映画

ハウルの動く城の原作と映画の違いは?宮崎駿監督が伝えたかった事

今回はジブリ映画「ハウルの動く城」について書いていきます!

もうじき金曜ロードショーで放送されますね^^何回も観ているんですが、毎回どハマリしちゃうんですよねぇ。

ハウルの動く城に限らず、ジブリ作品全般どハマリしますが・・・。

えーそこで、今回はハウルの動く城の映画と原作の違い映画に込められたメッセージを考察を含め調べてみましたので、ご覧ください^^

 

スポンサーリンク

ハウルの動く城 映画と原作の違いは?

ここでは映画と原作の違いについて書いていきたいと思います。

まず「魔法使いハウルと火の悪魔」というイギリスの作家の本が原作になっています。

 

違い① 原作に戦争シーンはない!?

映画ではハウルが戦争に行くシーンなどがありますよね。他のジブリ映画でも戦争シーンというのはよく使われています。

今作の戦争シーンについて宮崎駿監督は

「戦火の恋を描きたかった」いう理由で原作にはないシーンを盛り込んだそうです。

違い② ハウルは臆病者ではなく女ったらし!?

映画でのハウルは恐怖を紛らわせるために自分の部屋に魔女除けのまじないと称して、いっぱい物を置いている臆病者ですが、原作では女ったらしなようです。

映画でハウルが外出する時は戦争に出かけるシーンが多いと思うんですが、原作ではなんと!女の子をナンパしに行くために外出していたんです!

原作ではソフィーもハウルにいい寄られて、城で一緒に暮らす事になるんですが、女好きのハウルは他の子にも恋をしてしまいます。ただの女ったらしですねw

スポンサーリンク




違い③ ソフィーは本当は魔法が使える!?

実は原作のソフィーは魔法使いなんです。本当は命を吹き込む魔法を使う事ができるんですが、映画ではソフィーは魔法使いではありません。普通の少女です。

あと映画でのソフィーはおばあちゃんになったり、若返ったりと色々姿を変えますが、原作ではほぼおばあちゃんで話しは展開していきます。

 

違い④ ハウルの城は動かない!?

映画ではハウルのお家の扉が色んな出入り口に通じてたり、動いたりしますよね?

実は原作ではハウルのお家は動かないんです。原作では色んな出入り口につながる扉があるだけです。

スポンサーリンク




宮崎駿監督が伝えたかった事とは?

宮崎駿監督の描くジブリ作品には毎回なんらかのメッセージが込められています。

今作のハウルの動く城ではどんなメッセージが込められているのでしょうか!

考察も含め、調べてみました!

メッセージ① ソフィーの容姿の変化について

ソフィーの外見がおばあちゃんになったり、元の少女に戻ったりしますよね?最初観た時はいきなり若くなったり、おばあちゃんになったり意味がよく分かりませんでした。

実はここに監督のメッセージがあります。

宮崎駿監督は外見は心のあり様によって良くも悪くも変わるということでこのように描いたんだそうです。

映画ではマイナス発言をした時はおばあちゃんになったり、前向き発言をした時は若返ったりしています。

 

メッセージ② 愛

映画では色んな登場人物がいますよね。

ハウル、ソフィー、カルシファー、老犬ヒン、マルクル、荒れ地の魔女などなど・・・

どの登場人物もかなり個性的です。荒れ地の魔女に関しては最後のシーンでハウルの心臓であるカルシファーを掴み離そうとしません。

それを返してくれないとハウルが死んでしまうのに・・・その時のソフィーの行動を覚えていますか?

実はここにメッセージが込められていると言われています。

この時ソフィーは、ハウルの心臓を老婆の魔女から無理やり取り返しましたか?違いますよね。

「お願い」と言って老婆になった魔女を優しく抱きしめる。その気持ちが通じて老婆の魔女はソフィーにハウルの心臓を返してくれる。

ここです。世界には色んな人がいます。監督が実際に語ったことではありませんが、どんな人にも憎しみではなく、愛を持って接してほしいという願いが込められているのではないかと言われています。

スポンサーリンク




まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はハウルの動く城について、原作との違いや、映画に込められたメッセージを紹介しました。

今作に限らず、ジブリ作品には全てにメッセージが込められていますが、伝えたい事をアニメを通して伝える技術や想像力が本当にすごいなと思いました。

世界の宮崎駿はやっぱり別格ですね。

ちなみに監督はハウルの動く城が公開される前に

「あまり深く考えずに観ていただきたい」

というふうにおっしゃっていました。映画には色んなメッセージが込められているんですが、深く考えすぎるよりは、観る人によって受け取るメッセージは変わってもいい。何かが伝わればそれでいい。

そんなお考えがあっての発言なのかなぁ~と深く考えてしまいました!w

何か他に伝えたかったことをご存知の方、こうゆうメッセージがあるんじゃないか?などご意見お待ちしています^^

最後までご覧いただいて、ありがとうございました☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。