ニュース

NGT48が解散しない理由はなぜ?活動を続ける狙いはなに?

NGT48の山口真帆さんがとうとう卒業を発表してしまいましたね。

卒業発表は山口さんだけではなく、山口さんを支え続けていたとされる長谷川玲奈さん、菅原りこさんも同時に卒業を発表するという異例の事態となりました。

事件の真相や事件に関与したとされるメンバーの存在はまだ明らかになっていませんが、被害に遭った側が辞めて、加害者側が残るという意味のわからない結果には困惑しかありません。

NGT48の解散を希望する声が多くある中で、なぜ解散を選択しないのでしょう?

そこまでしてNGT48を続けていく意味はあるのでしょうか?

ということで今回は

  • NGT48が解散しない理由はなぜ?活動を続ける狙いはなに

こんな感じのテーマでお送りしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

卒業発表をうけて、ネットの反応は・・・

大荒れです・・・

被害者が卒業し、被害者の山口さんを”会社を攻撃する加害者”とまでいう運営会社AKSはNGT48を解散させることなく、新生NGT48として活動を続けさせるみたいですからね。

これは批判がでるのは当たり前。

この騒動が風化するのを待っているのでしょうか・・・

 

それは・・・ちょっと無理な問題ですよね。

スポンサーリンク




NGT48が解散しない理由はなぜなのか?

以前から山口真帆さんが卒業する可能性について、ファンなどからは予想がされていましたが、まさか山口さんと仲の良い長谷川玲奈さん、菅原りこさんも同時に卒業するのは予想外だったのではないでしょうか。

AKSの社長も当初は関与したメンバーがいるなら処分する旨の発言を山口真帆さんにしていたといいます。

しかし、第三者委員会を設置し、その結果

この事件にメンバーの関与なし

と決定付けられ、関与したと思われているメンバーの処分もなく、ここまできていました。

それだけではなく、先日の卒業発表での山口真帆さんの発言の中に

犯人が不起訴になったということは事件ではないということ。今じゃ会社を攻撃する加害者だ

とまで山口さんは会社から言われているといっていました。

これはひどい。”不起訴=事件ではない”というのはおかしい。

それでは人が殺されていても証拠不十分で不起訴になっても事件ではないと言っているようなもの。

最悪、それくらいの事態になっていたかもしれない大事件なのに。

 

 

こんな状態で、なぜ運営側はNGT48の解散を選択せず、新生NGT48として進む道を選んだのでしょうか?

運営側も会社ですし

世間から批判されるのは目に見えていたはず。

常識的に考えて、この状況がおかしいのは分かっているはず。

 

それでも、解散を選択できなかった大きな理由があるように思います。

その理由について、以下の2つの理由が関係しているのではないか?と言われています。

 

 

理由① 違約金が発生する問題

NGT48というより、運営側のAKSと地元のスポンサーの間ではスポンサー契約というものが結ばれているそうです。

スポンサー契約とは

スポンサーがそのチームあるいはスポーツ選手に資金を提供する代わりに,種々の形で,そのチームや選手の公認のスポンサー(応援者)であることを公言することが許される,という契約です。

引用:伏見総合法律事務所

どの企業がスポンサーになっているのかはここでは伏せますが、たくさんの企業がスポンサーとなっています。

それらスポンサーといつからいつまでの期間を契約しますという決まりがされている中で、NGT48側の事情で解散を選んでしまうと、各企業に対して莫大な違約金が発生してしまうため、解散を選択できないのではないか?という噂があります。

その金額がいくらなのかは調べてみましたが分かりませんでした。

 

確かにお金絡みの事情があるとすれば、あり得なくもない話しですよね。AKSは会社ですからね。

 

 

理由① 行政の関係が強い

こちらもやっぱりお金が関係してくるんですが

NGT48は地元の行政との連携が他のグループに比べて非常に強いんだそうです。その代表格が新潟県です。

新潟県はNGT48に新潟のPRを依頼する契約を結んでいます。(執筆時点ではこの騒動が理由で契約を保留中)

県や市との協力、警察との協力、地元住民との協力があってこそ、大きなライブを開催できるし、NGTだけでなく、AKBやHKTなど他のグループも新潟県だけでなく、北陸地方全体で活動することができます。

しかし、解散を選択することで行政をも敵に回してしまう可能性があり、そうなると他のグループも北陸地方で活動がしずらくなる可能性がある。

もし、そうなった時にAKSが被る損害額は非常に大きいんだそうです。

なので、こういった理由も解散を選択できない理由のひとつなのではないか?と噂されています。

 

情報源:AKB関連ニュース

スポンサーリンク




まとめ

というわけで、

  • NGT48が解散しない理由はなぜ?活動を続ける狙いはなに?

でお送りしてきました。

解散によって莫大な違約金が発生するため、解散を選択したくてもできないという噂についてお伝えしてきました。

ここまで大きな問題になっているのに、解散を選ばないのはどうも腑に落ちませんでしたが

もし本当にお金の問題で解散できないとなると、なんだか分かる気がします。

 

・・・でも、こんな状態でNGT48を応援するファンはすごく減るでしょうし、結局収益も激減してしまうのは目に見えているような気がします。

契約満了まで待って、もし問題を解決できなければ解散を選択する可能性も大いにあるのではないでしょうか!

 

NGT48がなぜ解散しないのか、皆様の見解もお聞かせいただけると嬉しいです。

下のコメント欄より、書き込みお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。