映画の感想

映画「人間失格(小栗旬)」面白い?つまらないなどの評価や感想まとめ

写真家で映画監督の蜷川実花さんが、文豪・太宰治と3人の女性との関係を描いた作品『人間失格 太宰治と3人の女たち』が9月13日に劇場公開されました。

この映画は実話を基に作られているそうです。

蜷川実花監督は『さくらん』や『ヘルタースケルター』など、ヒット作を数々出しており、特に映像の色彩美に関しては高い評価を得ている方ですよね。

太宰治を題材にした作品は他にもありますが、今回の映画をご覧になられた方はどんな評価や感想をお持ちなのでしょうか!

そこで今回は

『人間失格 太宰治と3人の女たち』をご覧になられた方の感想や評価をお伝えしていこうと思います!

スポンサーリンク




映画「人間失格」評価や感想まとめ!

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』を見た方はどんな評価・感想をお持ちなのでしょうか?

公開前の試写会をご覧になった方、公開後にご覧になられた方の評価や感想をまとめていきます。

面白いという感想・評価

【試写会を見た方】

俳優の安定感が際立つ映画。題材の複雑さを上手く表現しているので、暗いテーマを含んでいても陰鬱な気分とならずエンターテイメント作品として楽しめる造りとなっていた
蜷川作品初めての鑑賞で太宰治を知らない自分にとっては面白かった!
太宰の『人間失格』の映像化ではなく、『人間失格』を書く太宰の話。
wiki程度でも読んで観るとよりおもしろいと思う。
いやー小栗旬、良かった…良かったよ!

 

【劇場公開後に見た方】

人間失格見てきたんだが、何でここでこの色使う?????みたいなところと何でここでこの曲?????みたいなシーン多すぎて最高でした 全体的に狂ってるので素晴らしかったです
人間失格 を公開日に観てきました!面白かったです、深かったしすごく考えさせられたし、蜷川監督の花を使った描写はやっぱり素敵だなと思いました。ダイナーをまた観たくなった。あと人間失格も読み直したくなった。
人間失格の小栗旬のエロさがすげーの。
今日さア〜人間失格見てきたんだけど小栗旬がえちえちのえちですごかったよ!!!色男!って感じ
人間失格おもしろかったー!坂口安吾とのシーンはもちろん最高でした♡♡ みかさん全く種類の違うイケメン撮るのうますぎて😍 ダイナーもう一度みたいなってなって帰ってきましたw
人間失格観てきたけどえぐいほど刺さる。ちょいちょいホラーちっくでびびった…あとめちゃめちゃ面白かった
人間失格見たけど最高に面白かった。 太宰治のクズっぷりと、狂っていく女たちが最高だった。

つまらないという感想・評価

【試写会を見た方】

太宰治の描き方がただだ女好きって事を描いた作品でした。
もっと太宰治をしっかり描いてほしい。
小栗旬じゃなくて松山ケンイチの方があってると思う

やばい実話なんて薄っぺらいキャッチコピーつけないでほしい

太宰治のファンとしては、小栗旬ではイメージが合わない。もっとダーグで、キザっぽくなくて落ち着いた雰囲気の男でなければ太宰は務まらない。
人間失格観てきた。蜷川実花作品は初めてやったけど、色使いと花の使い方が印象的でした。本編は人間失格と太宰治の人生を足して2で割った感じ。小栗旬はどーしょもない役が似合うなぁ。あとやっぱ二階堂ふみの演技は素晴らしい。太宰の性根の腐り加減が半端ないので人を選ぶかも。俺は好き。

 

【劇場公開後に見た方】

人間失格見終わったけど イマイチわかんね ただのAVでした🤘
人間失格微妙だった〜 小栗旬がとかじゃなくて 脚本で描かれてる太宰治が 子供っぽくて女好きで傲慢で… 繊細さがなくてあんま好きな太宰治像ではなかった 二階堂ふみはただただメンヘラで あまり色気がないなぁってゆー役 そして蜷川実花がバーのママとして出演してた笑 んー残念
所々で出てくる癖の強い演出やBGMがうるさい。シーンにそぐわない音楽が流れた瞬間現実に引き戻されます。映画のヘルタースケルターの雰囲気が好きな人はこれも好きなのでは、、(監督が同じなので当たり前ですが)
色彩は豊かだが、内容は薄く感じた。パンフレットの小栗旬に魅力を感じてこの映画を見たが、必要以上の濡れ場に違和感を感じた。
有名な俳優を集めただけ
人間がまったく描けていない
期待せずに観に行ったけど
それ以下でした。
太宰が好きな人は特に観たらいけないと思います。
苦手だ。とっっっても苦手。
この監督の表現はすごく苦手。
不自然な色使いも苦手。

映像が話の邪魔をする感じ

私には合わなかった。
映像美よりストーリー派だとこの映画で改めて実感させられた。
俳優陣は◎
俳優の無駄遣いなら世界一
太宰治ファンは観ないほうがいい
ぶつぎりの編集がきらい。
あと物語がふつうにつまらなかった。何も感情が動かなかった。

まとめ

太宰治のファンの方からは厳しい声が多いようですが、全体的に評価は高め。印象としては俳優陣の演技力が物凄く光る映画になっているといった感想が目立っていました。

映像的には蜷川実花監督らしい”色”にこだわった作品に仕上がっているそうなので、映像美が素晴らしいという声も多いです。が、反対にそれが邪魔してストーリーがよくわからなくなるといった声も多くありました。

総評としては

  • 太宰治のファンの方にとってはイメージしている太宰治と違うから微妙という評価
  • 太宰治を詳しく知らない方にとっては新鮮で面白く感じれるという評価
  • 映像美は素晴らしい

題材が題材なだけに、評価は完全に二分化しているようですね。

ちなみに、二階堂ふみさん・・・脱いだようですね。

 

あわせて読みたい
映画「人間失格(小栗旬)」いつまで上映してる?公開期間やキャストについても映画「人間失格ー太宰治と3人の女たちー」が2019年9月13日より公開がスタートしました! 今作は俳優の小栗旬さんが主演を務め、そ...
スポンサーリンク




人間失格ー太宰治と3人の女たちー 予告

【本予告】

 

【メイキング入り特別映像】

あらすじ

人間失格 太宰治と3人の女たち

天才作家、太宰治。身重の妻・美知子とふたりの子どもがいながら恋の噂が絶えず、自殺未遂を繰り返すー。その破天荒な生き方で文壇から疎まれているが、ベストセラーを連発して時のスターとなっていた。太宰は、作家志望の静子の文才に惚れこんで激しく愛し合い、同時に未亡人の富栄にも救いを求めていく。ふたりの愛人に子どもがほしいと言われるイカれた日々の中で、それでも夫の才能を信じる美知子に叱咤され、遂に自分にしか書けない「人間に失格した男」の物語に取りかかるのだが・・・

引用:公式ページ

出演キャスト&プロフィール

太宰治 役/ 小栗旬

名前 小栗旬
生年月日 1982年12月26日
年齢 36歳
出身地 東京都
身長 184cm
山田優
所属事務所 トライストーン・エンタテイメント
お話を頂いたのはずいぶん前のことだったと認識しております。
悩みました。
この文豪を自分を通して産み出すことが出来るのだろうか。
自分がこの人生を生きることは出来るのだろうか。
しかし、監督から僕でなければ、というお言葉を頂き、脚本に魅了され、決断いたしました。
今はただただ、最高の孤独とは一体どこに存在しているのか。手に入るものなのか。そんなことを日々感じながら、一歩一歩、太宰に寄り添いながら過ごしております。
私という人間から見えてくる太宰治という凄絶な人生を駆け抜けた一人の文豪の足跡が皆様の心に刻まれることを祈り、作り上げていければと思っております。
お楽しみに。

 

津島美知子 役 / 宮沢りえ

名前 宮沢りえ
生年月日 1973年4月6日
年齢 46歳
出身地 東京都
身長 167cm
V6・森田剛
所属事務所 エムツー企画
いつか、いつかと話していたミカさんとの作品作りが実現してとても嬉しいです。映画の中の世界とはいえ太宰治の妻として生きる時間はとてもエネルギーを必要とする時間でしたが、役を生きる事に誠実な小栗さんと子供の役である素晴らしい3人の存在、才能あるスタッフが、太宰治の妻として母としての息吹を与えてくれたような気がします。

 

太田静子 役 / 沢尻エリカ

名前 沢尻エリカ
生年月日 1986年4月8日
年齢 33歳
出身地 東京都
身長 161cm
所属事務所 エル・エクストラテレストレ(スペインにある個人事務所)
蜷川監督作品に帰って参りました。
今回は恋に生きる女性を全力で演じてみました。
実花さんが作り出す世界観と小栗さん演じる太宰治の魅力で、ウキウキが止まらない撮影で夢みたいな体験をする事が出来ました。
沢山の素敵なキャストと最高のスタッフが集結しているので、どんな仕上がりになるのか期待しかありません。
皆さんもきっと「人間失格」の太宰治に魅了されるでしょう。
それでは、劇場でお会いしましょう。

 

山崎富栄 役 / 二階堂ふみ

名前 二階堂ふみ
生年月日 1994年9月21日
年齢 24歳
出身地 沖縄県
身長 157cm
所属事務所 ソニー・ミュージックアーティスツ
とうとうこの作品に出会ってしまいました。美しく儚い、そんな夢を見ていたような現場でした。
小栗さん演じる修治さんは、私が何処かで求めていた “太宰治” のような気がします。きっと観る人其々の中にある “太宰治” に会える作品だと思います。
実花さん、しあわせでした。

 

佐倉潤一 役 / 成田凌

名前 成田凌
生年月日 1993年11月22日
年齢 25歳
出身地 埼玉県
身長 182cm
所属事務所 ソニー・ミュージックアーティスツ
蜷川実花さんの作品で、主演は小栗旬さんと聞いた時点で、迷いは全くなく、そのような作品に自分も参加できることが嬉しかったです。僕が演じた太宰の担当編集者・佐倉潤一は、太宰の嫌な部分を沢山見ていて、様々な問題に巻き込まれるのですが、何よりもまず学生時代からの太宰の大ファンで敬意が前提にあるということを大切に演じました。驚くほど映像が綺麗で、どのシーンも凄く印象的で鮮明に残っています。どんな作品になるのか誰も想像できないから、完成した作品を観るのが本当に楽しみです。

 

太田薫役 役 / 千葉雄大

名前 千葉雄大
生年月日 1989年3月9日
年齢 30歳
出身地 宮城県
身長 173cm
所属事務所 ジャパン・ミュージックエンターテインメント
沢尻さんの弟役は実は2回目なのですが、映画としては初めてで、光栄な時間でした。薫はある意味堅物だと思いますが、常に姉のことを思っている。それを根底にもって演じました。蜷川監督作品は、お客さんとしてファンだったので、自分が出演させて頂きすごく嬉しいですし、もっとこの世界観に浸っていたかったです。蜷川監督が描く太宰の人物像、末路がとても気になります。完成が楽しみです。

 

伊馬春部 役 / 瀬戸康史

名前 瀬戸康史
生年月日 1988年5月18日
年齢 31歳
出身地 福岡県
身長 174cm
所属事務所 ワタナベエンターテインメント
僕は太宰の友人・伊馬春部という役を演じました。2人は本当に仲が良かったそうなので、距離感の近さを表現したかったのですが、初共演の小栗さんに非常に優しく接して頂いて、楽しく演じることができました。また、伊馬が北九州出身ということで、僕も福岡で生まれ育ったので、福岡弁をやらせてもらっています。とても大切な印象に残るシーンになったと思います。

 

三島由紀夫 役 / 高良健吾

名前 高良健吾
生年月日 1987年11月12日
年齢 31歳
出身地 熊本県
身長 176cm
所属事務所 テンカラット
三島由紀夫さんの本には個人的にも影響を受けているので、プレッシャーはもちろんありましたが、演じられて光栄でした。今回自分が演じた三島は、21歳の学生の頃なので、みんなが持っている三島像とは差をつけたいという思いで探りながら演じていました。蜷川監督の三島への思い、演出も非常に的確で分かりやすく、若い時に鍛えていただいた小栗さんとの共演も、緊張感がありつつも本当に楽しかったです。

 

坂口安吾 役 / 藤原竜也

名前 藤原竜也
生年月日 1982年5月15日
年齢 37歳
出身地 埼玉県
身長 178cm
所属事務所 ホリプロ
蜷川監督とは『Diner ダイナー』でもご一緒させて頂きましたが、小栗くん主演の本作に出演できるということは、非常に光栄で嬉しかったです。坂口安吾という重要な役どころを頂き、実際に太宰と安吾が通っていたバー“ルパン”での撮影はまるでタイムスリップしたようにすごく素敵な空間で、大変貴重な経験をさせて頂きました。
スポンサーリンク




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。