ニュース

専業主婦の年金半額の問題点は?年金受給額はいくらになるの?

またとんでもない議論がされているんですってね。

今度の議論の対象は専業主婦

その方達から、国民年金保険料ももらうだの年金半額にするだのと議論されているんだそうです!!

これを受けて世間の反応は大荒れです。

働きたくても働けない方が大勢いますし、その原因は待機児童問題や介護問題が絡んできているのは国も知っているはず!

なのに、そんな議論がされること自体不謹慎といいますか・・・

 

ということで今回は

  • 専業主婦の年金半額の問題点は?年金受給額はいくらになるの?

こんなテーマでお送りしていきます。

 

 

専業主婦の年金半額案を検討

年金問題に対し、とんでもない議論がなされているようです。

以下、週刊ポストが報じた内容↓

令和を迎え年金改悪の議論が始まっている。現在、夫の厚生年金に加入し、年金保険料を支払わずに基礎年金をもらうことができる「第3号被保険者」の妻は約870万人いる。

 第3号については共稼ぎの妻や働く独身女性などから「保険料を負担せずに年金受給は不公平」という不満が根強くあり、政府は男女共同参画基本計画で〈第3号被保険者を縮小していく〉と閣議決定し、国策として妻たちからなんとかして保険料を徴収する作戦を進めている。

 厚生年金の加入要件を広げることで仕事を持つパート妻をどんどん加入させているのはその一環だ。3年前の年金法改正で厚生年金の適用要件が大幅に緩和され、わずか1年で約37万人が新たに加入している。

 そうして篩(ふるい)に掛けていけば、最後は純粋に無職の専業主婦が残る。厚労省や社会保険審議会では、無職の主婦から保険料を取る方法も検討してきた。

「第3号を廃止して妻に国民年金保険料を払ってもらう案、妻には基礎年金を半額だけ支給する案、夫の厚生年金保険料に妻の保険料を加算して徴収する案などがあがっている」(厚労省関係者)

 令和の改革でいよいよ「3号廃止」へと議論が進む可能性が高い。

引用:Yahoo!ニュース

年金問題の改善策として議論されているのが

  • 専業主婦に国民年金保険料を払ってもらう案
  • 専業主婦の基礎年金を半額にする案
  • 妻の保険料を夫に加算する案

とのこと。

このどれもが第3号被保険者制度が関係しています。

第3号被保険者とは

第二号被保険者(会社で働く夫or妻)に扶養されている20歳以上60歳未満の配偶者(夫or妻)で年収130万円未満の人。保険料は配偶者が加入している厚生年金共済組合が負担する。

保険料を払っていないのに、基礎年金をもらえるのがおかしい!という保険料を納めている働く女性からの声で始まった議論だそうですが・・・

 

本当にそうなんでしょうか?

 

働く女性は本当にそんな事を言っているのでしょうか?

確かに中にはそういう方もいらっしゃるとは思いますが、そういう方は

専業主婦がどれだけ大変なのか知っているのでしょうか?

 

僕の考えでは、世の中で一番働いているのは大企業の社長でも学校の先生でもなく

おうちの事を守っている専業主婦(主夫)の方だと思っています。

年中無休で、お給料もなし

それを“無職の専業主婦”とニュース記事では書いてありますが

無職なわけないでしょう。と言いたい。

お金をもらえる事が職業に就いていることだと考えているのであれば、その考え方は是非改めていただきたいと僕は思います。

 

世の中にはいろんなご事情でやむなく専業をやられている方もたくさんいらっしゃいます。

 

少子化だから子供を産んでください。だけど、保育園はありません。

高齢化で長生きです。介護施設はいっぱいですのでご自宅でみてください。

 

これも専業主婦にやむなくなっている方の一例だと思います。

 

(もしかしたら中には旦那さんのお給料がたくさんあって、子供もいない専業主婦の方もいらっしゃって、そういう方に対して羨望の眼差しで見られている働く女性もいらっしゃるのかもしれませんが、そういう玉の輿?のような方はまれだと思いますし、その変わりにそのおご家庭は税金をたくさん納めているはずです。)

 

不公平だという声があがっているとのことですが、そんな事を思っているかたが日本全国にどのくらいいるのか、しっかりとしたデータをあげて、国民の理解を得てから議論をはじめてほしいと心から思います。

僕の目にはしっかり働いていないのに税金を何千万と貰っている議員さんもいるように見えてしまいますが、そこは年金問題と関係してこないんでしょうか・・・。

 

もっと他に改善策はあるはずですよ・・・。

スポンサーリンク




世間の反応

保育園の待機が長すぎて退職せざるを得なかった主婦もいることも考えてほしい。その時点で選択の余地なく年金が減額されるということになる。
働く女性VS専業主婦と安易に分断し、まるで不公平感を解消するかのようなタイトルだが、違うでしょう。年金準備金での株価操作や運用失敗で、もう年金なんて誰も受給できないんでしょう?まるで詐欺ですね。
祖父母世代には「保育園入れてかわいそう」と責められ 会社には常に罪悪感を抱き 小学校からも「もう少し一緒の時間を〜早く寝かせて〜」と言われ その結果専業主婦になれば、国からは無職といわれるのか
そもそも女性に対しての優しさが無い社会で政府がいきなり女性に働かせたいからって働く女性のサポート何も無いまま働かせて、働く女性が「働かないのに云々」と専業主婦の攻撃するって構図、おかしくないか?攻撃する方向間違ってないか?
専業主婦の年金がどうたら〜ってやつ、あからさまに国民同士の足の引っ張り合いにみせかけてるのすげー腹立つ。 働いてる女はそんなこと思ってねーよ。 国の身勝手を国民の意見みたいに言うのやめろや
働きたくても保育園に入れなくて保育園増やそうとすれば反対されて子連れ出勤は迷惑で子供が病気になっても休めば文句言われて出勤すりゃ子供が可哀想って言われて迷惑かけたくないから専業主婦を選んだら老後は地獄か。 なんだこの負のループ
専業主婦やってから言えと。
独身だと生産性がないと言われ、結婚すると子どもはまだかと言われ、産んだら産んだで職場からは融通がきかない人はいらないと言われ、預けるところもないからやむおえず仕事辞めると専業主婦は無職だから年金半額にするねって…なにそれ…女は子供産んだらもう社会からは必要とされないのか…
無職の専業主婦()がもらえる年金を半額にするって言われたら今20代女性は確実に結婚もしなくなるし、子供だって産まないよ。そもそも年金さえ納めなくなるから困るのはこれから年金をもらう世代も一緒じゃない?

 

紹介しきれないほど、コメントで溢れかえっています。

賛成の意見なんて僕が見る限り皆無のように思いますけど・・・

それでも議論を続けるのでしょうか・・・。

スポンサーリンク




年金受給額はいくらになるの?

では、専業主婦の年金半額案について触れていきたいと思います。

 

そもそも専業主婦って将来年金はいくらもらえるんでしょう?

 

正確な金額は一慨には紹介できません。なぜなら、人それぞれ色々と条件が異なるからです。

20歳から専業の方もいれば、40歳まで会社員でそこから専業をやられている方もいる。今は専業だけど、のちのちガッツリ働く予定の方などもいる。

つまり、納めている保険料の違いがあるからです。

 

なので、ここでは20歳から60歳までの40年間保険料を全額納めた場合にもらえる老齢基礎年金についてご紹介します。

 

40年間納めてもらえる月々の額は・・・

現時点では約65,000円!!(年間779,300円)

 

ここに会社員として厚生年金を納めていた期間がどれくらいあるのかなど、加算する要素があれば加算されていくといった感じになります。ざっくり説明すると。

今回議論されている案の中に

  • 専業主婦の基礎年金を半額にする案

というのがあるので、もし半額にされたとしたら月々の年金受給額は

 

約32,500円+αとなります。

 

いかがでしょうか?これに配偶者の方の年金を合わせたら毎月いくらもらえるのでしょうか?(正確には2ヵ月に1回2ヵ月分を支給)

 

以前、高卒から定年まで働いた方が貰えた年金が生活保護費より少なく、生活ができなくて自殺をしたという方のニュースもテレビでやっていました。

 

そんな方はこれからどんどん増えていくと言われています。

 

うちはもっといっぱいもらえるから大丈夫だ。と思っている方ももしかしたらいらっしゃるかもしれませんが

 

年金支給額は年々減っています。

 

だけど、

 

物価はどんどん上がっています。

 

分かりやすい例がガソリンです。

10年前の僕の地域のレギュラーガソリンの価格は90円台です。それが今はどうでしょう。140円~160円くらいではないでしょうか?

もらえる額が今後減っていくのに、物価があがっていくんです。

本来であれば、物価があがればそれと同じ物価上昇率で年金も増えなければおかしいんですが、そうしない制度があるんです。

これをマクロ経済スライドといいます。

そんな中、専業の方の年金を半額になんてされたら・・・

 

 

正確な金額を知るには年金定期便をご確認ください。

スポンサーリンク




専業主婦の年金半額の問題点とは

今回議論されていることについての問題点はめちゃくちゃたくさんあると思います。

どんな問題があるのか思いつく限り書いてみます。

まず、議論されている案はこちら

  • 専業主婦に国民年金保険料を払ってもらう案
  • 専業主婦の基礎年金を半額にする案
  • 妻の保険料を夫に加算する案

1つずつ考えていきます。

 

専業主婦に国民年金保険料を払ってもらう案

【問題点】

  • 収入が0の方はそもそも払えない
  • 扶養内で働いている方の手取り額減少→生活困窮
  • 払えなければ配偶者が払うことに。家計逼迫。

 

専業主婦の基礎年金を半額にする案

【問題点】

  • 将来の生活困窮→働く→体の限界がくる→生活困窮
  • 半額になると分かっていたら保険料滞納者続出?

 

妻の保険料を夫に加算する案

【問題点】

  • 手取り額がグンと減り、家計逼迫。

 

ん~・・・問題点はまだまだたくさんあると思います。

是非みなさんのお考えも下のコメント欄より教えてください!リストにどんどん加えさせていただきます!!

 

 

僕が思うのは最初にもお伝えしましたが

専業主婦になりたくてなった人はほんの一握り!ほとんどはやむなく専業主婦になっている方だと思っています。

 

子供を預ける保育園はいっぱいで働けず専業 → 待機児童問題

両親を預ける介護施設がなく自宅で介護するため専業 → 介護難民問題

 

などなど、ご家庭によって事情は様々。

そのどれもがご家庭の責任ではなく、国がなんとかしなければいけない問題にどのご家庭もぶち当たっているんだと思っています。

少子化をなんとかしたい!でも保育園は作れない、保育士さん増やせない、給料も上げられない、専業主婦は年金半額って・・・

高齢化をなんとかしたい!でも介護施設は作れない、介護士さん増やせないし、給料も上げられない、専業主婦は年金半額って・・・

 

鬼ですか?

 

国民も考えなければいけない問題なのは分かりますが、こちら側になすりつけすぎ感が否めないと思います。

 

皆さんはどう思われますか?この問題に対して・・・。 

 

スポンサーリンク




まとめ

ということで今回は

  • 専業主婦の年金半額の問題点は?年金受給額はいくらになるの?

でお送りしました。

今回議論にあがっている事は問題でしかないと思いますし、なぜ専業主婦が議論の対象になってしまうのか・・・

働いている女性の声から始まった議論だそうですが、働けず専業主婦をしている方の声は関係ないのでしょうか?

両者からの声をこれでもかというくらい集めてから議論するべきです。

今回のニュース記事も”無職の専業主婦”という書き方は配慮が足りなさすぎていると思います。

専業主婦の方の大変さをもっと世の中にわかってもらいたいです。

POSTED COMMENT

  1. みく28歳 より:

    子ども産みたくなくなりました。
    この案。
    もう産みません。

    • t-r-k-y-y0820 より:

      そう思ってしまいますよね。
      少子化をなんとかしなければ年金問題は何も解決しないのに、言ってることとやっていることが伴っていなさすぎていると思います。

みく28歳 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。