映画

スターウォーズの映画は何作あるの?シリーズを見る順番についても

12月20日に待望のエピソード9が公開された「スターウォーズ」シリーズ。

1977年から続く長調作に一つの節目が訪れるとのことで、世界中がスターウォーズ一色になっていますね。

これを期に前作をまとめ見るという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、

  • スターウォーズの映画は何作あるのか
  • シリーズを見る順番

以上についてお伝えしていきます。

是非最後までお付き合いくださいね。

スポンサーリンク




スターウォーズの映画は全部で何作あるの?

「スターウォーズ」は、本編だと全部で

【新三部作(プリクエル・トリロジー)】

①スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス

②スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻

③スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

【旧三部作(オリジナル・トリロジー)】

④スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望

⑤スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲

⑥スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還

【続三部作(シークエル・トリロジー)】

⑦スター・ウォーズ/フォースの覚醒(エピソード7)

⑧スター・ウォーズ/最後のジェダイ(エピソード8)

⑨スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(エピソード9)

以上、9作品があります。

この最後の「スカイウォーカーの夜明け」が2019年12月20日より公開されるものです。

さらに、この本編以外にも作品はたくさんありますが、今回は映像作品だけご紹介します。

・ローグ・ワン

・ハン・ソロ

・スター・ウォーズ クローン大戦

・スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ

・スター・ウォーズ 反乱者たち

・イウォーク・アドベンチャー

・エンドア/魔空の妖精

などなど。あくまでも本編ではないので、プラスアルファ的位置付けです。

しかし、スターウォーズのこの作品たちは、本編の間に起きている話を詳細に描いていたり、特定の誰かを深堀りした内容で、本編と離れた話ではないものが多いです。そのため、スピンオフまでセットで観ることをオススメします。

スターウォーズの映画といえば、エピソード6から7までの間に10年ほどの空白期間がありました。

本来9部作で構成されているはずのスターウォーズシリーズでしたが、ファンの間でももう7以降は撮らないのではないか、と噂も出るほど。

しかし、スターウォーズシリーズを制作していたルーカス・フィルムをディズニーが買収したことで、エピソード7以降が制作され、スピンオフなども活発に作られるようになったのです。

新しい映画も企画中とのことで、ファンからしたら嬉しいはず・・・なのですが、実はディズニーに買収されたあとのエピソードを認めない!という意見もたくさん出てきており、未だに賛否両論別れるようになってしまいました。熱狂的なファンと話すときには、少し気をつけた方がいいかもしれませんね。

スポンサーリンク




シリーズを見るオススメの順番はこれ!

それでは、次に「スターウォーズ」シリーズを観るオススメの順番をお伝えしていきます。

まず、前提として「スターウォーズ」シリーズは公開順と時系列順が違います。

公開順 時系列順
スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス
スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲 スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃
スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還 スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス
スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望
スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃
スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲
スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還
スター・ウォーズ/フォースの覚醒
スター・ウォーズ/フォースの覚醒
スター・ウォーズ/最後のジェダイ
スター・ウォーズ/最後のジェダイ
スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

そのため、ファンの間でも①公開順に観るのか、②時系列順に観るのかが別れているというのが現状です。

時系列順に観ると確かに物語がスムーズに繋がるので、初めて観る方でもわかりやすいかもしれませんが、個人的には公開順に観ることをオススメします。

理由としては、

  • エピソード3からエピソード4に行った時の映像の差が気になってしまう
  • 公開順に観ることを考えてどんでん返しが作られている

というのがあります。エピソード3の公開年は2005年で、エピソード4は1977年。CGや映像技術の差は歴然ですので、ここで離脱してしまうかもしれません。その落差を感じず、ストーリーを最大限楽しむことができるのが公開順なのです。

スポンサーリンク




まとめ

いかがだったでしょうか。

これまで、スターウォーズについて、作品数や観る順番などを詳しく解説していきました。

少しまとめてみると、

●全部で9作、スピンオフはできるだけみた方が良い

●観る順番は公開順で

個人的には、スピンオフを観ない洗濯をした方でもローグ・ワンを一度は観ていただきたいほどに単体作として素晴らしい仕上がりの一作です。これも観る場合はエピソード3と4の間か、エピソード8まで観た後にどうぞ!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。