観光

【ぶっちゃけ寺】京都・東寺の参拝料やアクセスの方法は?周辺おすすめ観光情報も

8/13(月)にお坊さんバラエティぶっちゃけ寺(テレビ朝日)が1年半ぶりに放送されます!

実際にお坊さんが出演されて、お寺の楽しみ方などを教えてくれるんですが、番組内で京都の世界遺産・東寺の紹介があるので、今回は東寺の参拝料やアクセス方法などについて書いていきたいと思います!

スポンサーリンク

京都の世界遺産・東寺とは?

1994年に世界遺産に登録された東寺ですが、なんと建ててから約1200年たってるんだそうです!

約800年前といえば平安時代です!すごいですねぇ。

その頃の建物で唯一残っているのが東寺なんだそうです。

以下ホームページより引用

東寺は、唯一残る平安京の遺構です。

創建からおよそ、1200年。

平成6年、1994年に世界遺産として登録されました。

東寺は平安遷都とともに建立された官寺(かんじ)、つまり国立の寺院。

その寺院を桓武天皇のあとに即位した嵯峨天皇は、唐で新しい仏教、密教を学んで帰国した弘法大師空海に託しました。

ここに、日本ではじめての密教寺院が誕生します。

東寺を託された弘法大師空海は、密教の主尊(しゅそん)である大日如来を境内の中心にすえ、広大な寺域に曼荼羅(まんだら)を表現しようとしたのかもしれません。

造営にあたって、弘法大師空海は、御影堂(みえいどう)の場所に住房を構えました。

御影堂では、いまも毎日、弘法大師空海がいらしたときと同じように、一の膳、二の膳、お茶をお出ししています。

東寺に来られたら、まず御影堂にお参りください。お堂に上がり、ひととき弘法大師空海とお話しください。

スポンサーリンク




参拝料とアクセスの方法

参拝料について

調べてみると、季節やイベントなどの時期によって参拝料が変わってくるみたいですね!

これはしっかりとチェックしてからお出かけになったほうがいいかも!

これを書いているのが2018年8月なので、8月以降の参拝料を書いていきますね!

 

金堂・講堂や観智院など参拝する場所によっても参拝料が変わってくるようです。

東寺の本堂である金堂をはじめ、境内の中心に位置する講堂、観智院といういわば学校のような場所など様々なお堂があります。

ちなみに御影堂、食堂などの参拝は無料だそうです。

開門時間 5:00~17:00

拝観時間

金堂 講堂   8:00~17:00

宝物館 観智院 9:00~17:00

スポンサーリンク




アクセスの方法

京都駅から電車で行く場合

近鉄京都線の奈良方面行へ乗ってください。(※特急はダメです)

「東寺駅」で下車していただき、そこから東寺まで大人の足で7~8分歩いていただくと到着します。

車で行く場合

まず東寺の住所はこちらです。

〒601-8473 京都府京都市南区九条町1

分かりやすい道として、京都南インターチェンジを目指してください。そこまで来ちゃえばあとは真っすぐです!!時間にして5分くらいなので、インターからはすぐにつきます☆

駐車料金は車600円、バイク200円となっています。駐車後2時間経過すると追加で数百円料金が発生してしまうので、ご注意くださいね!

スポンサーリンク




周辺のおすすめ観光情報

せっかく東寺に来たのであれば、他にも色々観光したいですよね!

東寺周辺のおすすめ観光スポットをご紹介します!

おすすめ第1位 清水寺

京都といえばここ!という感じですが、人気観光スポット1位なので是非行ってみてください!車だと東寺から20分かからないくらいでいけますので^^

 

おすすめ第2位 嵐山

こちらは桜や紅葉で物凄く有名な場所ですね。これから秋になれば素晴らしい紅葉が見られますので、東寺に行かれる時期によっては是非行っていただきたい場所です!

東寺から車で約30分ほどで着きます!

 

おすすめ第3位 金閣寺

京都といえば・・・という感じで、知らない人はいないとは思いますが、いまだに人気観光スポットとなっていますので、せっかく京都に来られたのなら是非足をのばしてください!

東寺から車で20分ほどです!

スポンサーリンク




まとめ

いかがでしたでしょうか?

  • 東寺の参拝料が有料と無料がある!
  • 東寺への行き方
  • その他おすすめ観光スポット

をお伝えしました!

世界遺産となっている東寺で、建ってから1200年の歴史ある建物なので、その中に入るだけで何か御利益がありそうですよね!

これから秋ごろになると涼しくなってきて観光には最高となりますので、是非一度行ってみてくださいね^^

 

最後までご覧いただいて、ありがとうございました☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。