皇との違いについても

でお送りしていきました!

 

まとめると

  • 女性天皇が誕生しちゃダメなの!?

→女性天皇はダメじゃない!別にOKなんだけど、例外的措置としてね!

  • 女性天皇と女系天皇との違いは

→女性天皇は天皇が女性であること

→女系天皇はお母さんが皇族、お父さんが一般人の間に産まれた子が天皇になること

 

皇室ってほんと別世界って感じなので、ルールがよくわかりませんよね。

だけど、なんだか以前より皇室のことを色々知れて、前より距離が近づいたような気がします個人的に!(笑)

最後に

僕も分からないところは調べながら、わかりやすく噛み砕いてお伝えさせていただきましたが

もし解釈が間違っているところがありましたらご指摘しただけると嬉しいです!!

その時は下のコメント欄よりお願いします!!

 

ということで

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

 

POSTED COMMENT

  1. チョウチンアンコウ より:

    わかりやすいです!!
    素晴らしい秀逸な解説。

  2. シン より:

    女系天皇について、わかりやすい説明ありがとうございます。勉強になりました。
    1つ疑問があります。
    記事の中で、「天皇のたくらみで日本を滅茶苦茶にすることだってもしかしたら可能!?」とありますが、現在においては天皇に政治的権力はないと言って良いと思います。
    男系天皇でなければならないことの現在における必要性を教えていただきたいです。

    • キム兄さん より:

      >現在においては天皇に政治的権力はないと言って良いと思います。
      男系天皇でなければならないことの現在における必要性を教えていただきたいです。

      記事全般にあるようにあくまで可能性を危惧してるのであって、現在の必要性とかの次元ではないのでは?

      今は権力が無くても天皇が続いてる現状を考えればいつかまた天皇の絶対的権力が戻る時代が来るかもしれない。

      そんな時代に女系天皇が暴走してたら、再び男系天皇に戻そうとしても絶対無理だよね・・・

      だってその時代の天皇が許すはずがないんだから・・・

      保守って言えばそれまでだけど、変えてもいいルールとこれだけは変えてはダメってルールもあるんじゃないかと・・・

      それを見誤ると国を滅ぼす結果にも繋がると・・・そんな感じなのかな?

      いつの時代も危機意識を持たなければ終わりのような感じもする。

      ま、どうでもいいけど・・・

      その時代に生きちゃいないしwww

  3. 匿名 より:

    現天皇が女性でない証拠があるのか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。