スポーツ

イチロー打撃不調の原因は動体視力の低下?オープン戦の過去の成績は?

メジャーリーグの開幕戦が日本で開幕しており、イチロー選手が先発で試合に出場しており話題になっています!

イチロー選手を生で見れるのはこれが最後かもしれないので、試合を行っている東京ドームは超満員!

誰もがイチローの活躍を期待しているのですが、残念ながら打撃の不調が続いています。

明らかに全盛期のイチローと何かが違うような気がします。なぜここまで打てないのか!

そこで今回は

  • イチロー打撃不調の原因は動体視力の低下?オープン戦の過去の成績は?

こんなテーマでお送りしていこうと思います。

 

イチローのオープン戦過去の成績

2019年の開幕前のオープン戦でのイチロー選手の打撃成績25打数2安打で打率は0割8分となっています。しかも3月1日に放ったヒットを最後に18打席連続無安打となっており、その不調は開幕してからも続いてしまっています。

オープン戦から開幕までここまで調子の悪いイチロー選手はあまり見た事ないような気がします。

実際、過去のオープン戦の成績はどうだったのでしょうか?

過去の成績が知りたいと思い、調べてみたんですがオープン戦に関する正確なデータがみつかりませんでした。

なので、メジャーに行ってからの成績をみていきたいと思います。

年齢 打数 安打数 打率
2001年 27歳 692 242 .350
2002年 28歳 647 208 .321
2003年 29歳 679 212 .312
2004年 30歳 704 262 .372
2005年 31歳 679 206 .303
2006年 32歳 695 224 .322
2007年 33歳 678 238 .351
2008年 34歳 686 213 .310
2009年 35歳 639 225 .352
2010年 36歳 680 214 .315
2011年 37歳 677 184 .272
2012年 38歳 629 178 .283
2013年 39歳 520 136 .262
2014年 40歳 359 102 .284
2015年 41歳 398 91 .229
2016年 42歳 327 95 .291
2017年 43歳 196 50 .255
2018年 44歳 44 9 .205

 

メジャーへ行ってから初めの10年は打率3割超え、安打数も200本を連続で超える大活躍をしています。これは皆さんもご存知だと思います。

しかし、その連続記録が途絶えてしまった翌年から明らかに成績が落ちてきていますね。年齢にして37歳から。

10年間は死に物狂いで安打を積み重ねてきたんでしょうが、10年という区切りで精魂尽きてしまったのかな・・・

 

スポンサーリンク




イチロー打撃不調の原因は動体視力の低下?

2019年、開幕前のオープン戦、巨人との試合、アスレチックスとの開幕戦にイチローはたくさん出場しているんですが、3月1日のオープン戦での安打以来、20数打席無安打状態となっています。

オープン戦でなかなか調子が上がらないのは以前も何度かあったように思いますが、ここまで調子の悪いイチロー選手はみたことがありません。

野球経験者の方なら見ていて分かると思うんですが、こんな気がしませんでしたか?

 

傍からみてても、打てそうな感じがしない・・・

ボールが見えていない感じがする・・・

 

明らかに以前のイチロー選手とは違うボールへの反応の仕方をしているんですよね。

 

全盛期のイチロー選手は何種類もの打ち方を操り、どんなボールがきても打てちゃっていました。

ホームベース前でワンバウンドしちゃうような球でもヒットにしちゃうくらいすごかった。

特にレフト方向への流し打ちはほんとに名人芸でしたよね。

 

それが今ではライト方向に引っ張ることしか出来ていません。

レフト方向に飛んだかと思えば、ただの振り遅れでその方向に飛んだだけで、完全に差し込まれています。

際どい球に関しては、自分が一番打ちやすいボールがくるまでカットし続け、結局ヒットにしてしまっていた以前のイチロー選手が、今では見逃し三振が目立ってきています。

 

なぜここまで不調になってしまったのか。

 

原因がいくつかあると思います。

久しぶりの実戦なのでブランクがある

という声もあります。

 

しかし、一番の理由はボールが見えていないような気がすることからも

動体視力の低下ではないか?と思っています。

 

以前、インタビューでイチロー選手がこうおっしゃっています。

衰えてくるのは、まず目からですから

 

完璧なルーティーン生活をしていて、体力面では問題のないイチローさんですが

加齢とともにどうしても衰えてきてしまうのが目なんだそうです。

 

どんなに目がいい方でも、加齢とともに老眼になったりしますよね?

イチロー選手が老眼かどうかはわかりませんが、打者の命ともいえる動体視力が加齢によって落ちてきてしまっているため、ピッチャーの投げる球が見えていないのではないかと思っています。

こんなデータがあります。

40代から落ちてくるんですって。まさしくイチロー選手の年齢。

鍛えて、ある程度は改善されるみたいですが、イチロー選手のいる世界は世界一のメジャーリーグです。

ある程度の改善で太刀打ちできる世界ではないです。

 

加齢による動体視力の低下・・・

こればっかりはどうしようもない・・・。

スポンサーリンク




ネットの声

スポンサーリンク




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。