雑記

映画ハリーポッターシリーズはどれから見ればいい?見る順番と関連映画一覧まとめ!

一生を風靡したファンタジー映画といえば、『ハリー・ポッター』シリーズですよね。

魔法学校を舞台にした作品で、前半のワクワク感で見始めると少し後悔する・・・と話題の”あの”作品です。

ですが、今なお愛されるだけあって、面白さでいうと一級品。今から見始める!という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、今回は

  • 映画ハリーポッターシリーズは全部で何作?
  • ハリーポッターの映画を見る順番は?
  • ハリポタ関連映画一覧まとめ!

以上についてお伝えしていきたいと思います。

是非最後までお付き合いくださいね。

スポンサーリンク




映画ハリーポッターシリーズは全部で何作?

それでは、まずは映画『ハリー・ポッター』シリーズが一体何作あるのかについてを解説していきます。

『賢者の石』『秘密の部屋』から『死の秘宝』まで一学年ずつあるから、7本!と思いきや、そうではないのです。

具体的に見ていきましょう。

タイトル 日本公開日 分数
ハリー・ポッターと賢者の石 2001年11月16日 152分
ハリー・ポッターと秘密の部屋 2002年11月14日 161分
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 2004年5月31日 142分
ハリー・ポッターと炎のゴブレット 2005年11月18日 157分
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 2007年7月11日 138分
ハリー・ポッターと謎のプリンス 2009年7月15日 153分
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1 2010年11月19日 146分
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2 2011年7月15日  130分

※分数は全て劇場公開版

『死の秘宝』が2作品あるため、全部で8作品になります。一本一本が2時間越えと、かなり長いため、総視聴時間も20時間弱ほど。これぞ「超大作!」という感じですね。

但し、進むテンポは早く、内容を削りに削っての映画なので、体感だとそこまで長く感じませんでした。※筆者の個人的な感想

見ていて疲労感も感じないので、今日は2作まとめて見ちゃう!というのもアリだなと感じます。

スポンサーリンク




ハリーポッターシリーズはどれから見ればいい?見る順番を紹介!

映画『ハリー・ポッター』シリーズが8作品あるとわかったところで、次は見る順番についてもお伝えしていきます。

このシリーズ、児童小説でありながらも、ストーリー展開は計算されており、別作品で貼られた伏線や謎を後々の作品で回収する、ということもよくあります。

そのため、必ず時系列順に見ることをオススメします。この作品は、時系列に乱れはないので、基本的に公開順で大丈夫です。

『ハリー・ポッター』シリーズを見る順番
  1. 『ハリー・ポッターと賢者の石』
  2. 『ハリー・ポッターと秘密の部屋』
  3. 『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』
  4. 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』
  5. 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』
  6. 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』
  7. 『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1』
  8. 『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2』
スポンサーリンク




ハリポタ関連映画一覧まとめ!

『ハリー・ポッター』シリーズほどの超大作になると、関連映画も作られます。今回は、この関連映画もまとめてみました。

【ファンタスティック・ビーストシリーズ】

『ハリー・ポッター』シリーズでは、教科書の著者などで名前が出ていたニュート・スキャマンダーにスポットを当てたスピンオフ作品です。

若い頃のダンブルドア校長や、彼の因縁の相手であるグリンデンバルドなどが登場します。

現在公開されているのは、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の2作品のみですが、既に5作目まで制作が予定されています。

まとめ

いかがだったでしょうか。

これまで、『ハリー・ポッター』シリーズについて、見る順番や関連作品を詳しく解説していきました。

まとめると、

  • 『ハリー・ポッター』シリーズは全部で8作品
  • 見る順番は必ず【公開順】で!
  • 関連作品は『ファンタスティック・ビースト』シリーズや『呪いの子』など

なお、その他にも舞台作品として『ハリー・ポッターと呪いの子』が上演されています。映画ではありませんが、日本でも2022年夏より上演予定ですよ。

最後までお読みいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA