社会問題

バイトテロ動画まとめと増えてる理由はなぜ?無くすには教育より監視が必要?

お店の従業員がふざけた動画を撮影し、その不適切な動画をネットにアップし炎上するバイトテロが起きまくっている2019年。いかがお過ごしでしょうか。

撮影している当人達は楽しいのかもしれませんが、なんでわざわざネットにアップするのか・・・意味がわかりません。

損害賠償にもなっているバイトテロ問題がここ最近、バンバン出てきているのが不思議じゃないですか?

なぜ騒がれている中で新しい動画が出回るのか・・・

そこで今回は

  • バイトテロ動画まとめと増えてる理由はなぜ?無くすには教育より監視が必要?

以上のテーマでお送りしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

2019年相次ぐバイトテロ動画まとめ!

まずは今年に入って発覚、炎上したバイトテロを時系列でお伝えしていきます。

1月下旬から2月上旬で相次いでいます!!

(2019年2月10日時点)

 

【すき家 1月下旬に発覚】

アルバイト従業員が氷を床に投げつけ、撮影している人も「絶対くび~」と笑いながら言っている。別のアルバイト従業員はお玉を股間に当てるといったこともしている。

SNSで拡散され炎上。すき家はHP上で謝罪。この動画に関わったアルバイト従業員はクビ。

 

 

【くら寿司 2月上旬に発覚】

アルバイト従業員が切った魚をゴミ箱にポイし、再びまな板の上に戻す。撮影している人もその様子を見て笑っている。

SNSで拡散され、炎上。関わったアルバイト従業員はクビ。

刑事・民事訴訟を起こし、損害賠償を請求する方針のようです。

 

 

【ビッグエコー 2月上旬に発覚】

アルバイト従業員がからあげを袋から出し、床にこすりつけた後、フライヤーに入れる動画。こちらは笑い声もせず、淡々としています。

ちなみにこの動画は2018年12月にアップされたそうで、2018年年末には会社がHP上で謝罪しています。それが今になって再度拡散、炎上。

動画に関わったアルバイト従業員への処分は不明。

 

 

 

【ドミノピザ 2月上旬に発覚】


アルバイト従業員が片手でピザを食べながら、恐らく商品であるピザをカットしていく動画。撮影者はその様子を見て「きったねぇ~」など発言し、笑っている。

SNSで拡散、炎上。

動画に関わったアルバイト従業員への処分は不明。

 

 

 

【セブンイレブン 2月上旬発覚】


アルバイト従業員が売り物である”おでんのしらたき”を口の中にいれ、吐きだし、「パンケーキ食べたい~パンケーキ食べたい~」と芸人の夢屋まさるのギャグを連呼しながら、商品のたばこを引き抜いてふざける動画。

SNSで拡散、炎上。

セブン側は事態を把握している段階。処分など不明。

 

 

 

【バーミアン 2月上旬発覚】

従業員が中華鍋を振り、そこから上がった炎で口にくわえたたばこに火を付け、厨房でたばこをふかすという動画。すごいドヤ顔です。

会社側はHP上に謝罪文を掲載。処分などは不明。

 

 

 

【ファミリーマート 2月上旬発覚】

従業員が袋詰めの際に、商品を舐めたり、ペットボトルのキャップ部分を口に入れたりする動画。おそらくお客さんはお友達でしょうか。

現時点で、会社側の動きは無いみたいです。

 

(2019年2月10日時点)

 

世間の反応・・・

スポンサーリンク




バイトテロが増えてる理由はなぜ!?

ここ最近は本当に異常なくらい動画が出回ってきていますよね。

炎上騒ぎになったお店は多大な風評被害株価暴落などの影響が出ていて、動画に映っているアルバイト従業員は名前なども特定され、世間から大バッシングを受けています。

メディアでも連日報道されています。

世間ではこんな事になっているのにバイトテロは無くならず、むしろ勢いを増しているように感じます。

どこにもメリットを感じないのに、こういった不適切な行動を記録した動画が減らず、増えているのには何か理由があるのでしょうか?

 

ある専門家はこうおっしゃっています・・・

バイトテロのような悪ふざけ行為は、ネットには露出していないものを含めたら、陰ではたくさん発生していると考えるほうが自然」

「わざわざネットに投稿したがる心理としては、匿名アカウントは本人を特定出来ないと甘く考えていることや、炎上でもバズって話題になることが、『注目が集まる』という報酬・面白さに通ずるからだろう」

引用:ニコニコニュース

 

つまり、今回に始まったことではないという見解です。

確かに、バイトテロはSNSが普及しだした数年前からありました。メディアでもよく伝えられていました。

過去にはバイトテロが原因で倒産させられたお店まであったほどです。

↓こちらに過去の事例が書いてあります↓

あわせて読みたい
くら寿司の店員への損害賠償額はいくら?過去の事例や払えない場合についてSNS不適切投稿が後をたちませんね。 くら寿司、すき家、ビッグエコー・・・これからまだまだどんどん出てきますよ絶対。 そんな...
それから一時は無くなったように感じましたが、また最近増えている理由としては

すき家の一件が発覚したことにより、類似した動画が他にないのかネット民が探しまくっているからではないでしょうか。

そして、ツイッターなどのSNSにアップし伝えていることに大きな理由があると思われます。

その証拠にビッグエコーの一件は2018年12月にYOUTUBEにアップされたもので、その時は対して拡散はされなかったそうです。

その動画を発見したネット民がツイッターにアップすることで、大拡散!!今度は大炎上する騒ぎとなりました。

ビッグエコーの一件から個人的に思うのは

ツイッターの拡散力がYOUTUBEの比じゃないくらいとんでもなくすごいということ。

 

そして、こういった炎上騒ぎとなる動画を撮った従業員達は、SNSの拡散力がどれほどすごいのかを理解していないことも原因だと思います。

その他に

●”これを見た人がどう思うのか”といった客観視できていない

●過去の炎上騒ぎは自分とは関係ないと思っている

●自分が特定されることはない、バレない

●自分のSNSの友達内だけにしか知られないと思っている

 

といった理由が考えられます。

他にも様々な理由により、こういった炎上騒ぎが増えているのだと思いますが

どれをとっても”浅はか”としか言えない反面、自分自身の行動を振り返ってみると、僕はその心配は無いなとも言い切れない事に気が付きました。

こういったことは誰にでも起こりうることだと思いますし、自分が考えている以上に人の考えは様々です。

自分がアップした動画や画像に対して、誰がどう思い、どんなふうに紹介しリツイートするかで受け取る側の印象も変わってきますので

自分がこの騒ぎの発端とならぬよう、またこの記事をご覧の方もそうならないよう願います。

『明日は我が身』です。

スポンサーリンク




バイトテロを無くすにはどうすればいいのか

バイトテロをして得することは何もないにもかかわらず、無くならないのが現状です。

ではどうやったらバイトテロを無くすことができるのか

ここを”教育””監視”の視点から考えていきたいと思います。

 

教育

よく言う、社員教育ってやつですね。これは絶対必要ですし、取り入れられている企業は多いと思います。

特に、SNSの利用方法の規定ですね。

今回、くら寿司さんで起きた騒動に対し、くら寿司さん側は従業員に対し損害賠償の訴訟をすると伝えていました。

くら寿司さん側の狙いも、全国で起きる同様の事件の再発防止のためということなので

この訴訟の件はどのお店も従業員に何度も伝えていかなければいけないと思います。

恐らく、かなりな金額の賠償金を払わなければいけない可能性があります。果たしてその賠償金を払うのは誰なのか。アルバイトをされている方に払えるような金額ではないと思います。ということは親御さんが変わりに払うことになるでしょうが、親御さんでさえ払えない額かもしれません。

もしそうだとしたら、結婚したとしても、奥さん、旦那さんにも迷惑をかけることになるでしょう。というか結婚したくても、できないかもしれませんね。

誰もそんな事態にはなりたくありません。なので、ここはしっかり教育しなければいけないんですが

真剣に話しを聞いてもらうのも、これまた難しいんですよね。

こういった事例を話しする時って、いかんせん他人事で聞いてしまう方が多いと聞きます。学生さんなどは特にその傾向が強いんだそうです。

そこをいかに真剣に聞かせるか・・・

やはり、何度も何度も教育していくしかないようにも思います。必要であれば保証人をたてるのもありだと思います。

僕も子供がいるんですが、子供に何かを教えるのって本当に難しいんですよね。繰り返し繰り返し言って、ちょっとずつ出来るようになってきて、失敗して、修正?して・・・ほんと時間がかかります。

会社側も、”バイトが出来る年齢なら大人”と考えるのではなく、”ネット利用に関しては全員子供”というような考えでいたほうがいいようにも思います。

 

監視

これは個人的にはあまり好きではないですが、この際、監視カメラをつけるってのもアリだと思いますね。

海外では、厨房などにカメラを設置し、中の様子をお客さんがモニターを通して確認できるというお店もあるんだそうです。

そこでは衛生状態に加え、従業員の働く態度もいい方向に変わっていったんだそうです。

確かに、”誰も見ていない”、”管理職がいない”と思うから悪いことしてもバレないと考えます。

だけど、監視カメラで”見られている”もしくは”後で確認される”と思えば、自分の行動ひとつひとつに責任が出るでしょうし、お店側としても従業員の仕事の流れなどを客観的に見ることができて、指導、教育もしやすくなるといったメリットがあると思います。

監視カメラを入れるにしてもコストはかかりますが、今回騒動が起きたお店がどれもチェーン店ですので、今回のような騒動での風評被害に比べれば、監視カメラなどを導入し、そういったリスクを減らすほうがはるかにコスト削減になるようにも思います。

 

それと、一番効果があるのは

携帯電話、スマートフォンの持ち込み禁止!

もう単純にこれをすればいいのではないでしょうか。ご飯などを食べにきたお客さん視点で言うと、そもそも厨房にスマホなどを持ちこめていること自体おかしいと思います。

スマホの画面はトイレより汚いとよく言われていますし、そんなのを触った手で料理をされていると思うと行きたくなくなります。

ちなみに僕の働いている会社は製品を作る工場なのですが、スマホなど持ち込み禁止です。休憩所でも使用禁止です。

なぜなら、何かの拍子で製品に異物が混入してしまうかもしれないから。もしそうなったら爆大な被害が出てしまうので、禁止となっています。

休憩中もスマホをかまえないのはスマホ依存症の僕にとっては辛いですが、でも仕事ですからね。遊びにきたわけではないですし。そのお陰で他の方とのコミュニケーションがいっぱい取れるというメリットもありますのでね。

 

しかし、恐らく今回の騒動のお店はどれもスマホ持ち込み禁止になっているんでしょうけどね。上司がいないことをいいことに持ち込んでいるんでしょう。

 

となると、やはり教育と監視のセットが一番いいのかな~って思います。

 

皆さんはどうやったらバイトテロを無くすことができると思いますか?

教育に力をいれたほうがいいですか?

監視に力をいれたほうがいいですか?

もしくは他の方法とか?

是非ご意見を下のコメント欄に書き込みお願いします!

スポンサーリンク




まとめ

ということで今回の内容をまとめます。

  • バイトテロ動画が増えてる理由はなぜ?

→悪いことをしてると思ってない。SNSの拡散力を理解してない。特定されないと思っている。

  • 無くすには教育より監視が必要?

→どちらも必要に感じます。監視カメラをつけるのはかなり効果がありそうですよね。

 

高校生のアルバイトによるものも多いそうなので、学校でもネットの教育をしないといけない、もしくはもうやっているんでしょうけど・・・

そこまでしないと分からないもんなのかなぁ・・・って思っちゃいます。

学校だけじゃなく、親御さんにもその責任はありますね。

 

なんか・・・時代だなぁ~・・・って思いました。笑

 

というわけで今回も最後までお読みいただき

ありがとうございました!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。