雑記

歌舞伎の襲名は誰が決めるの?仕組みやルールについて!

はいどうも~!

歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが2020年5月に十三代目市川團十郎白猿(はくえん)を襲名することが発表されましたね!それと、海老蔵さんの長男の勸玄くんが八代目市川新之助!5歳で襲名です。歌舞伎の世界に生まれると生き方を選べず、なんかかわいそう・・・

先代の團十郎さんが亡くなられて約6年経ちましたが、ついに海老蔵さんを團十郎と呼ぶ日が来たんですね。

そこでふと疑問に思ったことがあります。

  • 歌舞伎の襲名って誰が決めてるの?
  • どんな基準やルールがあるのか?仕組みが分からん・・・

その辺りを分かりやすくお話していこうと思います~!!

 

歌舞伎の襲名に対する疑問の声

僕と同じような疑問を持たれている方も多くいらっしゃるようですね。

僕のイメージとしては先代の團十郎さんが亡くなられて、その名前は誰も使っていない状態なので、海老蔵さんの一声で襲名できるのかな?って思っていましたが実際はどうなのでしょうか・・・?

スポンサーリンク




歌舞伎の襲名の仕組みやルールについて!

さて、今回のメインテーマです。

色々と調べてみると、結構難しいこと書いてあって、日本語を理解するのも大変でした。笑

 

まず襲名についてですが

襲名とは・・・簡単に言えば親や師匠の名を継ぐ事

だそうです。こう聞くと簡単に襲名が出来るのかな?と思っちゃうんですが当たり前ですが実力や経験がないとダメみたいですね。

ドラゴンボールを例に言うと、最初はスーパーサイヤ人にもなれませんでしたがたくさん修行をして実践を行う事でスーパーサイヤ人になり、その後もっと経験を積んだらスーパーサイヤ人2、スーパーサイヤ人3,4となっていきます。

ドラゴンボールが分からない方にはなんのこっちゃな話しでしたが

お魚さんにも出世魚っていますよね。ワカシ → イナダ → ワラサ → ブリといったように成長の段階でそれぞれ呼び名が変わっていくんですが考え方としては襲名も同じなんだそうです。

 

じゃあ誰が決めているのか?についてですが

結論から申し上げると、その名前を使っている人、もしくは管理している人が決めているんだそうです。というか決めていいんだそう。

こうゆう伝統ある名前は財産と一緒なんだそうです。なので、相続をするんだそうです!

海老蔵さん家でいうと、お父さんが團十郎を名乗っていましたが残念ながら亡くなられましたので、相続が発生します!

その相続人は海老蔵さんになりますので、團十郎の名を管理しているのは海老蔵さんということになりますね!

 

ということはいつでも海老蔵さんの一声で襲名ができる状態ではあったということですね!

しかし、日本人は謙虚な人種ですから自分から襲名したい!とはなりにくいのではないでしょうか?

そこで力を発揮するのがファンの方からの声松竹の存在だそうです。

ファンからの声というのは皆さん分かると思うので、松竹の存在についてお話していきますね。

 

松竹は「松竹株式会社」という一民間企業です。

この会社は歌舞伎の興業をほぼ独占的に手掛けている会社です!

なぜ独占的に手掛けられているのかというと、創業者が関係しているようです。

松竹の創業は1895年で、創業者は白井松次郎と大谷竹次郎という方です。

このお二人がまだ子供だったころ、歌舞伎を舞台のお手伝いをしながら見ていたんだそうです。

この時、物凄く感動をしたそうで、この時の気持ちを後にこう語っています。

「芝居というものに私が一生を捧げて悔いない気持ちになったのは、あとで考えてみると、14の年の正月に祇園館の團十郎、鴈治郎の舞台を見てからだ」

これが松竹創業のきっかけとなったそうで、創業してから、歌舞伎を盛り上げようと歌舞伎を主とした演劇の興業を行うようになります。

興業をたちまち成功をおさめ、松竹も大きくなっていき、のちに日本を代表する劇場としてのブランドイメージを確立していた歌舞伎座の経営権を獲得します。

といったように、松竹の存在は歌舞伎にとってはとても大きいんだそうです。

一民間企業が日本の伝統芸能を支えているということです。

 

話しを戻しますが

襲名についてはそんな松竹側からの推薦がある場合もあるそうです。

そうゆう時は襲名口上で「松竹○○会長のお薦めもあり・・・」といったふうに向上をのべるみたいですね。

話をまとめると、襲名の仕組みやルールについては

襲名したい名前を管理しているものの声で襲名はできるが実際にはファンからの襲名を希望する声や昔から歌舞伎の興業を支えてきた松竹からの推薦の声があり、襲名に向けた動きをするそうです。

ですが最終決定は本人だそうです!!

 

色々な文を読んで僕なりにまとめましたが

お分かりいただけましたか?

もし、間違っている部分があれば是非コメント欄に書き込みお願いします!

スポンサーリンク




まとめ

ということで今回は

  • 歌舞伎の襲名は誰が決めるの?仕組みやルールについて!

でお送りしていきましたがいかがでしたでしょうか?

やっぱり、”根回し”というのが必要なんですね~!!

こうゆう伝統ある世界のルールは難しいですねぇ・・・笑

 

そして、冒頭でもお話しましたが歌舞伎の家に生まれた人は歌舞伎を継ぐしか道は無いというのはかわいそうというか・・・なんというか・・・

これが宿命なんでしょうね。

 

ということで、今回も最後までお読みいただき

ありがとうございました!

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。