ニュース

剛力彩芽のZOZO面接官の真相は本当かウソか?情報源の証拠や裏取りは?

2019年に入ってからも話題に事欠かないZOZOTOWN。前澤社長個人としては1億円のお年玉企画や会社としては株価の暴落など、何かと話題のZOZOTOWNですが、また新たに疑惑の目が向けられているようです!

その疑惑とは、週刊新潮が報じたZOZOTOWNの採用面接の面接官を社長の恋人である剛力彩芽さんが務めたという内容。

”前澤社長ならやりかねない”との声やたくさんの批判の声もあがっていました。しかし、ZOZOTOWN側はこの報道を否定!

もうこの世の中、何が本当で、何がウソなのか分からない状況となっていますが、今回の件に関しての真相は一体なんなのか!?

そこで今回は

  • 剛力彩芽のZOZO面接官の真相は本当かウソか?
  • 情報源の証拠や裏取りはできているの?

こんな感じのテーマでお送りしていきたいと思います!

スポンサーリンク

剛力彩芽の面接官報道の真相は・・・本当?ウソ?

事の発端は2月21日号の週刊新潮に掲載された一文。

ZOZOTOWNの採用面接時に前澤社長とともに、剛力彩芽も面接官としてその場にいたという内容。

また斬新なことしてるわーと思ったんですが、よくよく考えたら剛力彩芽さんってZOZOTOWNの人間ではなくて、社長の恋人ってだけですよね?

公私混同がすごいな!と思ったのは僕だけではないはず。

しかも最近、株価の下落で前澤社長はツイッターを休止し、本業に専念すると発表したのに、結局専念できてないことになりますよね。現にこの一報をうけてか、株価は若干下がったようです。

しかし、ZOZOTOWN側はこの報道を否定しました。

株式会社ZOZOの採用面接についての記事は、事実とは異なります。当社の採用面接に役員及び社員以外が同席することは一切ございません

当社の名誉や事業活動に不当な損害を与える記事については、法的措置も含めた対応を検討してまいります

社外の人間が同席することはないと否定しつつ

『事実とは異なる』と言っています。

・・・

・・・事実とは異なる

なにやら意味深なことおっしゃっていますねZOZOさん。

 

もし、完全にウソ報道だとしたら、”そんな事実は一切ありません”とか完全否定をすればいいと思うんですが、”一部否定”にとどまっているように思います。

 

そもそもなんですけど、会社の採用面接に部外者が入るのはよくない、ダメっていうのは分かるんですが法律的にはどうなんでしょう?

履歴書を部外者が見ると、個人情報漏えい?コンプライアンス違反?

調べてみましたが詳しい情報がありませんでした・・・。どなたか分かる方教えてください!

 

話しを戻します。

事実とは異なるとの回答をしているということは、その場には”いた”ともとれる言い方ですよね。

この段階ではまだ本当かウソかは分からないですねぇ~・・・。

 

では次はこの情報の出どころなどについて調べてみます。

ネタの証拠や裏取りはできているのか?

週刊新潮の記事に書かれている内容の情報源は

採用面接にきた方の証言のようです。(もしかしたら記者の方もその場にいたかもしれませんけどね)

どんな内容かというと

 

  • 「扉を開けたら剛力彩芽がいて驚いた」
  • 「質問というより前澤社長がいかにすごい人かを力説するだけだった」

 

この証言の信ぴょう性については現時点では分かっていません。

ここが難しいところなんですよね。

週刊誌は記事にする際、情報の裏取りをしっかりしてから書くだろうと思ってはいますが、逆に週刊誌なら情報の裏取りをしないでも記事にしてしまうのではないか?とも思ってしまいます。

ZOZOTOWNも前澤社長ならやりかねないなとも思いますし、逆に、まさかそんなことはさすがにしないでしょ。採用面接で彼女をダシに使う意味がわからない。とも思うんですよね。

 

ここまでの結論としては、証言の信ぴょう性や裏取りについて完全に取れているのかは現時点では分からないんですが、わざわざ完全なフェイクニュースを作るとも思えないんです。

今回の件がもしフェイクニュースだとしたら、ZOZO側から訴えられるのは目に見えていますもん。

損害賠償になれば、週刊誌側もかなりの損害です。

どこにもメリットが感じられないので、完全にフェイクニュースを書くとは・・・やっぱり思えません。

スポンサーリンク




ネットの予想

週刊誌をナメたらダメよ。
彼らプロ。何も考えずにそんな記事出さない。
確たる証拠を掴んでるから記事にしてるんでしょう。
普通なら想像もしない話だし、少なくとも面接の部屋には居たんでしょ
でなければ、こんな突拍子もない話が突然出て来るはずがない
面接に行った学生が、その場に剛力がいたのに驚いて、友達に話しまくったのが出処だろうね

さすがに同席はしてないにしても、それに近い事があったっぽい。全くの事実無根なら記事にする方もリスク負うし、そもそも普通なら有り得ないような事だし、多少の根拠が無ければ記事にはしてないと思う。

週刊誌側だって、訴えられる事は考慮して、ガセかどうかのウラ取りは必ずやっている。
そして、間違いないと判断して記事にしているんだから、法的措置って脅しても、一歩も引かないと思うけどね。
まぁ、脅しだけで訴えなければ、真実って事で決まりでしょ。

何となく本当に居た様な感じするんだよね。
会社の忘年会に同席して手作りクッキー配ってたんでしょ?
面接の時にいても何らおかしくないと思うけどね。
「正式な面接官」として現場にいたのかは
判らないけど、「サプライズゲスト」みたいな
感じで現場には居たようにも推測できますね。
面接官では無かっただろうけど、たぶん同席はさせていたと思う。話題作りのために。
スポンサーリンク




結論!(予想)

ということで結論です!

 

剛力彩芽は面接官ではないけど、その場にはいた!のではないか

ということだと思います。

 

理由としては2つです。

 

ー 理由① 事実とは異なる ー

事実と異なるという会社の回答。剛力彩芽さんがそもそもその場にもいなかったのであれば、その事実はありません。いませんでした。などと完全に否定すればいいと思います。

ですが一部の否定にとどまっています。

 

 

ー 理由② ガセネタにしては詳細に書かれている ー

証言の内容など、結構詳しく書かれていると思われている方も多いようです。想像だけで書けるのかもしれませんが、それはやっぱり難しいと思います。

それに週刊誌の方もお仕事でやられているプロの方ですし、普通、裏を取らないでこんな名誉毀損、損害賠償に発展する可能性が高いことをわざわざ書かないと思います。

しかし、今回問題となっているのは『剛力彩芽さんが面接官をしたかどうか』という所です。

恐らくですが、どこかの会場で採用面接がイベントみたいな感じで行われ、そこに剛力彩芽さんが登場したのではないか?と勝手に思っています。

もしそうだとしたら、証言の内容に違和感が無くなります。

この状況を記者さんが話しを盛って、”面接官”というふうに書いたのではないでしょうか?

”面接官を務めた”と書けば話題性も上がり、週刊誌を手にとってくれる方も多いでしょうし、仮にそんな事実はないと言われたとしても、こんな事言わないでしょうけど「勘違いしました。ごめんなさい」と言えば済む話のようにも思います。

 

なので、結論の予想をまとめると

剛力彩芽さんは面接官は務めていないけど、ゲストかなにかで突然現れてスピーチをしたのではないか?

その状況を記者の方が内容を盛って記事にしたのではないか?

こんな感じなのかなと思います。

 

皆さんの予想も是非下のコメント欄に書きこんでください!

スポンサーリンク




まとめ

ということで今回は

  • 剛力彩芽のZOZO面接官の真相は本当かウソか?
  • 情報源の証拠や裏取りはできているの?

でお送りしましたが、いかがでしたでしょうか?

 

あくまで、予想として書かせていただきましたが

当たらずとも遠からずなのかな?と思ってるんですが、どうなんでしょうね?

前澤社長って何かとサプライズ好きなイメージがありますので、面接にきた人を喜ばそうとか、ZOZOってすげぇって思ってもらうために、彼女をダシに使ってしまったのかなとも思います。その辺りの事情はわかりませんが。

でも、面接官ではなく、会社のイベントに登場した芸能人と思えば、なんら問題はないのかなと僕は思います!

皆さんのご意見もお待ちしてまーす!!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。