アニメ評価

チェンソーマンがグロいし気持ち悪い?嫌いと言われる理由まとめ

悪魔に変身して悪魔を倒す!というダークファンタジー漫画「チェンソーマン」が今、大人気です!

主人公のデンジを中心に、悪魔との戦いを描いているのですが、その姿や戦いのシーンが何ともグロいんです。

皆さんも読んでいてグロいなぁ、気持ち悪いなぁ、と感じている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は

  • チェンソーマンはグロいし気持ち悪い?
  • チェンソーマンが嫌いと言われている理由まとめ
  • チェンソーマンの面白い点や魅力

についてお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク



チェンソーマンがグロいし気持ち悪い?

主人公のデンジと、ポチタは共に悪魔を退治する『デビルハンター』として戦います。

特異能力を持った人間と悪魔の戦いが、面白くないわけがないですよね?

しかし、『グロくてイかれている』という言葉がチェンソーマンを形容する言葉だと言われているように

とにかくグロいのです。

ではグロくて気持ち悪いと言われている原因は何なのでしょうか?

チェンソーマンの見た目が気持ち悪い

まずは、何と言っても変身したその見た目です!!

デンジと、ポチタが合体する事によって、人間と悪魔の狭間にいる存在となり

デンジが「チェンソーの悪魔」に変身する事が出来ます。

胸にあるスターターロープを引く事で変身でき

両手から切り裂くようにチェンソーを生やし、顔はギザギザの牙が剥き出しになっている様は、誰が見ても不気味ですよね。

皮膚とチェンソー部分が馴染んでおらず、不自然さが残っているのも、気持ち悪さを強調するものとなっています。

本来チェンソーと人間は融合する事のないものなので、不自然さは当たり前かもしれませんが

変身シーンは衝撃で、その姿はやっぱり気持ち悪いですよね。

バトルシーンがグロい

またもう一つ、グロくて気持ち悪いと言われている原因は

バトルシーンにあります。

デンジはチェンソーを武器に襲いかかり、ぶった斬る!

「悪魔が恐れるデビルハンターは、頭のネジがぶっ飛んでるヤツだ」と言われるように

戦いは常にハイテンションで、何も考えずイかれた戦いで

血が沢山出るわ、目玉は飛び出すわ、内臓的なものは出るわで、中々ハードな表現が多くあり残虐です。

ここまでやっていいの?と読者が絶句するほど、壮絶な戦いで、地獄絵図とも言えるシーンは、まさにグロいと言われるのが分かりますよね。

スポンサーリンク



チェンソーマンが嫌いと言われる理由

チェンソーマンがグロくて気持ち悪い、と言われている原因をお話ししてきました。

もちろんこの点も、嫌いな理由にも上がる1つではあると思います。

しかしまだ、嫌いだと思われている理由があるかを、皆さんの声も踏まえて、考察してみたいと思います!

①主人公デンジの人間性や目的が分からない

漫画の主人公と言えば、カッコよくて、キラキラしていて好きになれるキャラクターですよね?

しかしデンジはと言うと

死んだ父の借金を返すためとはいえ、煙草を飲んだり、小麦粉を薄めて食べたり、ゴミ箱をあさって食べ物を探すのです。

また悪魔と命をかけた戦いで、キスや胸を揉むことをご褒美にする

主人公らしからぬキャラクターで、悪魔から人間を守るという正義感もありませんもんね。

そして、主人公には壮大な夢や目的がある事が多いですよね?

ワンピースなら「海賊王になる」だったり、鬼滅の刃なら「禰豆子を人間に戻したい」だったりとありますが

デンジは「普通の生活」です。

このような点にワクワク出来ないといったところが、好きになれない理由になってしまうのかもしれませんね。

②絵が下手

藤本タツキ先生自身も、画力には自信がないと言っており、絵が上手くなりたいと話しているほどなので

絵が下手だと思っている声が多く聞かれるのも不思議ではないですね。

漫画の面白さと、絵の上手さはあまり関係ないかもしれませんが、上手いに越した事はないと思われている方が多いようです。

先生も、絵が上手いと説得力に繋がると話しているように、絵が上手い方が、場面場面で何が起こっているのか、理解しやすくなりますもんね!

理由のまとめ

という事で、チェンソーマンが嫌いと言われている理由は

  1. デンジの人間性やパッとした目的がないため好きになれない
  2. 絵が下手

という点でした。

とは言え、面白い要素や魅力も沢山ありますので、次はその点についてお伝えしたいと思います!

スポンサーリンク



チェンソーマンの面白い点や魅力

「次にくるマンガ大賞2019」では第2位、「このマンガが凄い!2020」では第4位で、非常に注目されている作品です!

ではチェンソーマンのどこが面白いのでしょうか?

面白さ、魅力を徹底調査したいと思います!

①強烈な個性を持った悪魔や魔人

本作に登場する悪魔は、〇〇の悪魔という名前があります。

その名の通り、特異能力を持ち、〇〇が人間にとって恐ろしい物であればあるほど、その力が強くなります。

最恐の悪魔「銃の悪魔」は、なんと26秒で5万人強を殺したというので、恐ろしすぎます。

また魔人という存在もあり、これは、人間の死体を乗っ取った悪魔の事です。

人間と一体化したことで、知性が生まれますが、本性は悪魔といったこれもまた、恐ろしい存在です。

この悪魔や魔人たちとの壮絶な戦いは、緊張感のある展開が多く、面白いです!

②デンジとポチタの友情

デンジはチェンソーの悪魔と契約を果たし、ポチタと小さい頃から極貧生活を共にしてきました。

寝るときはデンジがポチタを抱き、デンジが夢を語る相手もポチタだけです。

マキマに「キミの親友はキミの中で生きてる」と言われたデンジは、とても嬉しそうな表情をしていましたね。

長い年月を一緒に過ごしてきた2人の絆が分かるシーンでした。

残虐なシーンも多い中、デンジとポチタの友情は心温まりますよね!

③登場人物のそれぞれの死生観

強力な悪魔に立ち向かうデビルハンターですが、仲間が次から次に死んでいきます。

そのため、仲間の死にかなり麻痺してしまい、死に対して何も思わないようになってしまいます。

そんな中で、仲間の死を悲しむ心を持ち続けている早川アキは、仲間が死んだ時に涙を流せる人物です。

一方デンジは、死に対してかなりドライです。

「仲間が死んでどう思った?」と聞かれても、「別に〜」といった返答でした。

仲間を殺した敵に対する憎しみも持ち合わせていないようですね。

その点、早川アキは復讐のために生きており、復讐が叶えば自分の命はどうでもいいという考えで

覚悟をもった死生観ですよね。

登場人物のそれぞれの死生観を考えながら読むのも、この作品の面白さ、魅力だと思います!

スポンサーリンク



まとめ

と言う事で今回はチェンソーマンの

  • グロさや気持ち悪さ
  • 嫌いと言われている理由
  • 面白さと魅力

についてお伝えしてきました。

まとめますと

Q.チェンソーマンがグロいし気持ち悪い?

→グロいと言われている原因は、変身した時の見た目や、バトルシーン

Q.チェンソーマンが嫌いと言われる理由

→デンジの人間性やワクワク出来る目的がない事、絵が下手である事

Q.チェンソーマンの面白い点や魅力

→強烈な個性を持った悪魔や魔人、デンジとポチタの友情、登場人物たちの死生観

という事でした!

グロくて気持ち悪いシーンも多いですが、面白さも沢山詰め込まれているので注目度が高い理由が分かりましたね!!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク



漫画が無料で読めるおすすめサービス4選!

サービス名 特徴
おすすめ度No.1
U-NEXT
31日間の無料トライアルあり!
映画、ドラマ、漫画、雑誌などオールジャンルOK
600円分のポイントがもれなく貰える!
月額2,189円(税込)
 

FODプレミアム
2週間の無料トライアルあり!
オリジナル配信が人気!漫画だって大量配信!
最大900円分のポイントが貰える!
月額976円(税込)
 

ebookjapan
会員登録無料
最大12冊を半額購入できる!
無料マンガ9000作品以上
背表紙の本棚はここだけ!
 

まんが王国
会員登録無料
毎日最大50%還元あり!
じっくり試し読みが人気
無料マンガが多い!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA