映画

アリエル役ハリーベイリーの歌が上手い!歌声や歌唱力を比較してみた

ディズニー映画『リトル・マーメイド』の実写版のアリエル役にアメリカの歌手ハリーベイリーが起用されることになりました!

ハリーベイリーは黒人&黒髪のため、アリエルのイメージ違うとして批判の声もたくさんあがっているようですね。

ディズニーとしても白人キャラに黒人を起用するのは初ということで、何か狙いがあってのことなのかもしれませんね。

それよりも、リトル・マーメイドは劇中で歌われる楽曲もとても人気があります。

それらをハリーベイリーがどのように歌うのか!アリエルの曲を歌うに値するのか!

この辺りが気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか!

そこで今回は

  • ハリーベイリーの歌が上手い!歌声や歌唱力をアリエルと比較してみた

こんな感じでお送りしていきます!

※個人的見解でお送りしています。笑

スポンサーリンク




ハリー・ベイリーのプロフィール

名前 Halle Bailey(ハリー・ベイリー)
生年月日 2000年3月27日生
出身地 ジョージア州アトランタ

ハリーは姉クロエと共にR&Bデュオ『Chloe x Halle』として活動しています。

2011年ごろからYOUTUBEに様々なアーティストのカバー動画をアップし、歌唱力の高い姉妹として全米で話題となりました。

彼女たちがデビューするキッカケとなったのがビヨンセの「Pretty Hurts」のカバー動画です。この動画は現在までに1600万回以上再生されています!

その動画がこちら⇩


この動画は姉クロエ14歳、妹ハリー12歳の時の歌声です。この歌唱力に驚かない人はいないのではないでしょうか。

これがビヨンセ本人の目に留まったことがキッカケとなり、2015年にビヨンセのレーベル『Parkwood Entertainment(パークウッドエンターテイメント)』と契約することになりました。

2018年にアルバムを発売し、これが彼女たちのデビュー作になりました。(デビュー前にも何曲も楽曲を発表していますが正式には2018年デビューらしいです。)

2018年にはグラミー賞に2部門でノミネートされました。

スポンサーリンク




ハリー・ベイリーの歌が上手い!

ビヨンセのレーベルに所属するキッカケとなった上記の動画でも分かる通り、この姉妹の歌唱力はとんでもなくハイレベルです。

どちらかといえば、姉クロエのほうが歌唱力や表現力では上のようですが、妹ハリーも当時12歳であの歌唱力ですからね。末恐ろしい姉妹です。

気になる現在の歌唱力がどれほどなのか!

歌唱力を計るにはミュージックビデオではなく生歌が一番なので、生歌を披露している『Chloe x Halle』をご覧ください!

 なんというハーモニー・・・。きれいすぎる。

上パートを歌っているのが妹ハリーです。やはり歌唱力や表現力は今も姉のほうが上のように感じますね。

姉クロエの歌声は太く、まさにビヨンセに近い歌声だなと感じますし

妹ハリーの歌声は澄んでいるという表現が合っているでしょうか。アリアナ・グランデに近い歌声で大衆ウケする声です。特に日本人には妹ハリーの歌声のほうが好きという方が多いかもしれませんね。

これだけ細かい音符を正確に合わせられるピッチ感は本当にすごいと思いますし、アメリカのトップアーティストのビヨンセに認められただけありますね。

本当に、とんでもない姉妹です。

以下の動画も歌唱力を計るには良さそうです!(2016年歌唱)

ネットの評判

スポンサーリンク




ハリー・ベイリーとアリエルの歌声・歌唱力を比較してみた!

赤い髪がトレードマーク?のアリエルを黒人のハリーベイリーがキャスティングされたことに対して、ネットでは批判的な声も多いんですが

それはそれで置いておいて・・・

リトルマーメイドの実写版を演じるにあたり、原作の歌をハリーベイリーがどのように歌うのか気になる方も多いのではないでしょうか!

なので、私なりに両者の歌唱力を比較してみたいと思います!

原作アリエルの歌声や歌唱力!

リトル・マーメイドといったらこの楽曲!

アリエルの歌声は声質としては大人の女性というイメージですね。というかそれもそのはず。

この歌を歌っているのはアメリカの女優・声優・ソプラノ歌手のジョディ・ベンソン。年齢は現在57歳です。

 やはりミュージカル的な歌い方ですよね。ハキハキ、強弱、歌詞がセリフのように自然・・・。

ディズニー映画内で歌う楽曲に関しては特にその傾向が強いですよね。

ミュージカル歌手は歌で今の状況や感情などを表現し、それを見ている方に感情移入してもらうことが大事になってくると聞いたことがあります。

とにかく、この歌をハリーベイリーがどのように表現するのでしょうか・・・

ハリーベイリーの歌声や歌唱力!

ハリーがメインで歌っている動画がありましたので、そちらを使って検証していきます!

 最初のほうでも紹介しましたが、ハリーの歌声は澄んでいて、声質も高めなので間違いなく大衆ウケする声だと私は思います。

声質もPart of your worldなどを歌うにも適していると思います。歌唱力も種類が違うとはいえ間違いないですし。

歌い方はR&B歌手ならではのフェイクを使った歌唱方法で、ビブラートも細かめですね!

アリエルの歌い方はフェイクを使いませんし、ビブラートもゆったりとした感じです。

この辺りは原作とだいぶ違う歌い方なので、ハリーベイリーがどのように仕上げてくるのか楽しみですね!

ハリーが恐らく苦労するのはミュージカル的な歌い方だと思います!

『アナと雪の女王』で日本語版のアナ役を務めた神田沙也加さんも挫折をたくさん味わいながら、あの歌唱力までたどり着いたんだそうです。

少なくともR&B歌手は歌の”技術”で感情を表現することが多いです。

一方、ミュージカル歌手は”体のどこに声を当てたら、この感情に合った声が出せるか”と、かなり、かなーり細かい所まで気を使って歌われています。

R&B歌手が細かくないと言っているのではなく、そもそもジャンルが違うので、歌い方も全然違います。

この辺りをハリーがどのように表現してくるのか!

私はここが一番気になっています!

 

ちなみに、実写版『美女と野獣』で主題歌を歌ったのがアリアナ・グランデとジョン・レジェンドですが

原曲はセリーヌ・ディオンとピーボ・ブライソンが歌っています。

正直、両者のジャンルや歌唱法にはとんでもなく大きな違いがないため、『新しいBeauty and the beast』として親しまれました。

今回のアリエルとハリーベイリーは歌唱法に大きな違いがあるため、ハリーは苦労をするような気がします。

スポンサーリンク




まとめ

ということで今回は

  • ハリーベイリーの歌が上手い!歌声や歌唱力をアリエルと比較してみた

でお送りしていきました。

個人的見解で語ってきましたが、いかがでしたでしょうか?

「そうは思わない!」「私はこう思う!!」

など、そう思われている方もたくさんいらっしゃる気がします。笑

そんな方は是非、下のコメント欄にお考えを書き込んでいただき、実写版リトル・マーメイドを陰ながら一緒に盛り上げていただきたいと思っています!!

遠慮なく、書き込んでくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。