ニュース

大地震が夜に多い理由はなぜ?過去の巨大地震の発生時間帯まとめ

北海道でまたも大きな地震が発生しました。最大震度は6弱ということで、かなり大きな揺れに見舞われたようです。

北海道の地震といえば、2018年9月に発生した北海道胆振東部地震が記憶に新しいと思います。この時の震度は最大で7を観測。

そこでふと思ったんですが、前回の大地震は確か夜中の3時頃でした。今回のは夜の9時。

なんだか大きな地震ほど夜から夜中にかけて発生しているのではないか?と思ったんです。

夜と地震に何か関係があるのでしょうか?

そこで今回は

  • 大地震が夜に多い理由はなぜ?
  • 過去の巨大地震の発生時間帯まとめ

以上のテーマで進めていきたいと思います。

 

過去の巨大地震の発生時間帯まとめ

大きな地震ほど、夜に多いと思っている僕の考えは正しいのか、間違っているのか

過去に起きた大きな地震の発生時間帯をまとめてみたいと思います。

 

地震の名前 発生日 発生時間帯 最大震度
阪神・淡路大震災 1995年1月17日 AM5:46 7(M7.3)
新潟県中越地震
2004年10月23日 PM17:56 7(M6.8)
新潟県中越沖地震 2007年7月16日 AM10:13 6強(M6.8)
東日本大震災 2011年3月11日 PM14:46 7(M9.0)
熊本地震(前震)
2016年4月14日 PM21:26 7(M6.5)
熊本地震(本震)
2016年4月16日 AM1:25 7(M7.3)
北海道胆振東部地震
2018年9月6日 AM3:07 7(M6.7)
北海道地震(仮) 2019年2月21日 PM21:22 6弱(M5.8)

 

ここで紹介している以上に日本ではたくさんの大きな地震が起きていますが、ここではメディアが比較的大きく取り上げていた地震をまとめました。

過去の大地震の発生時間帯をみると、確かに夜~夜中(もしくは朝方)が多いように思います。(中越地震は夕方のようにも思えますが、実は日没後に起きている地震です)

夜中の時間帯は多くの方が寝ている時間帯なので、そんな時にばっかり大きな地震がきてしまったんでは・・・

個人的に思ったのが、発生時間帯もそうですが、何分に発生しているのかという所で

なんとなく『6』が多いなぁ~って思いました。

これは単なる偶然なのでしょうか。

 

夜に起こる地震について、ネットの声を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク




ネットの声


やっぱり多くの方が大きい地震ほど夜にくるという感覚のようです。僕は間違ってなかった!

夜に大きい地震こられると、不安で寝られなくなるし、非難しようにも周りは暗いから動きにくいし・・・

そんでもって日本は地震でとんでもない被害がでない限り、次の日の仕事は休みにならない傾向あるし・・・。

寝不足で出勤はキツいですよね。地震は起きないに越したことないんですが、どうせ起きるなら昼間のほうが逃げやすいし、被害状況も把握しやすいし、救助もしやすい。

神様のイタズラなのでしょうか。

スポンサーリンク




大きな地震が夜に多い理由はなぜ?

大地震は夜~朝方に多いというのは、もしかしたらただの偶然なのかなとも思ったんですが、でもやっぱり何か変ですよね。

何かちゃんとした理由があるのかもしれないと思って、調べてみました。

そしたら、主に海外の学者さんの間でも

『大地震は日中よりも夜間に発生する傾向にある』

と言われているんだそうです。

学者さん達が、世界中で起きる地震の時間帯などを調べ、解析した結果、

「日中に減少し、午後3時から午後4時にかけて最小となり、その後は深夜まで次第に上昇していく。ただし、正午前後には小さなピークが現れる傾向がある」

こういった事を発見したんだそうです。

NASAの博士の見解も同じで、こう言っています。

「世界のあらゆる地域で、地震の発生は夜中に多く、日中は少なくなる傾向がある」

日本だけでなく、世界中で地震は夜に多い傾向というのは驚きですね。

 

日本で起きた地震の時間帯を調べた方がいらっしゃいましたので、引用させていただきます。

USGS(米地質調査所)提供の地震データベースから、日本付近で1900~2017年に起きたM6.5以上の地震データ全539件を抽出、発生時刻の分布を調べてみた(M7.0以上という条件ではサンプル数がかなり限られるため、M6.5という条件に設定している)。

引用:https://tocana.jp/2018/01/post_15699_entry_2.html

 

このグラフを見ると、確かに午前0時からグーンと増えて、日の出を迎えたころはグーンと減っています。そしてまた正午に向けて増えて、そこから日中はおおよそ横ばいですが、日没に向けて次第に減少、そして、深夜に向けてグーンと上昇しています。

確かに、夜に多いと感じているのはデータからも分かるように、実際夜に大地震が起きている傾向にあるようです。

もう少し分かりやすいグラフもお借りしてきました。

今度は気象庁の出しているデータです。

2006年12月1日~2011年1月31日までの過去のデータになりますが、小さい地震から大きい地震まで全部をグラフに表してくれています。

引用:http://waveofsound.air-nifty.com/blog/2011/12/14—-44d0.html

大きい地震に限らないデータだと昼間はほとんど発生していませんね。

やっぱり地震は夜に起きやすいというのはデータを見る限り、本当のようです。

ではなぜ、夜に地震がおきやすいのか。特に大きな地震。

 

理由についてNASAの博士の見解ですと

太陽が関係しているのではないか?

と言われています。

しかし、残念ながら科学的に解明はされていないようです。

 

太陽の引力や経度などのデータを元に調べた頭の良い方もいらっしゃいましたが、関連性はわかりませんでした。

潮の満ち引きは月が関係しているというのはご存知の方も多いと思いますが、地震に関しては太陽が関係しているというのは、どうゆうことなんでしょう。

それだったら、月も関係してくるような気もしますが。

 

地震の発生時間帯の傾向は確かに夜が多いというデータは出ましたが、肝心の理由についてしっかりお伝えできず申し訳ありません。

データ上、夜から朝方に大きい地震が起きることが多いようなので

 

寝ている時に倒れてくるものは無いか落ちてくるものは無いか

万が一の備えは大丈夫かどうか

 

などを今一度しっかりと確認なさってください。

 

何か新しい情報が入り次第、追記していきたいと思います。

スポンサーリンク




まとめ

今回の内容をまとめます。

  • 過去の巨大地震の発生時間帯まとめ

→日本で起きた大きな地震は確かに夜~朝方に多い傾向なようです。日本だけでなく、世界中で同じような傾向にあるようです。

  • 大地震が夜に多い理由はなぜ?

→太陽が関係しているのではないかという見解もありますが、残念ながら科学的にハッキリと解明はできていません。

 

なんとも釈然としない内容となってしまいました。

大きな地震ほど、起きるのであれば昼間に起きてくれていれば夜に比べて被害が少ないように思いますが、こればっかりは天災なのでコントロールしようがありません。

僕らにできることは、万が一の時のための備えをしっかりしておくことだと思います。

(あらかじめ準備するのがなかなか難しいんですよね・・・気分的に)

 

寝ている間に倒れそうなものなどがあれば、しっかり対策はしておいてくださいね!

日本は地震大国!いつどこで巨大地震が起きてもおかしくありませんので!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。