ニュース

お札の人物が変わる理由はなぜ?新しい紙幣を作るための税金はいくら?

どうも~!

お札の肖像画が変わるそうですねぇ~!今回の変更は2004年に千円札と五千円札が変更されて以来だそうです。二千円札はいずこへ・・・。

でも、Q.どうして新しい肖像画にする必要があるんでしょうね?

何か意味があってやっているんでしょうけど、いまいちその辺りが分からない・・・

それと、Q.お金をつくるためのお金はいくらかかるんだろ?

そんな疑問にお答えしていこうと思います。

ということで、今回は

  • お札の人物が変わる理由はなぜ?
  • 新しい紙幣を作るための税金はいくら?

こんなテーマでお送りしていきたいと思います~!

 

新しいお札の人物まとめ

まずは新しいお札が誰になるのか軽くまとめます。

 

1万円札 渋沢栄一

第一国立銀行や東京証券取引所など多くの企業を設立、経営した実業家

引用:yahooニュース

 

 

5000円札 津田梅子

津田塾大学の創始者

引用:yahooニュース

 

 

1000円札 北里柴三郎

「近代日本医学の父」として知られ、ペスト菌を発見するなど医学の発展に貢献した

引用:yahooニュース

 

大変失礼だとは思うんですが

北里柴三郎さんが中尾彬さんにしかみえないんですけど・・・。

渋沢栄一さんはなんとなくガチョーンの人。谷啓。

津田梅子さんも誰かに似ている気がするんですが名前が出てこない!

スポンサーリンク




お札の人物が変わる理由はなぜ?

さて、ここから本題に入っていこうと思います。

どうして、お札の顔を新しくする必要があるんでしょう?

新元号の”令和”記念?

東京オリンピックが始まるから?

そんなふうに思われた方もいらっしゃるみたいですが

ちゃんとした理由があって変更するみたいです。

 

その理由は・・・

偽造防止のため!

その為に20年周期で新しいデザイン、人物にしていっているそうです。

 

でも、調べてみると日本の紙幣の偽造防止技術は物凄くて、世界トップクラスなんだそうです。

ただお札をコピーしただけでは再現できないようになっていますし、作るのも不可能といわれています。

どんな技術が組み込まれているかというと・・・

深凹版印刷

料額や日本銀行券という文字には、特にインキを高く盛り上げる「深凹版印刷」が使われ、触るとざらざらした感じがあります。

 

識別マーク

目の不自由な方が指で触って識別できるように、深凹版印刷によりざらつきを作っています。
券種識別を行いやすくするため、識別マークは、券種によって形状が異なっています。

 

すき入れ

すき入れは、紙の厚さを変えることによって表現する偽造防止技術で、「すかし」とも言われます。日本のすき入れは、白すかしと黒すかしを組み合わせていて、濃淡の差を美しく表現できます。

などなど

これら以外にも様々な技術が組み込まれているため、偽造不可能とまで言われている日本の紙幣。

ですが、それでも偽札を作ろうとする愚か者がいるかもしれない

もうすでに作られているかもしれない

そういったことに対処するため、20年周期でお札の肖像画や技術を刷新しているんだそうです!

 

しかし!

 

不可能と言われているにもかかわらず、最近でも2018年8月中旬に偽札事件は起きているようです。

~都内などで“ニセ札”被害相次ぐ…1万円札をカラーコピーで作成か~

深夜コンビニに来店した男が、このニセ札を使用してカップ麺を購入。
ニセ札は折りたたまれていて、男は釣り銭を受け取ると足早に立ち去ったという。

同じ時期、これと同じ記番号のニセ札が、神奈川県内の別のコンビニでも使われていた。

手口も同じで、来店した男が飲み物を買う際に、このニセの1万円札を使用。釣りを受け取り立ち去るという犯行だった。

8月に入り神奈川県内で連続して使用されていて、これまでに20件弱の被害が確認されている。

さらに同様の偽札は、東京都江東区、墨田区、足立区でも相次いで見つかったほか、埼玉県川口市、草加市、越谷市、千葉県で大多喜町も被害が確認されていたことが分かった。

引用:FNN

まだそんな事をする輩はいるんですねぇ~。

お金を受け取る際に何か仕組みを作ったほうがいいような気もします。

 

ちなみに前回の紙幣刷新は2004年、その前は1984年にされていますので

次の変更は恐らく2024年?だと思われます。

スポンサーリンク




新しい紙幣を作るための税金はいくら?

偽造防止技術が世界トップレベルの日本ですが、借金も世界トップレベルなんですよね。

現在は1000兆円を超える借金があり

少子高齢化により、働く世代からの税収がどんどん減っていく

などの大問題を抱えており、年金の問題介護の問題医療の問題

お金のかかる問題が山積みな状態です。

そんな状態で、そこまで犯罪が起きていない紙幣を新しくする必要はあるのでしょうか?

そもそも、紙幣を刷新するのにいくらくらいの税金が投入されているのか気になる方も多いのではないでしょうか?

ということで、お金をつくるためのお金はいくらかかるのか調べてみました!

まずは1枚あたりの金額から

10000円札 → 22.2円

5000円札  → 20.7円

1000円札  → 14.5円

そして、それぞれのお札は何枚くらい作られるのか!

財務省HPで平成31年のお札の製造枚数計画がわかりました。

引用:財務省

この製造枚数に1枚あたりの金額をかけてみます!

 

【1万円札】

22.2円×10億万枚=222億円

 

【5000円札】

20.7円×2億4000万枚=49億6800万円

 

【1000円札】

14.5円×17億6000万枚=255億2000万円

 

【合計】

526億8800万円

(計算間違えてたらごめんなさいね。笑)

 

平成31年度はこれだけの税金を紙幣に投入する予定ということになるんでしょうかね。

すごい金額ですね!!

新しいデザインのお札に変えるとなると、間違いなくこれ以上の税金がかかってくるということになりますよね。

ん~・・・

この金額をみて、皆さんどう思いますか?

僕はそこまで優先的にしなければいけないことなのか?と思ってしまうんですが・・・。

 

是非みなさんのご意見を下のコメント欄に書き込みお願いします!

 

スポンサーリンク




世の中の声

何故変えるんでしょうかね。やはり偽造対策でしょうか。現紙幣も高度な対策成されてますが、偽造技術が追いついてきそうなんでしょうかね。それなら旧紙幣は一切無効ってことにした方がいいようにも思うが。
教科書に載っている人物、ということかなと思うけど、津田梅子はあまり親しみがないね。渋沢栄一も最近は載るようになったけど、顔を知らない人が多いと思います。何か、大学の創設者が多いね。
変える必要性があるのだろうか?別に困っている事もないのに。紙幣を変えて生活が楽になれば大歓迎ですが。
紙幣の人物選択にも違和感がある。
キャッシュレスにすると言ってるのにお札を新しくするのはおかしい。
いったいなにをしたいのかわからない。
紙幣を新しくしたら、紙幣を使ってほしいというならまだわかるが、これからキャッシュレス化していこうといってるそばから変えるのは税金の無駄遣いだ
銀行券だけでなく補助通貨も変えて欲しい。
小銭入れの中で100円玉と50円玉の見分けがつきにくいから、一目で分かるように新50円玉を色(材質)違いにして欲しい。
変更する必要があるの?

政府は今後キャッシュレス化を、推し進めるつもりだったんじゃない?
偽造紙幣が頻繁に出回っている訳でもなく、コストをかけて変更する必要性があるのか疑問。

変に予算がかかるなら、やめてもらいたい。
消費税も上がるのでしょう?節約できるところはして欲しい。各省庁が無償で配るパンフレットなど印刷物もバンバンデジタル化して削減して欲しい。

偽造防止と言う事だけど
実際に今のお札を偽造できる人は存在するのかな? 
それをちゃんと説明しないと
税金の無駄遣いと言われても仕方がないね。

キャッシュレス化を叫びつつ、一方では紙幣の刷新?
キャッシュレス化の設備投資と新紙幣対応のための設備投資を
二重に強いられることになるけど何がしたいのか、
どっちに行きたいのかまるでわからない。
スポンサーリンク




まとめ

ということで今回は

  • お札の人物が変わる理由はなぜ?

→偽造防止!

  • 新しい紙幣を作るための税金はいくら?

→ウン百億、ウン千億かかる!

 

偽造防止のために20年ごとに新しい肖像画に変えたり、新しい技術を盛り込んだりしているみたいですが

必要なことなんでしょうが、そこまでたくさんの問題が起きていないからなのか、起きているんだけど知らないからなのか分かりませんが

なんだか税金がもったいなく感じてしまいます。

お札はそのままで、キャッシュレス化をすすめているのであれば、そちらにこの税金を投入したほうがいいような気もします。

でも、こんなこと言っておいてあれなんですが

新しいお札

楽しみです。笑

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

POSTED COMMENT

  1. K より:

    一万円札作るのに1万円かかってると思ってるのか?w

  2. 匿名 より:

    いつの日にかは電子マネーになるとは思いますが、この前もどこかの電子マネーが北朝鮮に盗まれたりとかあったので、電子マネーがキチンと安心して運用できるようになるまでは必要な経費だとは思いますね。

  3. 匿名 より:

    まるで業務にインターネット導入したけどコストが勿体無いからウィルスソフトは必要ない、ウィルスなんてかからないでしょ?とか言ってるアホな中小企業の社長みたいだなこいつら

  4. フランス人 より:

    日銀券は国立印刷局でデザインされ、印刷され、日銀に納品されています。代金は発注者である日銀が印刷局に支払いますので、(日銀を民間と考えない限り)公共投資とは若干違うと思いますし、今の日銀券から大幅に増刷しない限り税負担が増えることはありませんね。
    むしろ、新日銀券への切り替えで、自動販売機などへの対応でそれら一般業者が潤う波及効果は狙えます。
    個人的には、元号切り替えの方が税負担が大きいと思いますね。

  5. 匿名 より:

    紙幣の通し番号に限界がきてるのに
    新紙幣作らないのはヤバいでしょ。
    新紙幣はほぼ20年周期で定期的にやってる
    偽造防止のために人物も変えるのは利にかなってるし
    人選も知名度はともかく功績は現在の紙幣の人物よりも全員上なので妥当。

  6. 匿名 より:

    500億円の印刷代は、日本銀行の収入になるの?

    日本銀行の収入は、国に入るの?

    たった20円で一万円札が出来るなら、日本国は「一時的にもの凄く金持ちになる?」

    「旧紙幣は処分する」というけれど、本当に処分してるの?誰かのところに入ってしまわないのかな?

  7. 匿名 より:

    500億もかけるなら、もっと国民の意見を聞くべきでは?!

    人物選びだけでなく、今回のデザインの酷さは、このままでいったら海外の笑い者になる。

    何故、変更する度に、品格が落ちるのだろうか?

  8. 匿名 より:

    無駄なお金に見えるかもしれませんが、そもそも偽造防止のために必要な費用である上に、デザインを刷新する事がある種の公共投資になっている(しかも国が投じる費用以上に効果がある、つまり効率がいい公共投資になっている)側面から考えると、少なくとも表層的にアレコレけなすのは拙速な反応であると思います。

  9. 渋沢栄一 より:

    紙幣刷新の理由。安倍政権のレガシー作り。偽造防止、20年周期、は名目。新紙幣の肖像。安倍政権への貢献度。財務省の問題隠し。肖像選択はもとより、紙幣刷新プロセスが不透明。誰が紙幣刷新を求めたのか?政権が勝手に決めて良いのか?財務省が単に役所仕事で決めたのか?国民不在。日本の民主主義が問われている。

    • 匿名 より:

      その安倍総理を選んだのは国民なんですが

      国民や皆を言い訳や盾に使うな、お前が気に入らないだけだろ卑怯者

  10. amjl3tcm より:

    国の借金とかいうけど何なんだろう?日本で円が刷れるのに円の借金があるっていうのは変じゃない?

  11. 匿名 より:

    とりあえず政府叩きしとけばええやろって頭空っぽのコメント拾ってもなぁ

  12. 匿名 より:

    使用された税金は消えてなくなるわけではなく、
    印刷業者など国内産業で消費されるから問題ないんじゃね?

  13. 匿名 より:

    税金もそうですがATMや自販機、券売機、両替機などのプログラム変更にもお金がかかりますね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。