ニュース

三浦大知が天皇皇后両陛下に選ばれた理由はなぜ?歌声の響の動画は?

はい、どうも~!

歌手の三浦大知さんに関するビッグニュースが飛び込んできましたね。

2月24日(日)に東京・千代田区の国立劇場で開かれる天皇陛下の在位30年の記念式典作詞は天皇陛下作曲は皇后陛下がされた曲「歌声の響」三浦大知さんが歌うことになったんだそうです!

これはすごいですね!快挙ですね~!三浦大知さんの活躍は天皇皇后両陛下も知るほどになったんですね~!どんだけ活躍してんねん!

このニュースを見て、すぐに疑問に思ったことがあるんです。

「どうして三浦大知なんだろう?」

あなたもそう思われませんでしたか?

そこで今回は

  • 三浦大知が天皇皇后両陛下に選ばれた理由はなぜ?
  • 歌声の響の動画は?

こんな感じのテーマでお送りしていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

ネットの反応

このニュースが発表されると、たちまち三浦大知さんがトレンド1位となる大騒ぎとなりました。まずはネットの反応をみていきたいと思います。


色々な反応があって、Twitter見てるの楽しい・・・笑

次はメインテーマに行く前に三浦大知さんのプロフィールをみていきたいと思います!

スポンサーリンク




三浦大知プロフィール

名前 三浦 大知(みうら だいち)
生年月日 1987年8月24日生 31歳
出身地 沖縄県
身長 175cm
体重  -
血液型 AB型
所属事務所 ライジングプロダクション

三浦大知さんは1997年、9歳でFolderというグループのメインボーカルとしてデビューしました。

この頃から彼の歌唱力、ダンスには定評がありましたが2000年に男の子の悩みのひとつである変声期に突入!思い通りに歌うことが出来なくなってしまい休業をします。

この休業期間が今の三浦大知を作ったようです!

休業期間中、声変わり時期に歌いすぎると声がダメになるという理由でボイストレーニングは行わず、ダンスの練習をやっていたんだそう。

そしてニューヨークにも行き、ダンスや音楽を学んだんだそうです。

ダンス!ダンス!ダンス!

そして、変声期が終わる中学3年生の頃に知った歌手・アッシャーが後の彼に大きな影響を与えます。

アッシャー(Usher)はアメリカの歌手で、歌もめちゃくちゃ上手いわ、ダンスもめちゃくちゃ上手いわで、ほんと今の三浦大知さんみたいな感じでアメリカで大人気のR&Bシンガーです。

この歌って踊るスタイルに憧れ、自分もこの道でいこうと決めたんだそうです。

そして2005年にソロデビュー!(←Folderの活動はどうした)

当時、日本では珍しい”R&Bをソロで歌って踊るスタイル”で登場!まさにアッシャーと同じスタイル。

三浦大知さんの活躍はここ1~2年くらいかと思われるかたもいらっしゃると思いますが実はもっと前からすごく人気がある歌手です。

2011年に出した曲がオリコン上位に入り、翌年に出した曲もオリコンの上位に入り、彼の人気が爆発的に上がっていきました。

その結果、2012年に行われた自身初の武道館ライブのチケットが発売開始10分で前売り券が完売するほどだったんだそうです。

そこからの活躍ぶりは皆さんもご存知だと思います。ナインティナインの岡村さんとコラボしたことでもかなり話題になりましたよね。

そんな歌も上手い、ダンスも上手い彼のことを「和製マイケルジャクソン」と評されているようですがご本人的には「和製アッシャー」のほうが嬉しいのではないでしょうか・・・笑

 

そして知らなかったんですが三浦大知さんはご結婚されているんですね!!2015年1月1日に一般女性と結婚し、翌年12月9日に第一子となる男の子が誕生しているんだそうです!

三浦大知さんの音楽は結構チェックしているんですがプライベートに関しては無知でした・・・笑

スポンサーリンク




三浦大知が天皇皇后両陛下に選ばれた理由はなぜ?

さてここからが本題です!!

なぜ天皇皇后両陛下は三浦大知さんを選んだのでしょうか!?

現時点ではその理由について明かされていないようですので、あくまで予想・考察でお話を進めていきます。

 

三浦大知さんが歌うのは在位30年の記念式典ですので、アーティストを起用するとしても大御所を使うとかだと思ったんですが・・・

というか、そもそも”三浦大知さんにお願いしよう!”って天皇皇后両陛下がおっしゃったのかそこも疑問です。

 

ここで選んだ理由の1つ目の予想は・・・

眞子さまや佳子さまの好きなアーティストなのでは!?説

天皇皇后両陛下が三浦大知さんを指名するにはちょっと違和感がありますよね。三浦大知さんのファン層はやっぱり若い女性が多いと思いますので、もしかしたら眞子さまや佳子さまが出したアイディアな可能性もなきにしもあらず・・・!?

 

しかし、それだけの理由でこんな大事な式典のアーティストを決めるわけもなく・・・

もっと他にちゃんとした理由があるんだと思うんです。

あと考えたのが

三浦大知さんが沖縄出身だから!説

選ぶ条件として沖縄出身アーティストというのは絶対だと思います。なぜなら天皇皇后両陛下がお作りになった曲は沖縄を訪れた時の想いを曲にしたからです。

なので、条件として沖縄出身というのは外せなかったと思うんですがそうなると他にも沖縄出身のアーティストはたくさんいますよね。

例えばDAPAMPのISSAさん、モンパチ、HY、BEGIN、などなど・・・たくさんいらっしゃいます。

その中で三浦大知さんに白羽の矢がたったのは、在位30年の記念式典だから30歳のアーティストで選んでるのか!?と思いましたが彼は31歳・・・

じゃあ、平成元年生まれのアーティスト!?と思いましたが彼は昭和62年生まれ・・・

ん~・・・考えれば考えるほど分からない!!

これは是非皆さんのお考えも教えてください!下のコメント欄より書き込みお願いします!

 

本当は安室奈美恵さんっていう案もあった可能性が高いと思いますよね。だけど彼女は引退してしまいましたからね・・・さすがにそこに声はかけなかったか。

スポンサーリンク




「歌声の響」の動画はあるの?

ニュースなどで伝えられていることを見る限り、天皇皇后両陛下がお作りになられた曲というのは今回の式典のために作られたんだと思っていたんですが色々調べてみると、実はだいぶ前にすでに作られていた曲だということが分かりました!

「歌声の響」誕生秘話

昭和50年(1975年)7月、沖縄国際海洋博覧会の開会式に出席するため、皇太子ご夫妻(現在の明仁天皇美智子皇后)は初めて沖縄を訪問されました。その際に、ハンセン病療養所「沖縄愛楽園」を訪れて入所者一人一人と交流されました。愛楽園からの帰り際、入所者から自然に合唱が起きたそうです。歌われたのは船出を祝う沖縄民謡「だんじょかれよし」。皇太子ご夫妻は真夏の炎天下に立ったまま、その歌に聞き入られたそうです。後に、そのときの光景を皇太子殿下(明仁天皇)は琉歌(八八八六の三十音の琉球定型詩)に詠まれ、妃殿下(美智子皇后)はその琉歌に相応(ふさわ)しい曲を付けられました。こうして「歌声の響」という曲が生まれました。

引用:http://ikiru918.hatenablog.com/entry/2015/11/01/171100

 

すごい昔に作られた曲だったんですね!!

 

さて、どんな曲なのか気になる所ですが・・・視聴はできるのでしょうか・・・

一応数秒ですがありました!

http://ikiru918.hatenablog.com/entry/2015/11/01/171100

↑こちらのブログをお借りしてきました。この記事の真ん中あたりに動画があるのですがその0:33あたりから数秒聞く事ができます!

 

だいぶ厳かな曲ですね~。そりゃそうか。ポップだったから逆に嫌ですしね。

この曲を三浦大知さんがどんな風に歌われるのか、すごい楽しみですね!!

スポンサーリンク




まとめ

ということで今回は

  • 三浦大知が天皇皇后両陛下に選ばれた理由はなぜ?
  • 歌声の響の動画は?

こんな感じでお送りしてまいりました。

 

三浦大知さんに白羽の矢がたった理由は沖縄出身ということ以外、なかなか思いつきませんね。なんか、すごい意外な人選です。

 

繰り返しになりますが是非みなさんのお考えもコメント欄よりお聞かせいただけると嬉しいです!!

 

ということで最後までお読みいただき

ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。