ニュース

交通安全教室にスタントマンを使う理由はなぜ?目的や必要性について

悲しい事故が起きてしまったようです。

小学校や中学校で交通安全教室がありますが、スタントマンを使ってリアルに事故を再現しようとした所、本当に事故になってしまい、スタントマンが死亡してしまいました。

僕が学生だったころは人形を使っていたと記憶しているんですが、今はスタントマンを使ってやっていたんですね。

しかし、いくらスタントマンを起用しているからといっても生身の人間。不測の事態ではなく、危険性はわかっていたはず。

それでもスタントマンを起用するのはなぜなんでしょう?

そこで今回は

  • 交通安全教室にスタントマンを使う理由はなぜ?目的や必要性について

こんなテーマでお送りしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

交通安全教室で事故再現のスタントマンが死亡・・・。

まずは事故の詳細をネットニュースから引用します。

12日午後2時20分ごろ、京都市山科区勧修寺平田町の勧修中のグラウンドで、交通安全教室に出演していたスタント会社「ワーサル」(東京都渋谷区)のスタントマンのアルバイト男性(34)=福岡県春日市=が交通事故の再現中、トラックにひかれた。男性は胸や腹を強く打ち、7時間後に死亡した。同教室には全校生徒約470人が参加していた。

京都府警山科署によると、男性は、歩行者が道路の横断中に車にはねられる事故を再現していた。時速10キロで走行するトラックのバンパーにしがみつき、安全に着地する想定だったが、失敗して地面に落ち、車体下に巻き込まれたという。トラックは同僚男性(38)が運転していた。
 教室は京都市自転車政策推進室が主催し、ワーサルに業務を委託していた。同推進室は「事故原因を究明し、生徒の心のケアについては市教委と連携して適切に対応する」としている。

引用:Yahoo!ニュース

 

亡くなってしまったスタントマンの男性は本当に気の毒ですし、34歳ということなのでもしかしたらご結婚されていて、小さいお子さんがいるかもしれませんよね。

しかもこの事故の時、全校生徒470人が参加していたということで、目撃してしまった生徒の皆さんは大丈夫なのでしょうか。

車は怖いんだよということは最悪の形でしっかり伝わったでしょうが、心にダメージを負った生徒さんもたくさんいるでしょう・・・。

そもそもこうゆう事をする前にどんな危険が潜んでいるのかを徹底的に洗い出し、そうならない為の対策を普通は考えておくものですが、ちゃんと対策はとられていたんでしょうか?

というか、

危険性はちゃんと洗い出してあったのでしょうか?

というか、

スタントマンじゃなきゃダメなんでしょうか?人形じゃダメなんでしょうか?

 

次のテーマで考えていきたいと思います。

スポンサーリンク




スタントマンを使う理由はなぜ?目的や必要性について

ここでは交通安全教室にスタントマンを使う理由や必要性などについて考えていきたいと思います。

調べてみると、当たり前ですが目的がありました。

スタントマンを使って交通安全を意識させる教育法で

スケアードストレートという教育方法が用いられているそうです。

スケアード ストレートとは・・・

スタントマンによる交通事故疑似体験を取り入れた自転車交通安全教室を実施
し、交通事故再現や危険体験によって、事故の「恐怖」と「痛み」を感じさせ
ることにより、交通安全意識の醸成を図り、交通ルールの順守と正しい交通マ
ナーを実践させる。

引用:https://cms1.chiba-c.ed.jp/isobe-h/curriculum-1/?action=common_download_main&upload_id=1142

なるほど・・・

人形で事故を再現するより、確かにリアルですし、交通安全の意識付けにはいいのかもしれません。

亡くなってしまったスタントマンの会社はこういった交通安全スタントを専門に扱っている会社のようです。

スタント会社「ワーサル」HP

交通安全のスタントにも色々な種類があるみたいで、事故にあってしまったスタント内容は

~大型車の死角によって起こる事故~

という再現だったみたいです。

成功時の映像がありました。


本来はこうならなきゃいけない所を、バンパーにしがみつけず轢かれてしまったということなんでしょうね。

個人的な意見になりますが、このスタントを見る限り、確かに人形を使っていたのではリアルさに欠けてしまって、安全意識を植え付けるには物足りないのかもしれません。

このスタントの時の車の速度は10キロ程度ということに対しこんなご意見もあります。

人形を使って、リアルな車の速度で事故を再現したほうが効果があるのでは?という意見。

確かにそれも一理ありますよね。

ん~でもどうなんでしょう。目的としては大切なことだとは思いますし、リアルさを追求するのであれば必要かもしれませんが・・・本当の事故になってしまったのであれば、今後はやり方を変えていかなければいけないとは思います。

 

皆さんは生身の人間を使って交通安全教室をすることに対してどう思われますか?

是非下のコメント欄に書き込みお願いします。

スポンサーリンク




事故に対し、ネットの反応は・・・

交通安全教室とは言え、スタントマンにお願いしたとは言え、危険予知をできない警察の責任。
自動車に対して安全面に弱い自転車を車道を走らせることにおいても十分な道路状況を把握せず、また一部の道路にしか自転車レーンを設けず一律に従わせるのは警察が上から目線の交通対策としか考えられない。
トラックのバンパーに…多分、トラックによる事故でタイヤに踏まれる直前の恐怖感を再現しようとしたんだろうね?

踏まれてしまう事故は起きたが…可能な範囲で続けてほしい。勿論徹底的に訓練をしてミスは起きないように…

この活動はやめちゃダメだと思う。

そういう事故再現を生徒の前で実演する意味ありますか?
交通安全の全校集会は、子供時代にあったけど、自転車の安全な走行の仕方や横断歩道の渡り方など、子供が理解出来る程度の内容を実演でした。
しかし、今回はトラックにしがみついて回避するのを実演したかったんですよね?
子供も大人もそんな回避しないと思う。大人なら、特にトラックは急に止まれないという事を知っているのだから、こんな実演したら事故になるのは想定出来るでしょう。
実演はしなくていいんじゃないかな。ビデオ学習とか人形で十分だと思う。いくらプロでも100回に1回くらいミスするだろうし。
実演はインパクトあるだろうけど、それで事故が防止されるかは分からないな、何を教えても無茶する人は変わらないからね。
言葉は悪いが生徒にとってはこれ以上ないショック学習となりました。
事故に遭ったらどうなるのか十分わかったと思うので、歩きスマホも大変な事故に繋がる可能性が高いという認識に繋がればいいと思う。
「時速10キロで走行するトラックのバンパーにしがみついて安全に着地する想定」はさほど問題ではない。問題なのは、動いているものの前に、人がいること。1%の確率でも考えたら、ありえなくない、轢かれる事実。
そう思ったらやるべきではないのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク




まとめ

というわけで今回は

  • 交通安全教室にスタントマンを使う理由はなぜ?目的や必要性について

でお送りしました。

スタントマン起用理由としては、スケアードストレート方式という教育方法で、リアルな恐怖や痛みを知ってもらうことを目的としているということでした。

 

僕が思うに、恐らくこんな事故は今回が初めてではないのではないでしょうか。

死亡にまでなっていないだけで、恐らく他にもかなりの事故があるような気がします。

やっぱり、スタントとはいえ、やり方を変えたほうがいいのではないでしょうか。

スタントマンなので、こういった事態は覚悟していたかもしれませんが、でももっと事前に様々な角度から危険予知をしていれば防げたかもしれない事故。守れたかもしれない命。

交通安全の意識を植え付けるには大きすぎる代償でした・・・。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。