ネタバレ

魔斬りの家光【2話】最新話ネタバレ感想!

スポンサーリンク



この記事では『魔斬りの家光』2ネタバレ感想をお伝えしていきます。

ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

『魔斬りの家光』2話のネタバレ

やっと出会えた三代将軍 徳川家光(見出し)

拐かしの騒動を救ってくれたのは、まさかの女装をしていた腹違いの兄、三代将軍 徳川家光から2話はスタート。

弟の幸松とようやく出会い、その姿に愛おしさを感じる兄の家光。

大事な用事がある、だからそなたを江戸に呼んだのじゃと城に改めて登城を命じる。

幸松が本丸に着き、不安と緊張を抑えながら家光がくるのを待っていると、戸が開き、待たせたな!我が弟よ。

将軍家光の姿を見た幸松はようやく兄である事を確信し、ははー!とひれ伏した。

そなたのような弟を得て、余は嬉しく思っておる。

幸松はお褒めの言葉をもらい喜ぶ中、大事な用事があるのを思い出しました。

すると家光が近寄ってきて、幸松よ、本日が十三度目の誕生日であったな?その身体に何か変化はないか?と聞いてきました。

いえ、特に何もありません。。緊張はしていますが…と答えると、、ふむ、するとやはり余だけなのか…?と意味深に考え込む家光。

しかし考えるのをやめた家光は、外に出よう!そなたを江戸に呼んだ理由は他にもあると女装に変装して幸松を外に連れ出しました。

もうひとつの理由(見出し)

外に出て、歩きながらもうひとつの理由を家光に聞くと、あなたを他家に追い出した実の父に「幸松は自分の息子で将軍家の一員だ!」って認めさせる為に呼んだと言われました。

僕の為にそこまで…ありがとうございます!!と幸松は感動していると、、、
家光から父に会う機会も作りやすいから江戸にしばらくいた方がいいと思うよと言われました。

家光から、話はつけてあるから今日はこれから居候先へ行きましょうと半ば強引に連れて行かれそうになりました。

幸松は突然の事でしたので、居候先へ行く前に2人は荷物を取りに吉原へ向かいました。

吉原で謎の色男

昨夜泊まった宿に向かう途中でした。

あら、何かしら?あの人だかり…ちょっと!すごい男前がいるんだけど!?

と突然、家光は宝物を見つけたかのように走って行きました。

そこではたくさんの遊女達が男前のお兄さんを口説いていました。

俺はその…自宅で楽しみたい派でさ。

家まで一緒に来てくれる娘がいいんだけど…とお兄さんが言うとお店に怒られるからと遊女達は諦めていきました。

そこで女装した家光が、だったら私!私連れてって!!
私ならどこにでもついて行っちゃうわよ!と口説き始めました。

じゃ、早速行こっか!と安心した様子でお兄さんも快諾しました。

状況が分からない幸松に、お仕事行ってくるから…絶対ついて来ちゃダメよ♡と言って2人は仲良く行ってしまいました。

いきなり置いていかれた幸松は、ついて来るなと言われたけど、弟として…いや武士の端くれとして!というわけで後をついて行きました。

“悪魔(でもん)” (見出し)

女装した家光と色男が話しながら家に向かう道中、突然、家光が右胸を彫られた紋をだし、動くな!その場でしかと見よ…我が”御紋(すてぃぐま)を!そして真の姿を現せ!!

色男の顔がみるみる剥がれていき、おのれ…雄だったか!その忌々しい”御紋”の力!!”トクガワ”の血族よ!!

色男の中から女の悪魔の怪物が現れた。

生かしてはおかぬ!トクガワー死すべし!と複数ある尻尾で家光を襲いかかる。

家光は傘の中の隠し刀を取り出し、ギリギリのところで尻尾を両断。しかしすぐに再生され、さらに攻撃が増える中、家光はかわしながら一点のスキを見つける。

ハハハ!再生する我が肉体に剣撃は通用せん!残念だったな!!高笑いする女の悪魔に、家光は懐に入れば勝機アリと間合いを詰めていく。

成敗!!

この戦いを木の影から覗いていた幸松は家光の助太刀をしたくて刀に手を回すも、悪魔に見つかってしまう。

もう一匹いたか!と幸松を尻尾で攻撃し、弟がついて来ていた事に気づいた家光は、たわけが!来るなと命じたぞ!!と幸松を守りながら応戦。

しかし、家光はスキを突かれ悪魔に右腕と刀を掴まれ、そのまま引き寄せらます。家光がトドメを刺されそうになるその時、わぁぁー!と幸松が一直線に悪魔に斬りかかります。

その瞬間、家光は掴まれていた尻尾から脱出しスキを見て、”もらった!!”悪魔の喉仏をぶった斬る!

バラバラに崩壊していく悪魔を見て、幸松に、もう心配いらぬぞ。此奴らは喉仏を破壊する事で息の根をとめられるのだと教える。

これが余の本当の仕事なのだ幸松。”御紋”を…神君の力を受け継ぎし者の責務…と徳川家の与えられた魔斬りの姿を幸松を見せました。

そして第2話はこれにて終了・・・・・

スポンサーリンク



魔斬りの家光』を無料で読むには

魔斬りの家光』をすぐに無料・もしくは超格安で読みたい!という方は以下の方法で読むことができます。

1話ずつ無料 ▷ マンガワン

小学館によって公式運営されている日本最大級のWEBマンガサイト

過去~現在に至るまでの有名作品から新作などが無料で楽しむことができるアプリです。

読みたい作品の最新話は1話ずつ更新されるため、週1回もしくは隔週で1回1話ずつ無料で読むことができます。

無料で読める仕組みは、マンガワン内で”ライフ”と呼ばれるアイテムのお陰。

ライフとは・・・

漫画を1話ずつ無料で読むことができるアイテム

毎日9時と21時にそれぞれ4個ずつのライフ(合計8個)を貰うことができ、ライフ1個につき1話を無料で読むことができます。

色々な作品の最新話を読みたい!と思っている方は最大で1日8作品の最新話を無料で読むことができます。

無料で読む手順
  1. マンガワンのアプリをダウンロード(無料)
  2. マイページ→左上の虫眼鏡マークを押して読みたい作品名を入力
  3. 読みたい話数を選択し、1話読む
マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

魔斬りの家光』2話の感想・考察

女装しながら城下を歩く三代将軍 徳川家光と腹違いの弟との出会いから、なかなかこの戦いを想像できた人は少ないのではないでしょうか?

暴れん坊将軍のような戦いから、トクガワの血族に受け継がれた神力での悪魔との戦い。この世界観はなかなか面白いですね!

家光は剣も特殊な剣なのか?
それ以外にも武器をもってましたので、新たな神力での戦いが広がっていくのかもしれません。

そして同じ血族、幸松の覚醒はどうなっていくのでしょう?

ところどころに幸松のお尻がズキズキしてるのが個人的に気になりましたね。神力を授かるとしてもそこなのか?

第3話は幸松の”御紋”気になる展開になってきてますね!楽しみに待っていましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA