スポーツ

内海哲也をプロテクトしてない理由はなぜ?FAで巨人に戻る可能性は?

プロ野球で衝撃の移籍が発表されました!

なんと読売巨人軍の内海哲也投手がFAで獲得した炭谷銀仁朗捕手の人的補償で獲得すると西武側から連絡があり、来季から西武でプレーすることが決まったんだそうです。

2003年に巨人に入団してから長年に渡って巨人の投手の柱として活躍してきたのに

なぜ内海投手が人的補償で・・・金銭補償じゃダメだったの・・・?

巨人ファンの方々はこの移籍に対し、納得のいっていない様子です。

あれだけ巨人に貢献してきた内海投手をプロテクトリストにいれていない事がビックリですし、なんでいれてなかったのか!そこを疑問に思われている方も多いようです。

そこで今回は

  • 内海哲也投手をプロテクトしてない理由は?
  • FAで巨人に戻る可能性は?

こんな感じでお送りしていきます。

内海投手からのメッセージ

今回の人的補償に対してファンの反応は・・・

様々な感情が入り乱れているようです・・・

内海投手が巨人のユニホームじゃなくなることが信じられないし

でもしょうがないんですよね・・・もうどうにもできないですもんね。

スポンサーリンク




内海哲也投手をプロテクトしない理由は?

そもそも、一番驚いたのが内海投手がプロテクトリストから外れている事です!

2003年に巨人軍に入団以来15年に渡って巨人の投手として活躍してきた内海投手。

炭谷捕手を獲得したことで誰かしら放出されることはファンの中でも分かっていたことだとは思いますがまさか内海投手が・・・

なぜ内海投手がプロテクトされていないのか色々調べてみました。

プロテクトとは

そもそもプロテクトというのが・・・

FA(フリーエージェント)という制度が関係しています。

まずFAというのは・・・8年間1軍で活躍した選手がもらえる権利で、これを獲得した選手は好きな球団を自由に選ぶことが出来るという制度です。

そのFA権を行使し移籍した選手が高年俸であれば、移籍した先の球団は補償をしなければいけないんです。

今回の件でいうと、炭谷捕手がFA権を行使して移籍した先が巨人なので巨人は西武に対して補償しなければいけないんです。

その補償方法というのが

①人的補償

②金銭補償

の2通りあるんですが、今回は人的補償。つまり移籍元が移籍先から誰をもらうか選ぶことが出来るんです。

人的補償の場合、どうしても手放したくない選手が連れていかれちゃったら移籍先としても困るので、そこでプロテクトリストという、この選手は連れていかないで~のリスト28人を移籍元に提出します。

移籍元はそのプロテクトリストにのった選手以外の選手から獲得する選手を選ぶんですが

もし欲しい選手がいなかったら金銭で補償するという流れになります。

プロテクトについてはこんな感じです。

補足がある方は是非、お願いします!!

それでは本題に・・・・

では、なぜ今回内海投手がプロテクトリストから外れていたのか!!

僕もそこまで野球に精通しているわけではないので、皆さんの発言からその理由について迫っていきたいと思います。

いや、まぁ内海がプロテクトから外れるのは仕方ないよ
年も年だし左の若い投手(田口、今村、メルセデス)が出てきてるし

といった声が多いです。

つまり、内海投手は現在36歳で野球選手としては若くない。そして内海投手と同じ左投げの若い選手がどんどん出てきているし、何よりも最近の成績がそこまでよくない。

2017年が2勝7敗、2018年が5勝5敗

(2018年ってそんなによくないのかな?)

なので、言い方悪くなって申し訳ないんですが巨人としてもそこまで守る選手でもないという判断になってプロテクトから外れたんじゃないか?

そんな意見が多かったです。

こちらも補足やご意見などあれば、是非お願いします!!

それにしても長年に渡って巨人を支えてきた功労者に対して、この仕打ち・・・

プロの世界ですから当たり前なんですけど、でもなんかこう・・・釈然としないなぁ(泣)

スポンサーリンク




FAで巨人に戻る可能性はあるの?

こちらも疑問に思われている方が多かったですね!

また巨人に戻ってきてくれるんなら我慢する!とか、

FA権持ってるから、また巨人戻ってくるんじゃない?

などなど・・・

詳しくファンの声を見ていきましょう。

ファンの反応

戻ってくるのかなぁ~

こちらについても詳しく説明してくれている方がたくさんいるようなので

そのご意見をお借りしたいと思います!

なるほど・・・

まとめると

内海投手はすでにFA権を獲得しているので、来季西でプレーしてからFA権を行使して巨人に戻ってくるのではないか・・・

しかし、条件として西武でしっかり活躍していること!じゃないと、引退という選択肢を選ぶ可能性もある・・・

といったことみたいです。

つまり、FA権を持っているから来季以降巨人に戻ることは可能だし

「将来的にはジャイアンツに戻ってこれるように」

と発言していることからも

巨人に戻る可能性は非常に高いのではないでしょうか!?

 

あわせて読みたい
竹安大知のプロテクト漏れの理由はなぜ?ファンの反応や考察オリックスからFA権を行使して阪神に移籍した西勇輝投手の人的補償として 2018年2軍で活躍した竹安大知投手がオリックスへ移籍する...

 

スポンサーリンク




まとめ 

ということで今回は

  • 内海哲也投手をプロテクトしてない理由は?
  • FAで巨人に戻る可能性は?

でお送りしてきました!

僕もまだまだ知識が浅く、ご意見をお借りする形でお伝えさせていただきましたが

いかがでしたでしょうか?

内海投手は成績どうこうというよりも、その人柄をズムサタなどを通して見ていたので

すごい好きな選手でした。

来季からユニホームも変わるし、リーグも変わってしまいますが

巨人に戻ってきてくれることを願い、これからも応援していきたいと思います!

というわけで、最後までお読みいただき

ありがとうございました!

POSTED COMMENT

  1. 別の匿名 より:

    ①有望な若手選手を獲られて怒られる

    ②功労者だが来年期待できない人を獲られて怒られる

    いったい、どうしたらいいんだ?

    マスコミ自体が(讀賣・報知以外)がアンチだから、こんなくだらない情報流すんだ。

    もともとドラフトという日本国憲法違反=職業(就職先)選択の自由を侵された制度で入団して、やっとFA=奴隷解放されたら、別の選手が奴隷として補充される。

    こんな制度やめちまえ!と言いたい。

    ドラフトなくても巨人ばかりが強くなりことはもうないので、ドラフトを撤廃して、恋愛結婚=相思相愛のチームに入れてやれ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。