スポーツ

【動画あり】卓球みまひなペアに誤審した審判は誰?なぜビデオ判定は無いの?

卓球の世界選手権に女子ダブルスで出場した伊藤美誠さんと早田ひなさんペア、通称みまひなペアが決勝で中国に敗れ、金メダルを逃してしまいました。

卓球王国の中国が相手ですから、一筋縄ではいかないのは誰もが分かっていることですが、みまひなペアはダブルスでは世界ランク1位です!

絶対勝てると思っていましたが、ここぞ!という時にそれは起きてしまいました。

”誤審”です。

スポーツ界ではちょいちょいある誤審。これをみまひなペアは決勝戦でくらってしまいました。

これを受け、ネットは大荒れ!!

審判は誰だ!なんでビデオ判定がないんだ!!

など、怒りの声が多くあるようです。

そこで今回は

  • 【動画あり】卓球みまひなペアに誤審した審判は誰?なぜビデオ判定は無いの?

こんな感じでお送りしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

みまひなペアが誤審されたシーンの動画

まずは問題のシーンをご覧ください。(ツイッターからお借りしました)

ひなさんがサーブをするもネットにかかっていると判定され、ポイントは中国へ。

ここでみまひな、会場がざわつきます。

しかし、VTRのスロー再生で確認するとネットにはかかっていないことが見て取れます。

明らかにネットにはかかってないですよね。審判の位置からはかかっているように見えたんでしょうが・・・決勝戦ですよ・・・

これが理由で負けたとは言いませんが、メンタル面に多少なりとも支障が出たはずです。

ほんと・・・誤審は観てる側も嫌な気持ちになりますし、しらけます・・・。

 

 

決勝戦での誤審といえば、柔道の篠原信一さんがシドニーオリンピックの決勝で誤審判定をされて惜しくも金メダルの逃したことが僕の中では一番記憶にあります。

これもひどかった。

誤審ってどうにかならないんでしょうか。

選手がかわいそうですよ。みまひなペアだってこの日のために頑張ってきたのに、大切な1ポイントが誤審で奪われてしまうのはちょっとなぁ~。

 

 

視聴者の反応

大事な場面での誤審は流れを変えてしまいますよね。

確かに中国は強い相手ですが、勝てない試合ではなかったと思います!

やっぱり・・・あの誤審さえ無ければ・・・って思っちゃいますよ。

もうほんとやめて~。

 

スポンサーリンク




誤審をした審判は誰?

あまりこうゆう詮索はよくないとは思いますが、やっぱり気になります。

あの誤審審判は誰なのか!国籍はどこなのか!

まさか・・・中国の審判!?

 

動画を再度確認してみると、アジア系の女性であることは分かります。

どこの国の審判なのか正確な情報な調べてみましたが分かりませんでした。

 

しかし、中国人の審判ではないか!?との声が多くあるようです。

 

もし本当にそうだとしたら、これはやってはいけない人選だと思います。

自国の選手の試合の審判で、ましてや決勝戦ともなれば

自国の選手をひいき目で見てしまう可能性は多いにありますよ。

それは中国に限ったことではなく、日本だって起こりえることだと思います。

 

そうゆうことが無いように、多くのスポーツでは世界選手権などの大きな大会では第三国が審判を務めるようにしなければいけないはずなんですが・・・

卓球の場合はどうなんでしょう?

情報が見つからなかったので、どなたか分かる方教えていただけると嬉しいです!!

スポンサーリンク




卓球にビデオ判定を導入していない理由はなぜ?

”審判の言う事は絶対!!”

これはもう昔の話。今では多くのスポーツでビデオ判定、リプレイ検証などを導入しています。

 

例えばプロ野球は以前はビデオ判定などはなかったんですよね。

しかし、選手や関係者からはずーっと導入してくれーって声はあがっていたんだそうです。ですがそれでもなかなか導入するには至らなかったみたいですが、

巨人軍がビデオ判定の導入を訴えたことにより、徐々に導入されていったんだとか。

力のあるチームからの声で動くとか・・・なんだそれ。笑

 

 

で、今回の卓球の件ですが、みまひなさんやコーチなどは誤審判定後、ビデオを見て!と言っていたらしいんですが、審判は見てくれなかったそうですね。

それもそのはず。調べてみると卓球の世界はまだ

審判の言う事は絶対!みたいです。

つまり、ビデオ判定という制度がないんだとか。

 

ですが、以前からビデオ判定制度を導入については日本卓球協会が何度も訴えてきているんだそうです。

しかし、導入には至ってはいません。

その理由として

  • 全コートにビデオ判定を導入するのは難しいため(トーナメント序盤は試合数が多い)

らしいんです。

だったら、準決勝、決勝戦だけでも導入せい!!と思うんですけどね・・・。

 

今回のみまひなペアに対する誤審判定を日本卓球協会が国際卓球連盟(ITTF)に抗議文書を送ったらしいです!!  (いいぞ!協会!)

これを受けて、ITTFがどんな回答をするのか・・・

今後の動きに注目ですね。

スポンサーリンク




まとめ

ということで今回は

  • 【動画あり】卓球みまひなペアに誤審した審判は誰?なぜビデオ判定は無いの?

でお送りしました。

 

  • 誤審した審判は

中国人らしいという情報がありましたが定かではありません。

  • ビデオ判定が導入されていない理由は

コート数が多くてカメラ設置が大変

こんな理由らしいんですが、大きな声でこう言いたい・・・

 

選手は命かけてやっとんじゃ!!事情はわからんけども・・・大変、大変って・・・めんどくさいだけでしょ!!

スポーツ選手って色んな欲を絶って、その試合に挑んでいるんですよ。

なので、選手以外の試合を見てる側は選手に対して最大限の敬意を払わなければいけないと思うし、選手が公平な試合をできるようにする配慮が必要だと思いますけどね。

もうなんなら、卓球台にセンサー仕込んだらどうですか。

ネット判定で誤審が多いんだとしたら、ネットにセンサー仕込んで、触れたか触れてないかの判断くらいできると思いますし、難しいことではないと思います。

ほんと、誤審はどんどん無くしていきましょう。

誤審でスポーツ人生が終わってしまっては・・・やりきれません。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。